人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★モルジェロンズ病 :ケムトレイルによって引き起こされる奇病!?

※モルジェロンズ病 
プロジェクトFMM http://rense.com/morgphase/phase2_1.htm
プロジェクトFMMというMIT(マサチューセッツ工科大学)その他の団体の合同研究の分析:Dr.ヒルデガード

rense.com
モルジェロンズスペシャル#7
によってコンパイルされた材料
©2007プロジェクトFMMの研究チーム
3-29-7
INDEX
PROJECT FMM -繊維、隕石&モルジェロンズ

FMMプロジェクト-フェーズIA -初期標本検定
FMMプロジェクト-フェーズIB -高密度Polyethlyneファイバー
FMMプロジェクト-フェーズII -ケムトレイルフォールアウト
FMMプロジェクト-フェーズIIIA -モルジェロンズ繊維テストおよび比べ
FMMプロジェクト-フェーズIIIB期-ラマン;モルジェロンズ&隕石
サイズの問題-博士ヒルデガードStaninger



PROJECT FMMファイバー、隕石&モルジェロンズ
数十サンプルの位相アイオワ初期的検討

2007年3月29日
PROJECT FMM(繊維、隕石&モルジェロンズ)

主任研究員博士ヒルデガードStaninger、リート川-1
©2007年3月27日(土曜日)

統合的なヘルス·インターナショナル·エルエルシー
12235セントラリアストリート、レイクウッド、カリフォルニア90715
電話番号:562-402-7300ファックス:562-402-7308直通:213-382-2786
プロジェクト契約ラボ:AMDL株式会社は、ACS社は、マサチューセッツ工科大学(MIT)、ラムダソリューション株式会社


2006年9月1日からの位相IAはサンプル。
結果は2007年2月5日に受信した

収集された未知の繊維の主題サンプルは多くの情報源を形成し、研究室に配信しました。

試験、顕微鏡測定とIHI、LLCレイクウッド、カリフォルニア州から送信された数十ファイバーの分光分析:報告。

はじめに

未知の容疑繊維のいくつかのバッチは数週間にわたって実験室に送られた。 我々は、微視的にそれらを学ぶいくつかの物理的性質を決定し、フーリエ変換赤外分光法(FTIR)によるエネルギー分散分光法(EDS)と化学グループによって元素分析を実行し、それらを調べてもらった。 また、いくつかのサンプルは、フーリエ変換ラマン分光法(FT-ラマン)によって分析されるであろう。

検査室の職員はまた、光輝およびその他のプロパティを持つ炭素-ケイ素繊維であると報告され、いくつかの他のナノファイバー繊維を比較します。

注:博士ラヒムKarjoo博士とヒルデガードStaninger(2006年10月28日)および高密度ポリエチレン繊維(HDPE)と同定された繊維によって見つけられるすべてのサンプルが"Goldenhead"と比較した。


結果

1)繊維の視覚的にいくつかは以前に統合ヘルス·インターナショナル、LLCによって研究炭素-ケイ素繊維に似ていた。

2)クローズアップ写真や顕微鏡写真(1,000 x)はほとんどのサンプルを撮影した。

3)多くの奇妙な形や塊が見られた、いくつかは識別できませんでした。

4)顕微鏡写真の同定は、 "外国の繊維"であるか否かを含むように同定された。 これらの繊維は、さらにテストと融点のために選択した。

5)繊維上の1つのスポットのFTIRスペクトルは、高密度ポリエチレン繊維を加えた別の材料のトレース(茶色のゲル)の存在を示した。

6)EDSとラマンの結果は第II相および本報告書の第III相試験で議論される。


概要

識別された繊維、ゲル材料、ゲル状の材料にはない真核細胞との細胞の整合性がありませんでした。 繊維中に特定された材料が、未解決機能を持つ特定の構造を形成するように製造ナノテクノロジーであった。 EDSとラマンは人体の化学組成と一致しませんでしたあったり、繊維の化学組成は、彼らの人体(爪、毛髪、皮膚、神経など)のいずれかの一部だった。

ロ サンゼルス郡消防局、ロサンジェルスによって識別されるように特別な機能、CAの要員以下の通りです:1)皮膚は165度Fの上で溶けるややけど、2)繊 維を1400度Fで、または165上溶けない人体から度は、ヒトの細胞で作られていない、3)ヒト組織を分泌ゲルをせず、また、彼らは300℃(約600 度F以上IE)上に溶かすことが知られているヒト細胞組成のものでしょう。

す べてオリジナルの"Goldenhead"と比較して、一致したナノテクノロジー"は繊維のようMorgellon"として識別されたことを繊維持ってい たサンプル:1)を捨てMorgellonのGoldenhead、2)完全に形成されMorgellonのGoldenhead、または3)が MorgellonのGoldenheadを悪化させる。 同定され構造化された材料/繊維は性質が自己アセンブル、拡大、および/ ​​または拡大/フォールドしなければならないものであった。 彼らは、ナノテクノロジー(人工)1として同定され、真核細胞、動物、植物、また任意のライブ生物形態から構成で構成される任意の方法で同定されなかった。 いくつかの標本が人工生命または擬似生命体として知られている"生物学的な人工的な"出演していた。 人工生命体のこれらのタイプは、DNA / RNA / siRNAまたはウイルス、微生物、動物/植物タンパク質および/ ​​またはナノレベルで人工的な技術構造形態を構築する酵素の多数周期プラスミドテンプレートを使用することが知られている。 さらに、彼らはこれらのみ参照された生命体プラスミド、酵素、および/ ​​またはタンパク質に限定されない。


博士ヒルデガードStaninger、リート川-1、主任、IHI、LLC部研究開発。
統合医療の産業毒物/ IH&ドクター

脚注:
1人造性質によって実行されるか、または自然には存在しないことを意味します。

モルジェロンズ写真、スペシャルプログラム第6、ページ5つのうち3つ
http://www.rense.com/general74/morg6-3.htm



L / N 1分の12938
(詳細は第III相Bを参照)

VARIETY



L / N 2分の12938



2分の12939  



L / N 3分の12938

いいえ12をスライドさせない


SEM / EDS元素スペクトル
(100Xオンライン·ファイルから欠落している時にスキャンされた画像)

原子% コンク
カー 16.145 12.273重量%
アル カー 18.274 16.304
P カー 18.961 19.420
S カー 33.403 35.419
CL カー 6.098 7.149
のCa カー 7.120 9.435
100.00 100.000重量%

L / N 4分の12938



(データなし)


L / N 5分の12938



カルス
特定のファイバ構成には陰性であった。
L / N 6分の12938
アルコールにモルジェロンズ組織サンプル
左胸に新たな病変。 多くの粒子がゲル状の光る血であった。
横紋ストランドを含む繊維サンプル。
(データなし)
L / N 6分の12938
アルコールにモルジェロンズ組織サンプル
左胸に新たな病変。 多くの粒子がゲル状の光る血であった。
横紋ストランドを含む繊維サンプル。 一つの粒子
L / N 7分の12938 - PR FRESS(隕石)は、細部を対象としたフェーズⅢBのレポートを参照してください
L / N 12938-B1スルーL / N 12938-B10 - 10以上の検体を調べたところ、
撮影され、特定の繊維構成用負発見した。
PROJECT FMMフェーズIb
(繊維、隕石&モルジェロンズ)
フェーズI -高密度ポリエチレン(HDPE)ファイバからのB同定
"BB"のIntroCell、ペンサコーラ、フロリダ州で患者。 検体は健康アドヴォケートによって収集。
2006年9月1日からのサンプル
.. ..
"BB"からのサンプル、8-14-06注意:
バイオハザード脅威。 確認(繊維がある場合)、それは彼女の足の落ちていない

L / N 12938AのFT-IRスペクトルオーバーレイ



比較のためにL / N 12938から1(角スライド)
比較のためにL / N 12938から3

PROJECT FMM(繊維、隕石&モルジェロンズ)
フェーズIb高密度ポリエチレン、&さらに分析
フェーズIb

主任研究員:博士ヒルデガードStaninger、リート川-1
©土曜日、2006年9月1日

統合的なヘルス·インターナショナル·エルエルシー
12235セントラリアストリート、レイクウッド、カリフォルニア90715
電話番号:562-402-7300ファックス:562-402-7308直通:213-382-2786
プロジェクト契約ラボ:AMDL株式会社は、ACS社は、マサチューセッツ工科大学(MIT)、ラムダソリューション株式会社

2007年9月1日から第I相(パートB)サンプル。
結果受付:2007年2月5日

件名:不明繊維のサンプルフォーム多くの情報源を収集し、研究室に配信しました。
試験、顕微鏡測定との分光分析:の報告
IHIは、LLCは、レイクウッド、カリフォルニア州から送信された数十の繊維。


はじめに

未知の容疑繊維のいくつかのバッチは数週間にわたって実験室に送られた。 我々は、微視的にそれらを学ぶいくつかの物理的性質を決定し、フーリエ変換赤外分光法(FTIR)によるエネルギー分散分光法(EDS)と化学グループによって元素分析を実行し、それらを調べてもらった。 また、いくつかのサンプルは、フーリエ変換ラマン分光法(FT-ラマン)によって分析されるであろう。

検査室の職員はまた、光輝およびその他のプロパティを持つ炭素-ケイ素繊維であると報告され、いくつかの他のナノファイバー繊維を比較します。

注:博士ラヒムKarjoo博士とヒルデガードStaninger(2006年10月28日)および高密度ポリエチレン繊維(HDPE)と同定された繊維によって見つけられるすべてのサンプルが"Goldenhead"と比較した。

以下の結果は、特に高密度ポリエチレン(HDPE)、彼女はIntroCell、LLCは、ペンサコーラ、フロリダ州でに相談博士Staningerだの患者からの繊維に実施された試験に対応しています。 見本サンプルは、 "BBの"足サンプルNo 12938-から落ちた皮膚片からだった。 試料番号12938から1と12938から3をSEM / EDSデータのために扱われるでしょう。

結果

1)繊維の視覚的にいくつかは以前に統合ヘルス·インターナショナル、LLCによって研究炭素-ケイ素繊維に似ていた。

2)クローズアップ写真や顕微鏡写真(1,000×)サンプルNo-12938の画像の左側にピンクの繊維を示す。

3)繊維上の1つのスポットのFTIRスペクトルは、高密度ポリエチレン繊維を加えた別の材料のトレース(茶色のゲル)の存在を示した。 繊維径0.8 umおよび115度℃の融点

下記のとおり4)SEMS / EDSの業績等は様々な濃度を示す

サンプル番号12938、%組成

A
1 3
要素が見つかりません "BB"
スクエアスライド
JS
ナトリウム(Na)
-
3.510
16.304
アルミニウム(Al)
- 18.961 19.420
硫黄(S)
-
72.331
35.419
塩化物(Cl)
-
12.075
7.149
のCa - 7.120 9.435
銅(Cu) -
1.990
-
カルシウム(Ca) - 0.980 9.435
リン(P) - - 19.420
炭素は、C はい はい はい
酸素(O) はい はい はい
HDPEの、繊維 はい カーボン/シリカ ノー
融点、℃ 115 車は述べていません 車は述べていません
               

概要

識別された繊維、ゲル材料、ゲル状の材料にはない真核細胞との細胞の整合性がありませんでした。 繊維中に特定された材料が、未解決機能を持つ特定の構造を形成するように製造ナノテクノロジーであった。 EDSとラマンは人体の化学組成と一致しませんでしたあったり、繊維の化学組成は、彼らの人体(爪、毛髪、皮膚、神経など)のいずれかの一部だった。

ロ サンゼルス郡消防局、ロサンジェルスによって識別されるように特別な機能、CAの要員には、次の1アール)の皮膚は165度Fの上で溶けるややけど、2) 繊維を1400度Fで、または165 Fを上記溶融しない人体から度は、ヒトの細胞で作られていない、3)ヒト組織を分泌ゲルをせず、また、彼らは300℃(約600度F以上IE)上に溶かす ことが知られているヒト細胞組成のものでしょう。

サンプル12938-"BB"

標本は、EDSテストと炭素と酸素に存在を示しています。 他の要素は検出することが最小限になっていた。 標本は、ラマンテストでテストされており、別の化合物の痕跡を有する高密度ポリエチレン繊維(HDPE)であることが判明した。 他の化合物が同定されていない。 その融点は0.8 umの長さが115度Cである。

サンプル12938から1 "スクエアスライド"

標本は存在するカルシウムがなかった微量の銅と硫黄を大量に持っていた。 これは、ナトリウム、アルミニウム、塩化物を含んでいました。 これらはすべて、エジソン電池または鉛電池と同様の電池を作成するためのバッテリーや触媒として使用されています。 鉛電池タイプは使用している間エジソンセルタイプのバッテリーは、鉄、水酸化カリウム、酸化ニッケルを利用

酸化鉛、鉛、硫酸塩、硫酸水素塩をリードしています。 このサンプルでは、銅の点に注意してください。 黄銅鉱として知られている化合物は、CuFeS2は硫酸銅、酸化鉄、硫酸等を作成するために空気の過程で焙煎されています。 砂(二酸化ケイ素は、SiO2)が追加されたときに低融点が発生し、鉄ケイ酸塩を生成します。 銅はさまざまな段階で非常に酸化的であるが、それは4から5の水分子(硫酸銅の中に含まれているときに、その第二銅銅段階で青い色が得られる。5H2Oは、この固体の青色が水和のCu +2イオンによるものである周囲の正方形のプランナーの配置の5つの水分子4。

標本12938から3 "JS"

JSは以前のサンプルを提出した博士とヒルデガードStaninger博士とラヒムKarjooの毒性病理研究によって1400度F上記の融点との彼女のサンプルで同定された"Goldenhead"を持っていなかった。

ナトリウムは重要アルミニウム、リン、主として硫黄と存在しています。 塩化カルシウムと存在しています。 銅が存在していた間にカルシウムは、12938から1に存在していなかった。

硫黄は、この標本で35.419パーセントと試料番号12938から1( "スクエアスライド")で72.331パーセントであった。 遷移元素と他のハロゲンの全てが反応性であるか、または水にさらされたときに様々な価数段を確立する。 それは、建築材料のための彼らのリソースは、さまざまな繊維と他の人工ナノ生命体に発展させるための様々な活用としてバイオ地形を使用して、これらの要素は、彼らがであると信じられている。 それは、下等生物に対して毒性が強いので、それはブドウに池や菌類やカビ、藻類の増殖を抑制するために使用され第二銅イオンの任意の金額を注意することは非常に重要です。 ブドウやジャガイモを噴霧するために使用Bordeux混合物は、硫酸銅と石灰で作られています。

二 酸化炭素ガスを形成するために加熱すると分解して炭酸カルシウム(炭素と二重壁ナノチューブに作られている)、CaO3、CO2および酸化カルシウム(石 灰)は、CaO + 800℃の真空下F.の下で行われていない場合真空他の化合物は、メタン、酸素、二酸化炭素や水などからできる。 それは、すべてのサンプル(ケムトレイル、12938 - 、-1)でカルシウムと酸素を持つ任意のサンプルはもともと炭酸カルシウムと石灰であったかもしれないことに留意されたい。 銅、硫黄、カルシウム、酸素とサンプルは、Bordeux混合物としてではなく、ナノスケールレベルでの類似した化合物であったかもしれません。 これらの文は、いくつかのMorgellonの個人によって感じ燃焼ガラス針注射の受信データと歴史に基づいています。

今後の問題は、平衡状態でこれらのナノ材料を保っているものであろうと自分の人生の"正常な"下余命と"変化"の条件は何ですか。

博士ヒルデガードStaninger、リート川-1、主任、IHI、LLC部研究開発。 統合医療の産業毒物/ IH&ドクター


脚注:

1人造性質によって実行されるか、または自然には存在しないことを意味します。

=================

針状炭酸カルシウムをもとシリカナノチューブ:グルコースオキシダーゼ、工業工学のための作製と固定化。 ケム。 解像度、46(2)、459 -463、2007。 10.1021/ie060935 + S0888-5885(06)00935から3、
http://pubs.acs.org/cgi-bin/abstract.cgi/iecred/2007/46/i02/abs/ie060935+.html

Webリリース日:2006年12月15日、著作権©2006 American Chemical Societyの

=====================

Nanocylは9000シリーズデータシート、

高密度ポリエチレンナノ複合粉末
http://www.nanocyl.com/ecommerce/pdf/tech2.pdf



PROJECT FMM(繊維、隕石&モルジェロンズ)

ケムトレイルFALLOUT
フェーズII

主任研究員博士ヒルデガードStaninger、リート川-1
©2007年3月27日(土曜日)

統合的なヘルス·インターナショナル·エルエルシー
12235セントラリアストリート、レイクウッド、カリフォルニア90715
電話番号:562-402-7300ファックス:562-402-7308直通:213-382-2786
プロジェクト契約ラボ:AMDL株式会社は、ACS社は、マサチューセッツ工科大学(MIT)、ラムダソリューション株式会社

フェーズIIサンプル2007年1月8日から。
結果は2007年3月20日受賞
件名:研究室に納入不明サスペクト繊維の3つのサンプル。
視覚と顕微鏡検査及び被疑者の分光分析:の報告
繊維は、統合ヘルス·インターナショナル、LLCによって収集されます。


はじめに

フェーズIIは、未知の疑わしい繊維の第2バッチで構成されています研究室に送られた。 彼らは、微視的にそれらを学ぶ顕微鏡写真を取って、いくつかの物理的性質を決定するために、エネルギー分散分光法(EDS)による元素分析を実行するためには、それらを検討するよう求めていた。 彼らはまた、ナノファイバー、ナノチューブ、炭素-ケイ素ナノワイヤー、meteroritic粒子、モルジェロンズと炭素-ケイ素繊維など他の繊維のものとそれらの特性を比較します。

結果

1。 サンプルは、テキサス州内の個々によって収集3標本のコレクションだった。 これらの標本は、地域でケムトレイル噴霧した後、空から落ちていた。 標本は蜘蛛の巣のように空からストリーミングおよび個々の植物、草や裏庭に着陸した。 スティックは、標本を収集するために、個々で使用されていました。 彼らはその後、プラスチックジップロックの袋に入れて、将来の分析のために保存されていました。 FMM:これらの標本は、プロジェクトの下で分析のためIHI、LLCに提出された。 受け取った検体は3白い蜘蛛の巣や白綿菓子の塊のようであるように思われた。 PROJECTの第III相試験で報告された隕石繊維所見:FMM。

2。 これらの繊維のサンプルは以前に提出された繊維の一部が、我々はプライマリ基準図を呼び出しすることはありませんMorgellonの"Goldenhead"に似ています。 彼らは完全に発達していない)のどちらか1ですMorgellonの"Goldenhead"に似行う、2)廃棄されたりしている3)悪化。 ダウン/アップ曲がっている舌の"記憶"形状を有する標準的なシリコンベースのナノチューブ/線の形状とSEMの画像に注意してください(基準の位置に起因する)。

3。 天然の鉱物繊維が原因である可能性ナトリウム、アルミニウム、リン、カルシウム、硫黄、塩素、:3繊維試料のEDSデータは、6つの要素の存在を示している。 第III相試験におけるラマンによる更なるテストが、彼 ​​らはナノテクノロジー(人工構造物)であったを示しています。

4。 EDSデータは、炭素と全サンプルの存在する酸素を持っていません。 微量元素の合計の割合を識別することができるように、炭素と酸素が ​​合計パーセント組成から取り出した。 識別された要素は、過渡的な要素であった。 遷移元素は、その高い磁性と価電子の電荷のために知られている。 彼らは、電磁電池を作る際に使用されています。 (別の文書に記載されている電池の更なる議論。)

5。 13263から1サンプルはナノチューブ内に"Goldenhead"として知られている構造のようなプレMorgellonのアウトラインを持っています。 カルシウムの非常に高い量69.994パーセント、硫黄に注意してください。

1.517パーセント、塩素18.129パーセント、カリウム5.559パーセント、鉄4.801パーセント、およびNOシリカ。 3時位置にオオカミのように銃口の異なる機能を持つ"Goldenhead"の概要をメモします。 SEMは、20ミクロンの1500 xとスケールである。

6。 サンプル13263から2(無SEM写真)。 非常に高カリウム30.222パーセントの量、カルシウム12.905パーセント、鉄18.442パーセント、硫黄11.117パーセント、塩素21.567パーセントとシリカ5.767パーセントの点に注意してください。 サンプル13263から1に比べて、これらのEDSデータの一般的な質問は、カルシウムがナノチューブを作ることであり、従ってそれは周囲の地形によりバイオ分解するとき、それはカーボン-シリカナノワイヤーまたはシリカワイヤーが生成されます。

7。 サンプル13263から3(無SEM写真)。 鉄41.515パーセント、シリカ12.999、硫黄8.791パーセント、塩素16.403パーセント、カリウム13.406パーセントとカルシウム6.885パーセントと非常に高い量に注意してください。 サンプル13263から1に比べて、シリカの割合が12.999パーセントの上昇ならば、それ以上の定義された炭素-シリカ又はシリカワイヤーが形成されつつある。 鉄41.515パーセント、硫黄、塩化物、酸化鉄及びその他の経過酸化物/-OH電磁連続した電気細胞は一般的に"バッテリー"として知られているだろうが形成することができるを形成するために、酸素の存在下でカリウムの値が大きい。 高い開発プレモルジェロンズ"Goldenhead"はその後ナノチューブを必要としないでしょうが、特に皮膚の下に、自由に本体内で移動することができるであろう。 マーカスマイティによって書かれた論文では、ナノロボットのMechanocompatibility、機械工学とエネルギープロセス、カーボンで南イリノイ大学学科©2005年5月5日:

http://www.engr.siu.edu/mech/faculty/hippo/ME465SP05mightyPaper.doc )はっきりnanoroboticデバイスの問題は、彼らは皮膚を通過するときに、彼らは過度のあざができ、かゆみやその他の障害を引き起こすことであると述べている。 Nanorobotsは、他の組織や細胞だけではなく相互作用に耐える機械的にできなければなりませんが、他のnanorobotsは、本体内での相互作用。 医療監視で使用Nanorobotsはダイヤモンドとdiamonoids(3000℃〜ジルコニアジルコニアまたは液体の融点1500度Cの場合)で作られています。 体の周りの様々な職務を遂行するnanorobotsでは、これらのnanorobotsが体のさまざまな領域の周りに刺激を引き起こすかどうかを検討すべき理由があるだろう。 ナノロボットで発生する可能性がある一つの刺激が過度のかゆみです。 これは、耳や口(または他のオリフィス)のような分野を中心に発生する可能性があります。

8。 13263から1検体は36.167パーセントカーボンと51.501パーセントの酸素が ​​含まれていました。

13263から2検体は48.486パーセントカーボンと39.943パーセントの酸素が ​​含まれていました。

13263から3検体は47.267パーセントカーボンと47.139パーセントの酸素が ​​含まれていました。

カーボンはこれらの比率になっていると、酸素存在電磁細胞と遷移元素の存在で行われ、逆ミセル反応はヒト細胞と内部細胞外に存在する水(淡水)の相互作用により発生する可能性がある場合の注意セル(塩)水。 これは体内で一度これらの標本で発生している場合は、高導電率の値が観察されます。

合計

標本は、テキサス州内の個々によって収集され、IHI、LLCに提出された。 SEM画像は、ナノチューブ内の"Goldenhead"などMorgellon似ています。 これら3つの試験片は、ケムトレイル散布した後に落ちる繊維微粒子からのものであった。 個々のユニットとして各セクションが機能した場合、地表に一度、これらの材料は、ナノアレイとして分類される可能性があり、より小さな部分に分割されることがあります。 これらのナノ材料は、自己集合、複製し、拡大することができます。

博士ヒルデガードStaninger、リート川-1、主任研究プロジェクト:FMM
統合医療の産業毒物/ IH&ドクター

脚注:
1人造性質によって実行されるか、または自然には存在しないことを意味します。


テキサス被告、ケムトレイルの糞
夏、2006(ファイル上の細目)


L / N 13263から1

ファイバ1







L / N 2分の13263

ファイバ2






L / N 3分の13263

ファイバ3




"Goldenhead"
.. ..
PROJECT FMM(繊維、隕石&モルジェロンズ)

PHASE IIIA -モルジェロンズ繊維テストおよび比べ

主任研究員博士ヒルデガードStaninger、リート川-1
©2007年3月27日(土曜日)

統合的なヘルス·インターナショナル·エルエルシー
12235セントラリアストリート、レイクウッド、カリフォルニア90715
電話番号:562-402-7300ファックス:562-402-7308直通:213-382-2786
プロジェクト契約ラボ:AMDL株式会社は、ACS社は、マサチューセッツ工科大学(MIT)、ラムダソリューション株式会社

第3段階-月/ 2007年2月からサ ​​ンプル。
結果受付:2007年3月20日

件名:研究室に納入不明サスペクト繊維の14サンプル。
視覚と顕微鏡検査及び被疑者の分光分析:の報告
Morgellonファイバーは統合ヘルス·インターナショナル、LLCによって収集された。


はじめに

研究室では、個人における皮膚の問題(および他の健康上の問題)に関連付けられている容疑者Morgellon繊維の3番目のバッチを受け取った。 彼らはそれらを調べるように求めていた、いくつかの物理的性質を決定するために、エネルギー分散分光法(EDS)による元素分析を実行するために、顕微鏡写真を取り、顕微鏡でそれらを勉強しています。 我々は、サンプル13354から1&B、13354から4と​​13354から10を使用して、いくつかのテストを実行します。

検査室の職員はまた、モルジェロンズ"Goldenhead"、ナノファイバー、ナノチューブ、炭素-ケイ素ナノワイヤー、meteroritic粒子、ポリエチレン、ポリエステル繊維などの他の構造とそれらの特性を比較します。

結果

1。 FMMのレポート:14サンプルの大半は、フェーズIおよびフェーズIIプロジェクトで説明したように、以前に提出された繊維に似ています。

2。 顕微鏡写真の一部は、繊維が病理学で使用されているとSEMS 4,000×3Dレンズに見られるように基づいたナノテクノロジーであることを示唆している。

3。 サンプル13354から1これらのサンプルは、皮膚表面から取るし、サンプルBの13354から1。 平均的な試料サイズは8分の1インチ幅で2インチ長さだった。

これら二つの標本は互いに隣接させ、 "アンナ"からだった。

サンプル13354 1%の組成は、アルミニウム1.558パーセント、硫黄70.670パーセント、塩化21.086パーセント、カルシウム3.308パーセント、鉄3.378パーセントであった。 炭素と酸素が ​​存在したが、微量元素の濃度を決定するために外挿さ。 要素は、過渡的な要素であった。 フェーズIIのレポートを参照してください。

サンプル13354 1 Bパーセント組成はナトリウム0.959パーセント、シリカ8.352パーセント、硫黄11.219パーセント、塩化物6.568パーセント、カルシウム4.200パーセント、鉄3.635パーセント、亜鉛65.066パーセントであった。

1、我々は、亜鉛と硫黄が非常に高いことに注意してケムトレイル結果にこれらの結果を比較します。 1 B.これらの結果から、再びナノ構造体のようなMorgellon "Goldenhead"の様々な段階を確認-アルミニウムは硫黄とナトリウム/シリカは13354サンプルでの高亜鉛と存在していたサンプルで13354から1高いた間に存在していた。 いいえナノチューブによる低カルシウムレベルに認められなかった。 検体試料は、表面からのものであったと押されているので、長さは、身体の外に賢明これらの合計パーセント組成物は、様々なステージや、このナノテクノロジーの平均余命の反射重量基準である。

4。 サンプル13354 4 "リリー"から繊維と皮膚サンプルであった。 重量パーセント組成物は、ナトリウム4.276パーセント、シリカ3.595パーセント、硫黄4.088パーセント、塩化27.828パーセント、カリウム26.843パーセント、カルシウム16.494パーセント、鉄16.877パーセントであった。

"アンナ"には、このサンプルを比較する場合は比較はありません。 SEM像に示すような形状は、構造的な開発のさまざまな段階にある。 重量組成によって過渡的な要素の割合は非常に異なっている。 "アンナの"非常に高い硫黄と亜鉛のレベルを持っていた"リリーさん"とは、上記の10%のカルシウム、塩化物、カリウムの存在を持っています。 リリーさんは、アンナのは、高齢であった一方、新しく開発され、水平対垂直に彼女の皮膚から追放された。 "アンナの"は全くシリカを与えなかった"リリーさんの"は3.595パーセントのシリカを持っていた。

5。 サンプル13354 10 "リリー"から繊維と皮膚サンプルであった。 重量パーセント組成物は、ナトリウム3.133パーセント、シリカ0.889パーセント、リン8.142パーセント、硫黄29.393パーセント、カリウム12.909パーセント、カルシウム10.709パーセント、鉄17.492パーセントであった。 このサンプルでは、リンの少ないシリカ、カリウム、鉄、同様のレベルの存在感を示しています。 説 明は、炭素-シリカ又はシリカナノワイヤーはワイヤーをカバーすることができるコートという材料は、このようにEDSは試料やへnanorobotic組 立機械のための様々な建築材料を生産するバイオ地形に見られるものと異なる物質を貫通することができなかったことかもしれません彼らの設計タスクを実行し ます。

そ れが明記されなければならないケムトレイルサンプルで、アンナの、リリーさんとヤン·スミス(病理報告書及び4000から前のサンプル×3 Dの顕微鏡写真は、すべて同じ"Goldenhead"の形状をしている。使用される要素の分子ナノ組成物は、この構造体が持っていることを確認する個別 のスマート技術やその構造のための"メモリ"。これらの検体試料を用いて発現される主要米航空宇宙局(NASA)に設計されたメモリの泡と同じです。泡は 元の形状と形を維持していますので、このナノテクノロジーの元デザイナーが技術を設計特殊な構造的特徴を維持します。

シリカナノ舌管の明確なイメージがある正午10 -サンプル13354で注意してください。

6。 サンプル13354 7から髪のサンプルであった"リリー"。 博士Staningerはリリーの右脚の表面にDASワッサーを噴霧した後、皮膚の飛び出し"擬似髪"でサンプルを一人に沿って取った。 "擬似髪は" 1、2、3を数えることができる1未満で1/2インチの増加となりました。これらの標本の重要性は、実験によるコア毛髪分析した後、それが両方の試料は、ヒトまたは動物の毛ではなかったと判断したということです。

特定の植物からの構造体のようなフィラメントまたは髪が芯を持っていないながら、動物の毛は、コアを持っています。 コア径は、男性、女性、子供のために変化します。 試料は、ヒト、動物、または植物であるか否かを判断するこの方法は、フォレンジック分析パラメータの下で行われます。 これらの検体の分析は、これらの基準に行った。

7。 サンプル13354 13オレゴンから聖母によって提出された試料であった。 標本は、繊維を持っているように見えませんでしたが、クリーム色の顆粒剤で構成されていた。 これらの標本は、フェーズIII -で議論他人のどれにも一致しませんでした。

8。 アンナのサンプルの融点は13354 11 13354 10は198℃で融点はFと間違いなく人間の皮膚の融点以上の400度を超えているであった200℃とリリーの試料であった。 また、これは標本のこれらの2つのタイプの組成が類似しているが、ナノ構造開発のさまざまな段階にあるが確認されます。

総和

プロジェクトのフェーズⅢ:FMMははっきりMorgellonライク"Goldenhead"は外部と移行段階で、体内にさらされる可能性があること様々な段階を示した。 それは無視されている段階で、アクティブまたは分解することができます。 13354から13(オレゴンからレディー)を除くすべてのサンプルは、 "Goldenhead"のような他のすべての試料標本Morgellonにマッチした、またはプレ"Goldenhead。"

アンナとユリのサンプルは、人間の皮膚を焼いたり、溶融する温度よりも3(3)倍であった相対的な類似の融点を持っていた。 のSEMとEDSは、ナノテクノロジーを確認します。 なお、第2度は人間の皮膚に書き込むことに留意しなければならない165度であるFの両方のアンナさんとリリーさんの試料の融点は400度以上であったF.

定期的に、 "疑似"髪のリリーさんのサンプルは、非ヒトまたは動物の毛であると決定された。 両方の標本は"疑似"髪でした。 今後の研究では、平均余命やナノチューブ、ナノファイバー、人間、植物、および/ ​​またはそれらの環境に関連するものとして動物内ナノワイヤの劣化特性を決定する。 また、 "疑似"毛髪および/ ​​またはヒト、植物または動物内で見つかったナノ構造の一般的なプロパティの機構もnanoroboticマシンとして表現するようにしてもよい。 こ のパラグラフで議論生活形成にさらされるナノテクノロジーの包括的なバイオnanotoxicological効果に関するさらなる調査が彼らの mechanocompatabilityプロパティのですが、人体の際、急性、慢性および全身毒性効果のみならず、テストする必要があります。 フェーズI、II、III-A及びIII-Bで説明サンプルは人造ナノ材料から作られており、間違いなくナノテクノロジーアールアール。 疾患のモルジェロンズを持つ個人からのものであった標本は、自分の体の中で(ナノチューブ、ナノファイバー、ナノワイヤー、またはシリコンゲル/形状)ナノテクノロジーの様々な形態を持っている。 これらの材料は、現在のところ不明であるが、近い将来にはすべて理解されるであろう特定の目的と機能のために設計されました。


博士ヒルデガードStaninger、リート川-1、主任研究プロジェクト:FMM
統合医療の産業毒物/ IH&ドクター

脚注
1人造性質によって実行されるか、または自然には存在しないことを意味します。  



L / N 1分の13354

#1 'アンナ' - +皮膚が2007年1月18日に受信した繊維








L / N 13354/1.1

'ユリ' - #1.1 - 2007年1月18日









L / N 3分の13354

'ユリ' - #3 - 2007年1月18日






L / N 4分の13354

'ユリ' - #4 - 2007年1月18日








L / N 10分の13354

'ユリ' - #10 -01/18/2007











L / N 7分の13354

"リリー" 2007年1月11日から受信した定期的な髪型- #7 - 2007年1月18日






L / N 8分の13354

'ユリ' - #8 - 2007年1月18日







L / N 9分の13354

'ユリ' - #9 - 01/2007分の18







L / N 11分の13354

'アンナ' - #11 - 2007年1月18日







L / N 12分の13354

'アンナ' - #12 -左太ももから2007年1月23日サンプル




....



L / N 13分の13354

女性オレゴン- #13 - 2007年1月23日




示すテスト結果なしでサンプルの詳細については、分析をご参照ください。



フェーズIII Bラマン

PROJECT FMM(繊維、隕石&モルジェロンズ)
繊維および繊維隕石モルジェロンズ

主任研究員博士ヒルデガードStaninger、リート川-1
©2007年3月27日(土曜日)

統合的なヘルス·インターナショナル·エルエルシー
12235セントラリアストリート、レイクウッド、カリフォルニア90715
電話番号:562-402-7300ファックス:562-402-7308直通:213-382-2786
プロジェクト契約ラボ:AMDL株式会社は、ACS社は、マサチューセッツ工科大学(MIT)、ラムダソリューション株式会社

PHASE III-Bのサンプルは2006年9月を送った。
結果は2007年3月20日受賞


件名:L / N:12938標本のシリーズ。 これらはラマンテストです。

不明な繊維の2つのサンプルは、2つのソースから収集し、研究室に届けられました。
報告書:審査及び2人の容疑者のフーリエ変換ラマンスペクトル

Morgellonファイバーは統合ヘルス·インターナショナル、LLCによって送信されます。
方法:フーリエ変換ラマン分光法(FT-ラマン)。

はじめに

FMMレポート:容疑繊維の二つ同様の試料(№12938から1号及び第12938から7)は、以前に私は、プロジェクトフェーズで検討され、報告された。 本報告書では様々な研究室(ラムダソリューション株式会社とMITのウッズホール海洋研究所)は、それらの化学構造の詳細については、フーリエ変換ラマン分光法によって、これらの2つのサンプルを分析するであろう。 両繊維は容疑者であったモルジェロンズと材料(s)の同定を試みるためにラマン構造のグループのために検査されると思います。 Sample No. 12938-1 would be sent to Lambda Solutions, Inc. and Sample No. 12938-7 would be sent to MIT's Woods Hole Oceanographic Institution.

Sample No. 12938-1 is described in Phase I Report as being square slides with different particles. All specimens on slide appears to be similar but do not appear to be carbon-silicon fibers. Raman Test will confirm carbon-silicon or silica fibers. RI < 1.55 Dichroism: Negative.

Sample No. 12938-7 is described in Phase I Report as a container with fibers in rubber band and Labeled INC-7-19-06 PR FRESS. The sample is from a meteorite. Specimen was tested for melting point. No melting occurred but it darkened at 200 degrees with no dichroism.

結果

1。 Microscopically both fiber samples have head and body features resembling typical Morgellon fibers.

2。 The FT-Raman spectra provided by Lambda Solutions, Inc. (No. 12938-1) and MIT (No. 12938-7) have vibrations from aliphatics and aromatics. In addition, 3.5 % silicon was present in one area.

3。 The Raman spectra indicate the presence of an organic polymer but did not identify it.

4。 Lambda Solutions, Inc. gave a verbal opinion that the plastic may be a copolymer of a polyester and an aromatic.

LAMBDA Solutions, Inc. Specific Results

サンプル

Samples were received on Friday, March 9, 2007. The samples were fibers adhered by "tape" to the bottom of a glass slide and backed with white paper. In order to analyze the samples, the white paper was removed and the tape removed from the bottom of the glass. This was necessary so that the silica in the glass did not serve as an additional reflecting surface or to have the silica confound the analysis. The samples were flattened by adhering the tape and fibers to the non-glossy surface of Heavy Duty Reynolds Aluminum Foil.

Instrumentation:

Analysis was carried out with a Dimension-P2 785 Raman Spectrometer utilizing a Dimension-M1 micro Raman Adaptor mounted on a Nikon L150 microscope equipped with 10x and 50x Plan Fluor Epi Objectives. Video images were captured with a Luminara CCD mounted on the Nikon system. Illumination was by minimum light and laser beam. The sampling of the laser with the "head" and "fiber" of the fiber samples was performed.

The tape appeared to be Magic tape which is a form of Mylar polyester. No silicon was found from the tape on the specimen.

The specimen's results had different compounds at different areas of its structure.

1。 Head small amount of silicon present in head area of specimen, 3.5 % When compared to crystal silica the "head" had little or NO silica.

2。 Fiber- body adjacent to "head" showed polyester-like substances that did not match the Magic tape composition of Mylar polyester. Results suggestive of a co-polymer when Lambda Solutions, Inc. was contacted by primary laboratory.

3。 The "head" and 'fiber body" are composed of different materials.

MIT Woods Hole Oceanographic Institution

Raman Laser System used was a 532 nm (Nd YAG (green) laser and a 10X microscope objective with a power of approximately 20 mW which slightly melted the fiber head (top edge). The laser power was reduced to approximately 5 mW for all of the spectra obtained. Spectra was collected from the shaft (spectrum 03120004), the edge of the head (spectrum 03120005), and the middle of the head (spectrum 03120006). All of the spectra were dominated by fluorescence. (Attempts to collect spectra in other locations resulted in overwhelming fluorescence.)

1。 The Raman bands that were identified for Sample 12938-7 were:

* CC (aromatic ring chain vibrations)
* C=C vibrations
* Si-C vibrations
         
2。 No silicon was present.

3。 MIT could not make "guess" as to what the fiber is made of per staff.

SUMMATION

Raman Tests performed by Lambda Solutions, Inc. determined that the fiber from Sample No. 12938-1 was composed of silicon ("head") with little or no crystal silica present. The fiber ("body") was composed of a polyester material. This material may be a co-polymer. No fluorescence was stated for this sample. MITs Raman analysis utilizing a different laser determined Sample No. 12938-7 was dominated by fluorescence and was composed of aliphatic and aromatic compounds. It also determined that a vibrational rate for Si-C was present, which stands for silica carbide or silica-carbon. The fluorescence is from the fiber and not from another source. The fluorescence would be made of substances that fluorescence, which is very similar to the way something glows in the dark.

Sample 12938-7 was composed of fibers from a Meterorite. The fiber on the Meteorite did not match Sample 12938-1, which was from a Morgellon's. The fibers identified in Sample 12938-7 do match current nanotechnology that utilizes multilayer nanotubes that are made of plastic co-polymers and silica-carbon nanotubes. Sample 12938-7 results do not match the composition of a meteorite nor does a Meteorite fluorescence. The Meteorite sample appears to be contaminated by a person who has Morgellon's or has been exposed to nanotubes made of silica-carbon or nanotechnology.

Dr. Hildegarde Staninger, RIET-1, Principal Investigator PROJECT: FMM
Industrial Toxicologist/IH & Doctor of Integrative Medicine

脚注
1 Man-Made means materials not made by nature and not found in nature.

L/N 12938/1
L/N 12938/1 SEM Image Scanned at 30X
L/N 12938/7

1NC-7-19-06 PR FRESS

L/N 12938/7
FIBER FROM RUBBERBAND
( SEMS/EDS & GRAPHS WERE TOO DARK TO SCAN
LAB WILL PROVIDE BETTER COPY
AT A LATER DATE..AND WE WILL PROVIDE IT AT THAT TIME.)
See detail in Dr. Staninger's report above.
###

免責事項

http://translate.googleusercontent.com/translate_c?depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.com&sl=en&tl=ja&u=http://rense.com/morgphase/phase2_1.htm&usg=ALkJrhj5Z0mBrROEKdfhSxQu3eJNdyhCLA">Email This Article




MainPage
http://www.rense.com


translate.google.com/translate グーグルで翻訳したものを転載しました。

*この情報はケムトレイル・気象操作掲示板の「のりさん」2013/02/12 (Tue) 01:47:26によるものです。

・千早さん 『止めろよ原発!』 - みんなで歌おう 反原発ソング

モルゲロンズ病患者のブログ

関連記事
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の七十代♂、サバイバル中心です♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々
検索フォーム
リンク
飯山です