人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★難病を招く予防接種を拒否する方法について

http://ab.co/1k9NxGi ニューサウスウェールズ州の幼稚園からワクチン未接種の子供たちの登園を禁止

現在ビデオは見ることができなくなっていますね。

オーストラリアで起きていることは日本に入ってきます。ご存知でしたか?
このことは、最初に精神薬問題に取り組んでいるのでわたしは数年前から知っています。

オーストラリアは日本に向ける医療行政の前哨基地なのです。WHOとWMFHがタッグを組み、精神医学や優生学の思想を強力に推し進めてきます。


インタビューを受けた母親の一人は「とてもいいことだと思います。予防接種も受けていない子どもに自分の子と同じ幼稚園に通って欲しくない」とか言っています。
現在予防接種を受ける子どもの数が激減。そこで接種率を上げさせるための策なのです。
日本でも時々、同じことを仰るお母さんがいらっしゃいますよね。
しかしよく考えてみてください。

そもそもワクチンが本当に感染症を予防するなら、ワクチンを打っていない子供が幼稚園に行こうが行くまいが関係ありません。


気づいてくださいね。

ワクチンを打つほうが、その病気にかかりやすくなるのですよね?

ameblo.jp/hi-mawaricom/entry-11866666769.html



Push to ban unvaccinated children from NSW preschools

Updated Mon 20 May 2013, 7:49am AEST

Legislation to allow childcare centres to ban children who are not vaccinated is being introduced to increase immunisation rates in New South Wales.

The State Opposition says it will consult the childcare sector and public on the draft bill, which will allow preschools to choose whether to accept children who are not immunised.

The change is being proposed to encourage parents to vaccinate their children and prevent the spread of preventable diseases.

The Opposition's health spokesman Dr Andrew McDonald says many diseases could be easily prevented if more children were vaccinated.

"At the moment the immunisation rates are so low that unless we act the future epidemics of vaccine preventable conditions are simply a matter of time," he said.

"It's now about giving preschools the choice as to whether they will or won't admit fully immunised children."

He says he does not believe the proposed legislation will infringe on parental rights, with childcare options still available for parents.

"It's to encourage all children whose parents agree with immunisation to have their children fully immunised," he said.

"Those who choose not to have their children immunised will be able to choose a preschool, one that accepts children that aren't immunised."

But anti-vaccination campaigners say allowing childcare centres to ban children who are not immunised is a backward step in democracy.

Greg Beattie from the Australian Vaccination Network, which opposes immunisation, says it could trick parents into vaccinating.

"I imagine it probably will because what happens with all of these things is that parents become confused, and the way that this law will be marketed to the community is, 'oh we now have compulsory vaccination'," Mr Beattie said.

"So parents will start to think they have to do these things to get their children into childcare or to get them into preschool."

Premier Barry O'Farrell says the NSW Government will consider the details of the proposed legislation.

Prime Minister Julia Gillard says she agrees in principle, but has not endorsed the NSW move.

She says she believes in sending a strong message to parents about the importance of vaccination.

"I am concerned about vaccination rates, I am a big supporter of vaccination," she said.

"I can understand in communities why people are worried about this and want to see rates moving up."

Topics: vaccines-and-immunity, preschool, child-care, state-parliament, nsw

First posted Sun 19 May 2013, 10:58am AEST



*2014年11月22日追記:田中佳先生のブログさんちからの転載です↓

2014年11月10日 06時12分11秒

◆ 法律上のインフルエンザワクチン

テーマ:ワクチン&インフルエンザ インフルエンザは根が深いです。抜いても抜いても生えてくる雑草であろうとも、私にできることは抜き続けるのみ。嗚呼、ハチドリのひとしずく。

現時点での法的な位置付けは、
65歳以上:定期接種
65歳未満:任意接種


定期接種
文字通り、一定期間の補助金が出る「定期」である。
接種努力義務がついているが、接種義務ではない。

今の日本に義務接種のワクチンは一切存在しない

接種に於いて、添付文書を読み、ワクチン読本を読み、インフルエンザワクチン打たないでも読み、インフルエンザワクチンは要らないも読んで、接種しないという結論を出した場合、充分に努力をしたということになるでしょう。
これに対し、法律的に誰もとやかく言う筋合いは無い。それが医者であろうとも。
そもそも医者は法律を知らないし、添付文書も読まないのでその点は無知である。
無知の傲慢な医者ばかり。ついでに役所の担当者も同じ。

任意接種
文字通り、打ちたい人だけが打つワクチン。
他人からとやかく言われる筋合いの無いワクチン。
65歳未満であれば、任意接種なのであります。


故に、定期も任意も、
打ちたくないのに打てと言われる人はこう言おう。
わたしは法律を遵守しているだけです と。
赤信号で止まっているだけですけどなにか? ということです。
誰が何と言おうと、噂よりも法律でしょう。
世間の常識よりも法律の方が上でしょう。

転載終わります↑
田中先生曰く、ワクチン接種には法律的強制力はない~今の日本に義務接種のワクチンは一切存在しない
この論法を使えば書類の提出は不要ですね♪



ワクチン拒否するときに使う書類。


テーマ:
ワクチン拒否するときに使う書類。

学校からワクチン接種のお知らせなどが来て困る場合
無視していると保健所などからも電話が入ることがあるようです。
そのような時、は、先ず、ワクチンの添付文書を読んでください。
ネット検索すれば出てきますので、できれば印刷しておきましょう。
あとは、前橋レポートなども検索して情報資料を用意しましょう。
ワクチン被害の新聞記事なども探して、印刷できればしておくといいですね。
それらの資料を持って、学校がうるさければ学校に、保健所がうるさいなら、保健所の担当者に提示しましょう。

それでも、なおかつ再三言ってくるなら、行政手続法第35条に基づく書面交付要求書を活用することも考えてみることは必要かもしれません。


「公立大学が,禁忌者・信念や宗教上の理念に基づいて接種を拒否している人間の入学を拒否することは,憲法19条,20条,26条に違反する」


日本国憲法 第19条は、日本国憲法第3章にあり、思想・良心の自由について規定している。本条は精神の自由である第20条、第21条、第23条の総則的規定である。思想及び良心の自由は、これを侵してはならない


日本国憲法 第20条は日本国憲法第3章にあり、信教の自由と政教分離原則について規定している。
1.信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない
2.何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
3.国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。


日本国憲法 第26条は、日本国憲法第3章にあり、教育を受ける権利および義務教育について規定している。
1.すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。
2.すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。


この法律を活用することも考えてみましょう。
その前に、接種したくないのにしつこく言われたら、ワクチンの危険性に関する書類を添付して、受けない理由を明確にするといいでしょう。

定期健康診断の際に,心ない医師や保健師から「どうして受けないんですか?」「必ず予防接種を受けなさい」などと言われた場合、市長村長、保健所長宛ての 「行政手続法第35条に基づく書面交付要求書」を提出する。医師(保健師)がこれを受け取らないことは違法です。
あくまでもワクチン接種は任意であることを忘れないようにしましょう。

ワクチン拒否するときに使う書類。
よろしければご活用ください。
この書類は見本です。




ameblo.jp/hi-mawaricom/entry-11844140351.html
不登校・ひきこもり支援カウンセラー甲斐由美子さんちから転載しました。↑



ワクチンの添付文書一覧(リンク集)

ライターniku9queenさん(最終更新日時:2014/4/19)投稿日:2013/3/2 アドバイス受付中!


印刷用のページを表示する

ワクチンの接種間隔や接種年齢、接種量は本当に合っているの…?

医師や看護師によって言う事が違うんだけど、本当は…?

 

これまでに、そんな不安を持った方は少なからずおられるのではないでしょうか。

 

でも、ワクチンの正式名称(販売名)が分からないからネット検索してもうまくヒットしなかったり、メーカーのサイトでは添付文書情報を医療関係者向けにしか公開していなかったり…

 

そこで、見たい添付文書がいつでも簡単に見られるよう、日本の子供が接種するワクチンの添付文書をリンク集にまとめました。

 

 

注意

  • ■全ての添付文書は、Pmda(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構)サイト上に掲載された、一般向けの添付文書情報となっています。内容は医療関係者向けと変わりません。
  • Pdmaでは、ワクチンに限らず医薬品・医療機器の添付文書が閲覧できますので、是非ご活用下さい。
  •       http://www.info.pmda.go.jp/ippan.html (Pdma一般向けサイトURL)
  • 但し、添付文書には専門的な情報が含まれていますので、これらの情報をご覧になって疑問などを持たれた場合には、医師に必ずご相談下さい。自己判断は危険な場合がありますので、ご注意下さい。
  • ■1つのワクチンで販売元が複数ある場合は、いずれか1つの添付文書のみを掲載していますが、販売元によって内容は異なりません。
  • ■同じ製造元の1つのワクチンで製品タイプが複数ある場合(例:シリンジ入りとそうでない物など)は、いずれか1つの添付文書のみを掲載していますが、製品タイプによって内容は異なりません(接種量が異なる物は添付文書の用量も異なります)。
  • ■通常接種する事のない、破傷風トキソイド(単独ワクチン)、ジフテリアトキソイド(単独ワクチン)、狂犬病ワクチン、インフルエンザN5H1ワクチン等は掲載していません。

  

  

不活化ワクチン・トキソイド

 

ヒブワクチン

 ・アクトヒブ (サノフィパスツール) 

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/780069_631140CD1029_2_01.pdf

 

 

小児肺炎球菌ワクチン 
 ・プレベナー13水性懸濁注 (ファイザー) ※2013年11月1日から全国一斉に導入されました。

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/671450_631140EC1022_1_02.pdf

 

 ・プレベナー水性懸濁皮下注 (ファイザー) ※2013年10月31日まではこちらが接種されていました。

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/671450_631140DC1028_2_04.pdf

 

 

成人用肺炎球菌ワクチン 

 ※2歳から接種可能ですので参考に掲載していますが、

   脾摘や基礎疾患がなければ、通常小児は「小児用肺炎球菌ワクチン」を接種します。
 ・ニューモバックスNP (MSD株式会社) 

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/170050_6311400A1037_2_06.pdf

 

  

四種混合ワクチン(DPT-IPV) ※四種=ジフテリア・百日咳・破傷風・不活化ポリオ

 ・テトラビック皮下注シリンジ (阪大微生物病研究会)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/630144_636140DG1021_1_04.pdf

 

 ・クアトロバック皮下注シリンジ (化学及血清療法研究所)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/200011_636140DG2028_1_03.pdf 

 

 

三種混合ワクチン(DPT) ※三種=ジフテリア・百日咳・破傷風

 ・沈降精製百日せきジフテリア破傷風混合ワクチンキット「タケダ」 (武田薬品工業)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/400256_636140BG1022_1_09.pdf

 

 ・トリビック (阪大微生物病研究会)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/630144_636140BA3022_1_05.pdf

 

 ・沈降精製百日せきジフテリア破傷風混合ワクチン/DPT“化血研”シリンジ

  /DPT“化血研”シリンジPF (化学及血清療法研究所)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/200011_636140BA1020_2_12.pdf

 

 ・沈降精製百日せきジフテリア破傷風混合ワクチン「北里第一三共」

  /沈降精製百日せきジフテリア破傷風混合ワクチン「北里第一三共」シリンジ

  (北里第一三共ワクチン)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/230774_636140BG1057_2_02.pdf

 

 

二種混合ワクチン(DT) ※二種=ジフテリア・破傷風 ※こちらは2期(11歳~)で接種します。

 ・DTビック (阪大微生物病研究会)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/630144_636140AA5020_1_05.pdf

 

 ・沈降ジフテリア破傷風混合トキソイド“化血研” (化学及血清療法研究所)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/200011_636140AA1033_2_12.pdf

 

 ・沈降ジフテリア破傷風混合トキソイド「タケダ」 (武田製薬工業)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/400256_636140AA1025_1_07.pdf

 

 ・沈降ジフテリア破傷風混合トキソイド「北里第一三共」 (北里第一三共ワクチン)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/230774_636140AA4040_1_03.pdf

 

 

不活化ポリオワクチン

 ・イモバックスポリオ皮下注 (サノフィパスツール)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/780069_631340UG1024_2_02.pdf

 

 

日本脳炎ワクチン

 ・ジェービックV (阪大微生物病研究会)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/630144_631340ND1022_2_11.pdf

 

 ・エンセバック皮下注用 (化学及血清療法研究所)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/200011_631340ND1030_1_06.pdf

 

 

B型肝炎ワクチン

 ・ビームゲン(0.25mL)/ビームゲン(0.5mL) (化学及血清療法研究所)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/200011_6313402A1030_2_16.pdf

 

 ・ヘプタバックス-Ⅱ (MSD株式会社)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/170050_6313402A2045_2_06.pdf

 

 

A型肝炎ワクチン ※日本では接種年齢は16歳~でしたが、2013年4月から1歳~接種可能になりました。

 ・エイムゲン (化学及血清療法研究所)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/200011_631340GD1030_2_12.pdf

 

 

子宮頸癌ワクチン

 ・サーバリックス (グラクソ・スミスクライン株式会社)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/340278_631340QG1022_1_09.pdf

 

 ・ガーダシル水性懸濁筋注/ガーダシル水性懸濁筋注シリンジ (MSD株式会社)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/170050_631340TG1020_1_04.pdf 

 

 

インフルエンザHAワクチン(2013-2014年)

 ・flu-シリンジ「生研」 (デンカ生研株式会社)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/470038_631340FG1023_1_13.pdf

 

 ・「ビケンHA」 (阪大微生物病研究会)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/630144_631340FA1047_2_02.pdf

 

 ・インフルエンザHAワクチン“化血研” (化学及血清療法研究所)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/200011_631340FA1020_2_10.pdf

 

 ・インフルエンザHAワクチン「生研」 (デンカ生研株式会社)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/470038_631340FA1055_1_15.pdf

 

 ・インフルエンザHAワクチン「北里第一三共」1mL

  /インフルエンザHAワクチン「北里第一三共」0.5mL

  /インフルエンザHAワクチン「北里第一三共」シリンジ0.5mL (北里第一三共ワクチン)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/230774_631340FA1098_2_03.pdf

 

 ・フルービックHA/フルービックHAシリンジ (阪大微生物病研究会)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/630144_631340FA2043_1_11.pdf

 


 

生ワクチン

 

ロタウイルスワクチン

 ・ロタリックス内用液 (グラクソ・スミスクライン株式会社)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/340278_631300AS1020_1_05.pdf

 

 ・ロタテック内用液 (MSD株式会社)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/170050_631301AS1024_1_05.pdf

 

 

BCGワクチン

 ・乾燥BCGワクチン (日本ビーシージー製造株式会社)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/530331_631140BD3027_1_08.pdf

 

 

麻疹風疹ワクチン(MR)

 ・ミールビック (阪大微生物病研究会)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/630144_636940CD1029_1_13.pdf

 

 ・はしか風しん混合ワクチン「北里第一三共」 (北里第一三共ワクチン)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/230774_636940CD3030_1_06.pdf

 

 ・乾燥弱毒生麻しん風しん混合ワクチン「タケダ」 (武田薬品工業)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/400256_636940CD2025_1_11.pdf

 

 

おたふく風邪ワクチン 

 ・おたふくかぜ生ワクチン「北里第一三共」 (北里第一三共ワクチン)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/230774_631340AD1067_1_05.pdf

 

 ・乾燥弱毒生おたふくかぜワクチン「タケダ」 (武田薬品工業)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/400256_631340AD1040_1_14.pdf

 

 

水痘(水疱瘡)ワクチン

  ・乾燥弱毒生水痘ワクチン「ビケン」 (阪大微生物病研究会)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/630144_631340ED1022_1_13.pdf

 

 

麻疹ワクチン ※こちらは麻疹単独ワクチンです。通常は麻疹風疹混合ワクチン(MR)を接種します。

 ・「ビケンCAM」 (阪大微生物病研究会)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/630144_631340DD1044_1_19.pdf

 

 ・はしか生ワクチン「北里第一三共」 (北里第一三共ワクチン)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/230774_631340DD1079_2_08.pdf

 

 ・乾燥弱毒生麻しんワクチン「タケダ」 (武田薬品工業)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/400256_631340DD1036_1_17.pdf

 

 

風疹ワクチン ※こちらは風疹単独ワクチンです。通常は麻疹風疹混合ワクチン(MR)を接種します。

 ・乾燥弱毒生風しんワクチン「ビケン」 (阪大微生物病研究会)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/630144_631340BD1037_1_20.pdf

 

 ・乾燥弱毒生風しんワクチン「タケダ」 (武田薬品工業)

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/400256_631340BD1053_1_17.pdf

 

 ・乾燥弱毒生風しんワクチン「北里第一三共」 (北里第一三共ワクチン) 

   http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/230774_631340BD1088_1_08.pdf


 

  

■□■お願い■□■

ワクチンの記載漏れ、リンク切れ、リンク漏れ、リンク間違い、最新添付文書更新漏れなど、お気付きの点がありましたら、アドバイスお願いします。

 

■2014.4.19  ロタワクチン(「ロタテック内服液」)、麻しん風しんワクチン(「ミールビック」)、水痘ワクチン(「乾燥弱毒生水痘ワクチン「ビケン」」)の添付文書 が更新されましたのでリンクを貼り直しました。二種混合ワクチン(「沈降ジフテリア破傷風混合トキソイド「北里第一三共」」)のリンクに不具合がありまし たのでリンクを貼り直しました。

■2014.3.22 B型肝炎ワクチン(2社共)の添付文書が更新されましたのでリンクを貼り直しました。

■2014.1.21  二種混合ワクチン(4社共)、日本脳炎ワクチン(2社共)、ロタウイルスワクチン(「ロタテック」)、BCGワクチン、麻疹風疹混合ワクチン(3社 共)、おたふく風邪ワクチン(2社共)、麻疹ワクチン(3社共)、風疹ワクチン(3社共)の添付文書が更新されましたのでリンクを貼り直しました。

■2013.11.08  小児用肺炎球菌ワクチン(「プレベナー13水性懸濁注」)、成人用肺炎球菌ワクチン(「ニューモバックスNP」)、四種混合ワクチン(2社共)、三種混 合ワクチン(4社共)、A型肝炎ワクチン(「エイムゲン」)、子宮頸癌ワクチン(「ガーダシル」)の添付文書が更新されましたのでリンクを貼り直しまし た。

■2013.11.08 BCGが抜けておりましたので追記しました。

■2013.10.19 小児用肺炎球菌ワクチン(「プレベナー13水性懸濁注」)が認可されましたので追記しました。

■2013.10.13 参考に、成人用肺炎球菌ワクチン(「ニューモバックスNP」)を追記しました。

■2013.9.3 インフルエンザHAワクチン(6社共)の添付文書が更新されましたのでリンクを貼り直しました。(※インフルエンザHAワクチンは今シーズンの流行予想に基く変更で、去年からウイルス株が2種変更になっています。)

■2013.9.3 「テトラビック皮下注シリンジ」・「ジェービックV」・「ヘプタバックス-Ⅱ」の添付文書が更新されましたのでリンクを貼り直しました。

■2013.7.1 不活化ポリオワクチン(イモバックスポリオ)・子宮頸癌ワクチン(2社共)の添付文書が更新されましたのでリンクを貼り直しました。

■2013.5.26 「アクトヒブ」の添付文書が更新されましたのでリンクを貼り直しました。

■2013.4.6  日本脳炎ワクチン(2社共)・B型肝炎ワクチン(2社共)・A型肝炎ワクチン(エイムゲン)・子宮頸癌ワクチン(2社共)・麻疹風疹ワクチン(3社 共)・麻疹ワクチン(3社共)・風疹ワクチン(3社共)の添付文書が更新されましたのでリンクを貼り直しました。

■2013.3.26 「テトラビック皮下注シリンジ」の添付文書が更新されましたのでリンクを貼り直しました。

■2013.3.15 ロタワクチンが抜けておりましたので追記しました。



note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n127629
ヤフー知恵袋さんちから転載しました。↑



以上の記事は「ケムトレイル・気象操作掲示板」すなっきーさんの投稿で知り、大事な記事ですのでメモっときます。 m(_ _)m  ↓

Re: 2014年06月01日(日)の空模様(観測投稿スレ - すなっきーさん

2014/06/01 (Sun) 12:56:13

こんにちは。
ワクチンについてこれからこうなっていくんでしょうか?
転載します。

http://ameblo.jp/hi-mawaricom/entry-11866666769.html
ニューサウスウェールズ州の幼稚園からワクチン未接種の子供たちの登園を禁止
テーマ:ワクチン
2014/05/31 9:40:01
いいね!(8)
http://ab.co/1k9NxGi ニューサウスウェールズ州の幼稚園からワクチン未接種の子供たちの登園を禁止

現在ビデオは見ることができなくなっていますね。

オーストラリアで起きていることは日本に入ってきます。ご存知でしたか?
このことは、最初に精神薬問題に取り組んでいるのでわたしは数年前から知っています。

オーストラリアは日本に向ける医療行政の前哨基地なのです。WHOとWMFHがタッグを組み、精神医学や優生学の思想を強力に推し進めてきます。


インタビューを受けた母親の一人は「とてもいいことだと思います。予防接種も受けていない子どもに自分の子と同じ幼稚園に通って欲しくない」とか言っています。
現在予防接種を受ける子どもの数が激減。そこで接種率を上げさせるための策なのです。
日本でも時々、同じことを仰るお母さんがいらっしゃいますよね。
しかしよく考えてみてください。

そもそもワクチンが本当に感染症を予防するなら、ワクチンを打っていない子供が幼稚園に行こうが行くまいが関係ありません。


気づいてくださいね。

ワクチンを打つほうが、その病気にかかりやすくなるのですよね?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ワクチンを拒否する時に使う書類
http://t.co/DZic1zvQLe
あくまでワクチン接種は任意

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ワクチンの添付文書一覧
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n127629  』





*2014/06/01  22:00
青森の狸さんから、いい知恵を伝授されたので、追記します。

・ワクチン接種をうまく断る方便

『子供たちの アレルギーを調べあげる!』

子供がアレルギーではないだろうかと病院に行く、
申し立てれば『お医者さんは、何らかのアレルギーを指摘してくれるでしょう!』←無くても無理やり探して貰うべし

★これがポイント! 、一端地元の 医師から『子供さんは〇〇アレルギーです!』 と 言う 診断と 、検査資料を貰ったら しめたもの(笑)…

高校から『子宮頸がんワクチンを受けて下さい!』と 通知が来たら、『〇〇病院で検査をしたら、アレルギーが有るから、ワクチンは接種出来ないと言われましたよ』、もし、子宮頸がんのワクチン接種をして、何かが起こったら 『あなたは責任と保証をしてくれるのか』と云えば、しなくてよいとなります。

子供をアレルギーに仕立て上げれば、みんなが丸く収まる、とても良い方法です。




*追記:ぱんださんがUPしてくれました♪
法律を活用してワクチンを拒否する方法
http://ameblo.jp/1509panda/entry-11712998095.html




*masa さん、2014/11/07 (Fri) 20:55:45 紹介↓


◆ 職場や施設入所での薬剤やワクチンの強要はどうか?

~一番確実なのは「私、アレルギーなんで、危なくて打てません」というやつです。診断書を出せと言われたら「アレルギーの検査しても異常が出ない物質でのア レルギーもあるので、やっぱり恐くて打てません」と切り返す。「ともかく、原因物質は特定できていませんが、全身ブツブツになったことがあるんです。」 と。これを言われたら証明することは不可能なので、医者は引き下がるしかなくなってしまう。何かあったら恐いし、裁判も嫌だし・・・




関連記事
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の七十代♂、サバイバル中心です♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

シスVSエイリアン

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々
検索フォーム
リンク
飯山です