人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★分子栄養学(三石理論): 無機栄養素の特性

無機栄養素の特性

人体とミネラル

 人体を構成している元素の約97%は、酸素、炭素、水素、窒素が占めています。

★分子栄養学(三石理論): ビタミンの特性と役割

13種のビタミン
 食物成分として摂取される栄養因子のうち、従来の栄養学において研究対象になってきたのが五大栄養素でした。

★分子栄養学(三石理論): 脂質の代謝と生理機能

2種類の脂肪組織

 脂肪細胞の集団である脂肪組織は、体内にひろく分布しています。

★分子栄養学(三石理論): 体タンパクとアミノ酸

体内のアミノ酸
 アミノ酸は、生体を構成する第一の高分子であるタンパク質合成の素材であり、

★分子栄養学(三石理論): エネルギー調節と脂肪細胞

エネルギー調節と脂肪細胞

生命とエネルギー
 生物の営みは種の保存と個体の維持のためにあるといって過言ではありません。

★分子栄養学(三石理論): 遺伝情報の流れ

遺伝子とDNA
 親から子へと形質が伝わることは、現象として知られていても、それがどのようにしておこるものなのかはわからない時代がつづいていました。

★分子栄養学(三石理論): 細胞の誕生・老化・死

細胞増殖のルール
 多細胞生物であるヒトのからだを構成する細胞の数は60兆個といわれています。

★分子栄養学(三石理論): エピゲノムの健康科学

DNAと染色体
 生物がもつ形やはたらきには特徴的な性質があります。これを“形質”といい、そのうち親から子へと受けつがれるものを“遺伝形質”といいます。

★分子栄養学(三石理論): 皮膚のシステム学

情報感知システム
 生体に備った感覚のシステムには、視覚、聴覚、嗅覚、味覚と並んで触覚があります。

★分子栄養学(三石理論): 腎機能が低下するとき

CKDと臓器相関
 腎臓は体内環境の整備役として、毎日100リットル以上の血液を濾過し、そのほとんどを再吸収するという仕事を休みなくすすめています。

★分子栄養学(三石理論): フリーラジカルと活性酸素

元素と原子と電子
 古代ギリシアの哲学者は、自然界を成りたたせている基本は、アトム(原子)であると考えていましたが、その実体がつきとめられたのは、20世紀の量子力学に到達してからでした。

★分子栄養学(三石理論): 骨代謝の調節システム

骨の成りたちと役割
 骨組織は筋肉との協調で身体を支え、運動機能の中核となっていますが、同時に造血やカルシウムホメオスタシスを担う器官という役割をもっています。

★分子栄養学(三石理論): 心筋の生理と異常

心不全
 休みなく全身に血液を循環させる原動力は、心臓の営むポンプ作用を基本にしたシステムで生み出されています。

★分子栄養学(三石理論):  脳機能を支えるグリア細胞

グリア─ニューロン回路網
 ヒトの脳には、ニューロン1個に対して10個の割合でグリア細胞が存在します。

★分子栄養学(三石理論):  血管と血圧の関係

本態性高血圧
 多細胞体への進化は、からだに巧妙な血液の循環システムをつくり上げました。
 心臓から出た血液は、遠くはなれた手足の先の細胞までとどかなければなりません。そしてその仕事は重力に抗して休まずつづける必要があります。全身にはりめぐらされた血管へ血液を流すための圧力が“血圧”というわけです。

★分子栄養学(三石理論):  肝臓の機能と細胞

肝臓の細胞
 生命現象の基盤である栄養素などの物質代謝や異物を処理し解毒する薬物代謝などの、多彩な肝臓の仕事は、多種類の細胞によって営まれています。

★分子栄養学(三石理論): 炎症という生体反応

炎症とは?
 炎症ということばは日常語として定着しており、虫さされや打撲や熱傷などで皮膚に生じる特徴的な“赤くなり(潮紅)、熱をもち、腫れ(腫脹)、痛む”と いう徴候(4主徴)を示す病態であることは、ほとんどの人が知っているでしょう。これに機能障害を加えて5主徴とする場合もあります。

★分子栄養学(三石理論): 細胞機能を担う複合糖質

糖鎖生物学

 デンプンやショ糖などのエネルギー源として摂取される糖質は、グルコースのような単糖がつながったつくりになっています。
 単糖どうしは“グリコシド結合”とよばれる結合で鎖状に連結(糖鎖)し、二糖(ショ糖、乳糖など)や多糖(デンプン、グリコーゲンなど)になります。

★分子栄養学(三石理論): 生命現象と脂質

構造脂質と生体膜
 生命の単位である細胞は、細胞膜に囲まれて外部より隔てられ、内側の水で満たされたスペースには核やミトコンドリア、小胞体などの細胞小器官を備えており、複雑な代謝が休みなく進行しています。

★分子栄養学(三石理論): タンパク質代謝と分解

プロテオリシス
 細胞の仕事の第一が、遺伝情報をもとに自己のタンパク質をつくることにあるのはいうまでもありません。
 タンパク質は、代謝の進行を担う酵素をはじめとして、ホルモンやサイトカインやその受容体などの情報伝達にかかわる分子、免疫グロブリンなどの生体防御 因子、結合組織のコラーゲンや筋収縮用のアクチン・ミオシン、ビタミンやミネラルや脂質などを運搬する輸送体のいろいろという具合に、生理現象の実行者で す。

★分子栄養学(三石理論): からだを守る複雑なシステム

複雑な免疫システム
 生物が備えている自らを守るしくみの謎は、過去100年ほどの間に免疫学の進展によって解かれてきました。そしてこの分野にベーリング(ジフテリアに対する血清療法)、エーリッヒ、バーネット、ヤーネ、利根川進など、多くのノーベル賞受賞者が生れました。
 現代の免疫学では“免疫とよばれる生体防御機能の本質は自己と非自己の識別である”といわれるようになりました。

★分子栄養学(三石理論): ガン細胞の生物学

細胞の腫瘍化
 生きた細胞は、分裂して自己と同じ子孫細胞をつくります。分裂して増えた細胞は異なった形態や性質をもついろいろの細胞に育ち(分化)、集まって秩序のある多細胞構造になります。
 細胞の分裂は、遺伝的にプログラムされている決まったタイミングで行われるよう制御されています。

★分子栄養学(三石理論): ポンプ機能のメカニズム(心臓)

血液の循環と心臓
 多細胞生物のからだを構成する細胞たちは、生きる条件である酸素や物質を「循環システム」によって供給されています。

★分子栄養学(三石理論):  眼のつくりとはたらき

眼は光学装置
 地球上のあらゆる生命体は、太陽からの光エネルギーを捕獲し、生体エネルギーに変換して生きています。
 光は電磁波としての性質をもち、生体をつくっているタンパク質などの分子と相互作用してエネルギーを与えたり、明暗や色などの情報を伝えたりします。

★分子栄養学(三石理論):  精密な聴く構造─耳

音と聴覚系
 物体が空気などの媒質のなかで急速に動くと周囲の媒体のなかに分子の密度の高い部分と低い部分とが生じ、そのくり返しが波のようにひろがり伝わってゆきます。
 物体の急速な運動が空気のなかでおこしたこのような物理現象が、耳から脳へ伝わって“音”として感じとられることになります。

★分子栄養学(三石理論):  体液のなかで生きる骨

体液のなかで生きる骨
骨の成長

 人体には200あまりの骨があり、骨格をつくっています。骨格は体幹と体肢とに分けられ、前者は頭蓋、胸部、脊柱に、後者は上肢と下肢に分けられています。

★分子栄養学(三石理論):  外界に備え、内を守る

外界に備え、内を守る
皮膚の細胞たち
 ヒトのからだには、さまざまなタイプの細胞があります。同種の細胞が集まり組織となり、数種類の組織が立体的に配列して、一定の機能をもつ器官がつくられています。

★分子栄養学(三石理論): 多彩な防衛戦士たち

多彩な防衛戦士たち  {分子栄養学上級編}
白血球の分類

 血液を遠心分離器にかけて得られる液体成分(血漿)は、血小板、白血球、赤血球の層をつくります。
 白血球は、赤血球のように色素タンパクをもっていないので白っぽく見えるところからこの名がつきました。

また、核をもっている点も赤血球と異なっています。
 透明な白血球は、顕微鏡での観察がしにくいため、染色法が工夫されました。
 そして、どの色素に染まるかによって分類されました。

★分子栄養学(三石理論):細胞のライフライン・血液

組織と器官
 人体はいろいろの器官を備えています。眼は視覚を担う器官であり、心臓は血液を拍出するポンプ作用を営む器官です。
 器官は体内で特定のまとまった機能を果しているものをいい、組織を組みあわせてつくられています。
 組織とは同じような形態・機能をもつ細胞集団で、上皮組織や結合組織などの種類があります。
 上皮組織は外界と接している体表をおおい、結合組織は細胞をまとめ、各組織の間を埋めています。
 ひとつの器官のつくりをみると、上皮組織や結合組織のほかに、筋組織や神経組織や血管中の血球などが協調して細胞集団の機能を支えていることがわかります。

★分子栄養学(三石理論):体液の恒常性と腎臓

{分子栄養学上級編}
体液の恒常性と腎臓

からだと体液
 生命の基本単位である細胞は、体液とよばれる水溶液のなかで生きています。

 細胞内部では、DNA やタンパク質などの生体高分子と水分子との相互作用によって、増殖や代謝などの生命現象が営まれています。

 細胞の周囲も水をベースにした液体(細胞外液)で、細胞内液とあわせて“体液”とよばれます。

★分子栄養学(三石理論): 膵臓のつくりと腺機能

膵臓のつくりと腺機能

腺上皮(分泌上皮)
 生体を構成する組織には、上皮組織や結合組織などがあります。

 上皮組織は、消化管や気管などの粘膜や尿路や皮膚などをつくり、それぞれの器官の機能に適合する形態をもっています。

★分子栄養学(三石理論): 代謝―生命物質の自己生産

代謝―生命物質の自己生産

同化と異化
 外部から物質をとり入れ、分解し、加工して生体が利用できるエネルギーや、生命活動に必要な物質を合成する営みを代謝(メタボリズム)といいます。

 栄養素の分解によりエネルギーを獲得するプロセスと、簡単な分子を素材にして生体高分子を合成するプロセスとは、それぞれ"異化"と"同化"とよばれています。

★分子栄養学(三石理論):  酸素と生命現象

{分子栄養学上級編}
酸素と生命現象
酸素と炭素の関係
 生物のからだは炭素、水素、酸素、窒素などの少数の元素を素材として成りたっています。

 炭素は、地球誕生以来、大気や水や土や地球の深部、そして生物体のなかを循環しつづけています。

 その90%はカルシウムやマグネシウムと反応して堆積岩となり、陸や海底にあります。また有機化合物として生物のからだをつくり、二酸化炭素となって大気中をただよっています。

★分子栄養学(三石理論): 腸と神経・腸と免疫

{分子栄養学上級編}
腸と神経・腸と免疫
独自の神経系
 全身の器官のはたらきが脳により統率されているというのが常識的な考えです。それは誤りではありませんが、脳といろいろな臓器との関係は一様ではないことがわかっています。
 脳の支配系統である神経系には、骨格筋へゆく系統と、血管や腺や心臓などにむかう自律神経系とがあります。

★分子栄養学(三石理論): 消化システム ― 運動と分泌

{分子栄養学上級編}
消化システム ― 運動と分泌

消化・吸収のシステム
 多細胞動物では、外からとり入れた栄養物を各細胞にとどけ、その生命活動を維持しなければなりません。
 食物を体内にとり入れる“吸収”のために、まず“消化”というプロセスが必要になります。

★分子栄養学(三石理論):嗅覚・味覚と摂食

{分子栄養学上級編}
嗅覚・味覚と摂食
細胞と内部環境
 からだを構成している細胞は、体液に浸されて生きています。
 生理学の父といわれる有名なクロード・ベルナール(フランス 1813 ~ 1878)は、細胞の生きる環境を“内部環境”とよびました。

 体液とは体内の水分です。細胞の内部も水に満たされていて、代謝などの細胞の営みはこれが無いと保障されません(細胞内液)。

★分子栄養学(三石理論): 脳・脊髄と末梢神経

{分子栄養学上級}
脳・脊髄と末梢神経
神経系の成りたち
 神経系は、解剖学的には脳と脊髄をあわせた中枢神経系と、脳の下側や脊髄から出て、からだのすみずみまで張りめぐらされている末梢神経系とで構成されています。

★分子栄養学(三石理論):  脳システムへのアプローチ

{分子栄養学上級編}
脳システムへのアプローチ
脳活動の担い手・ニューロン

 21世紀は脳の世紀といわれています。過去半世紀の間に、脳の研究は国際的に活発になりニューロン(神経細胞)やグリア細胞の姿やふるまいについても、反射や本能や思考などの生物現象を生じるメカニズムについても、基本的には明らかになりました。
 そしていま、脳研究は意識や心の理解へとむかっています。

★分子栄養学(三石理論): 生体リズムと健康

{分子栄養学上級編}
生体リズムと健康
生体の営みと時計
 日常生活において、時刻を告げる人工的な装置は、意識的な行動を決めるのに不可欠なものになっています。時間を測ることは、社会生活の基本といってよいでしょう。

★分子栄養学(三石理論): 細胞機能を支える脂質

{分子栄養学上級編}
細胞機能を支える脂質
生命のはじまりと脂質
 すべての生物の生命史をさかのぼると、同じ祖先にゆきつくといわれています。共通の祖先である“始原細胞”は、原始地球での周囲の環境から隔離された内部環境をもつ必要がありました。ポリペプチドや核酸などの高分子を囲いこみ、やがて触媒機能をもつタンパク質や、遺伝情報の保存と伝達を担うRNA・ DNAが合成されて、自己増殖が可能になっていったのです。

★分子栄養学(三石理論): 代謝システムを支える

{分子栄養学上級編}
代謝システムを支える
炭素と水と糖
 炭素原子(C)は、有機化合物に必ず含まれる原子であり、人体を構成する元素としては、酸素に次いで多く存在しています。

 植物や動物や微生物がつくって、自己の体成分にしているものが有機化合物です。そのなかでもっとも量の多いのが植物がつくる“炭水化物”です。

★分子栄養学(三石理論): タンパク質の形と機能

{分子栄養学上級編}
タンパク質の形と機能
複雑な分子の構造
 19世紀のはじめまでに、人類はさまざまな物質が分子でできていることを知っていました。生物も例外ではなく、多種類の分子の相互作用によって生命現象がつくり出されていることを20世紀の研究が明らかにしました。
 分子の性質やふるまいを追求する物理学や化学によって、生物をつくっている物質について多くの知識が集積しました。

★分子栄養学(三石理論): 心血管システムの加齢変化

{分子栄養学上級編}
心血管システムの加齢変化
細胞社会のライフライン
 多細胞動物は、構成員である各細胞の要求に応じて物質と酸素を供給するための生命線として“循環のシステム”を備えています。
 循環のシステムは、特殊な筋肉でつくられたポンプ(心筋)で連絡する二種類のサブシステムで成りたち“心血管系”とよばれています。

★分子栄養学(三石理論):  免疫システムの加齢変化

{分子栄養学上級編}
免疫システムの加齢変化
生体のネットワーク
 からだの成りたちを理解するためのキーワードとして“ネットワーク”が重要になってきました。
 ネットは網であり、ネットワークとは網でできているという意味で使われます。コンピュータのネットワークや人間関係や組織のネットワークなど、日常生活に定着しています。

★分子栄養学(三石理論): 環境情報の感知システム

{分子栄養学上級編}
環境情報の感知システム
脳と環境情報
 脳には、絶えず体内外からの情報が集められ、処理されています。

 それは無意識のうちに、からだを構成する細胞へと伝えられ、適確な応答をひき出します。その統合によって、さまざまな生理機能が生み出されて、個体が維持され行動することができます。その結果、環境の変化に適応しています。

★分子栄養学(三石理論): 加齢と生活機能

{分子栄養学上級編}
加齢と生活機能
生きる体力
 加齢とともに、体型や生理機能などに変化が生じることは避けられない生物現象ですが、その退行性が際立ってくると、日常生活での食事、入浴、排泄、着脱衣、歩行などの自立性が減少します。

 WHO(世界保健機関)がかつて提言したように、高齢者にあっては生活機能の自立性が健康度の指標であり、医学的な検査のデータだけで測ることはできません。

★分子栄養学(三石理論): 加齢とエネルギー代謝

{分子栄養学上級編}
加齢とエネルギー代謝
暦年齢と生理的年齢
 生物のからだは、個体レベルでも細胞レベルでも、さらに分子レベルでみても、時を経るにつれて変化しています。

 個体が時とともに変化してゆくことの全体が加齢であり、暦年齢の増加ということができます。

加齢によって老化という生物現象が生じてきますが、暦の上の年齢で老化の度合を示すことはできません。

 老化の指標をもとめるなら“生理的年齢”ということになります。

★分子栄養学(三石理論): 認知症の知識と対策

{分子栄養学:上級編}
認知症の知識と対策
加齢と脳の変化
 加齢とともに、いろいろな病気の有病率は増加してゆきます。
 有病率とは、ある時点である地域を調査したとき、単位人口あたりの対象疾患の患者数を指しています。同じように単位人口において、1年間に新たに生じる患者数を発症率といい、ともに疫学用語として用いられています。
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の七十代♂、サバイバル中心です♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々
検索フォーム
リンク
飯山です