人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★中露関係は「離婚なき便宜的結婚」?

離婚なき便宜的結婚:鬱憤プンプーチンの腹の底 < newsNueq-1312 >より転載します。
貼り付け開始

  melma.com/backnumber_45206_6706602/ 
 宮崎正弘の国際ニュース・早読み
 7月9日(月曜日)通巻第5755号 
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 書評 しょひょう BOOKREVIEW 
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
 中露関係は「離婚なき便宜的結婚」と揶揄されて久しいが
 軍事技術をロシアからも盗む中国にプーチンは腹の底ではすえかねている。

  ♪
 廣瀬陽子『ロシアと中国、反米の戦略』(ちくま新書)
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 しばしフィンランドで研究生活をおくっていた廣瀬陽子・慶應義塾教授、
 二年ぶりの新作である。
 本来、氏の専門はカフカスとロシアである。

 中露関係は蜜月の『同盟』と評価され、欧米も西側各国も、日本も、
 両国のあぶなっかしい緊密ぶりを警戒している。
 とくに両国の軍事力向上のための協力関係は甚だしく危険とみている。
 しかし、なぜ。中国人を生理的に嫌うロシアが、
 中国と親密ぶりをアピールしなければならないのか、
 そのロシアの深層心理をえぐる、政治論文にして文化論となっているのが本書である。

 「欧米との対峙という側面では、中露関係は極めて緊密に見える。
 しかし、その実態もそれほど単純なものではないのが実情だ」とする廣瀬さんは、
 「それぞれ大国意識が強く、両者間には、勢力圏争いともとれる動きがしばしば見られる。
 ロシアが中国の勢力圏拡大およびロシアの勢力圏の侵害を警戒している」。

 第一は中国のBRI(一帯一路)への不快感である。
 中国はカネにあかせて、ずかずかとロシアの中庭に泥靴で侵入してきた。
 カザフスタンとウズベキスタンへ中国は異様な投資をおこなっているが、
 ロシアにとっては旧ソ連のメンバーであり、不愉快な事実である。
 中露関係は「離婚なき便宜的結婚」と揶揄されて久しいが、
 中央アジア諸国への中国の進出をプーチンは「『ロシアの影響圏侵害』」と
 認識しているうえ、すでに「許容範囲を超えたと考えている。
 しかし、今のロシアには中国に対抗する力はなく、
 黙認せざるを得ない状況にあると言えそうだ。
 旧ソ連地域に関しては、米国の進出や関係国の親欧米路線についてのみ、
 神経質に対応しているのが現状」(219P)というわけだ。

 第二にプーチンにとって「ソ連解体は二十世紀の地政学的惨事」と
 総括しているけれどもソ連帝国の再現は「無邪気な試み」として西側の脅威論を否定してきた。
 じつは2011年頃からロシアの中国警戒は高まりをみせていたのだ。
 ロシアは中国のシルクロードに対抗するために鉄道の「南北縦貫回廊」の建設を始めている。
 ロシアからイラン、アゼルバイジャンを結ぶ経済回廊であり、
 さらにパイプラインを、その先のジョージアからトルコへ敷設することで、
 プーチンとエルドアンは合意している。
 ロシアを中枢としてフィンランドまで結ぶと、
 「中国の『シルクロード鉄道』に代替しうる新しい欧州へのルートが生まれる」(85p)
 というのがプーチンの思惑である。
 しかしこのような経済的な投資は表面的なことに過ぎない。

 第三が軍事技術をめぐる攻防である。
 中国はアメリカからばかりか、ハイテク軍事技術をロシアからも盗む。
 この行儀の悪い中国にプーチンは腹の底ではすえかねている。
 ロシアが気を病むのは中国が軍事技術をロシアからも盗み出したうえに、
 その複製品、模造品兵器を大量に製造し、
 あろうことか、その模造品武器を輸出に回すという裏切り行為である。

 「中国側の通訳がロシアのS-300地対空ミサイルの機密文書を盗もうとしたとして、
 約一年前にロシア連邦保安庁に逮捕されていたことが突然発表された。
 プーチン訪中の直前」というタイミングを選んでいた。

 中国とロシアの間に武器輸出を巡って衝突が起きた。
 「中露間で結ばれた基本合意では、48機のスホイ35を
 40億ドルで売却することになっているが、
 その際に、ロシアは中国がリバースエンジニアリングによる
 機体のコピーを行わないように法的な拘束力を付加する」要求が
 中国によって蹴られ、交渉は纏まらなかった。
 なぜなら中国はロシアから輸入した戦闘機を殆どコピィし、
 最悪のダメージはスホイ27をコピィされたことだった。

 狡猾な中国は、ロシアを険悪となったウクライナの武器産業に接近し、
 ミサイルや戦闘機のエンジンを手に入れた。
 ウクライナは空母も中国に売却した。
 エンジンをつけたままだったが、
 中国はカジノホテルに転用するなどと詐ってポスボラス海峡を越え、
 えんえんと大連へ運んで、改装工事、中国初の空母『遼寧』を進水させた。

 問題は「艦載機」である。
 遼寧の艦載機は殲滅15(J―15)で
 「これは2004年に中国がウクライナから取得した
 ロシア戦闘機スホイ33の無許可コピーだ」ったのである。
 中国は独自の技術で開発、製造したと嘯いたが、だれも信用しない。

 「ロシアとのライセンス契約により、
 1998-2004年に105機が組み立てられたスホイ27―SK(殲11)には、
 当初、Al―31Fというロシア製航空機エンジンが装備されていたが、
 06年に中国の航空機製造持ち株会社が、
 それにかなり近い性能を持つエンジンの開発に成功した」
 ロシアの武器産業は甚大な損失被害を蒙り、中国に正式に抗議した(173P)

 そして前述の空母艦載機スホイ33のコピー機である。
 空母「遼寧」で発着鑑訓練をくりかえしているものの、成果は芳しくなく、
 年初来、着鑑に失敗したパイロットの死亡事故は、明らかになっているだけでも四名。
 かくして本書は、これまで殆ど語られることがなかった
 「離婚なき便宜的結婚」という、内実の薄い、打算だけの中露の絆に鋭いメスを入れた。



 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 中国のアフリカへの武器輸出は55%も増加していた
 ジェット戦闘機から対戦車砲、地対空ミサイルシステムまで

 *******************************

 NORINCO(中国兵器工業集団有限公司 )は
 国務院の管理、監督下にある兵器製造企業で、
 ピストル、機関銃など銃器をはじめ、装甲車、戦車、無人偵察機、
 そしてミサイル、水陸両用車、爆弾等の軍事物資、武器の巨大メーカーである。
 同時に民間向けにレーダー・光学製品、化学製品、爆発物も製造している。

 中国は「アフリカの角」の要衝にあるジブチに軍事基地を造成し、
 すでに6000名から7000名の中国人民解放軍の兵士駐屯が確認されている。
 港には、軍事基地に加えて「自由貿易加工区」を造成中で、
 巨額を投資しており、先週には起工式が執り行われた。

 目的は何か?
 表面的にはジブチを拠点にアデン湾の海賊退治、
 紅海ルートのシーレーン防衛が謳われている。
 また工業団地の目的はアフリカ諸国の経済開発協力だという。

 じつは、ジブチは中国の対アフリカ武器輸出の拠点でもある。
 2013年から17年にかけて、中国の武器輸出は55%増をみせ、
 アフリカ諸国の隅々にまで暮らしている中国人は軽く百万人を超えると推定されている。

 アフリカ全体の武器輸出シェアは中国が8・6%から17%に増やし、
 この分、シェアを失って狼狽しているのがロシア(32%減)だった。
 米国製武器は全体の11%を占めるが、高価なので、需要は強くとも、購買力のない国が多い。
 だから廉価の中国製武器に飛びつくというわけだ。

 NORINCO製造の最新型戦車はGL―5と言われるシステムで360度回転型。
 24両をタンザニアへ、30両をガーナに輸出した。

 JF17型ジェット戦闘機はナイジェリア、ザンビア、ジンバブエなどに。
 ミサイル・ランチャーはパキスタンとの合弁企業でからの輸出であり、
 合計100基を、スーダンと、コンゴに売却した。
 コンゴは中国の電気自動車の電池に必要なコバルトの産地、
 スーダンは中国の油田鉱区がある。
 南スーダンから700キロのパイプラインをポート・オブ・スーダンへ輸送し、
 一日20万バーレルの原油が中国に運ばれている。
 いずれも中国が裨益する拠点である。

 このほかに対戦車砲、弾薬、武装ヘリなど、地域の軍事バランスを構わずに売りつけ、
 ロシアは市場を荒らされた上、中国製の武器はロシアのコピーが多いため、
 北京政府に厳重な抗議を重ねてきた。
 この抗議により中国製のJ―20ジェット戦闘機の輸出は、行われていない。

      ◎◇◇み○□◎や▽◎◇ざ◎◎◇き◇◇◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


                                 nueq


貼り付け終わり、



*ニュークさん:珍しく、みやざきメルマガの順序を入れ替えただけのコメントなしですなw






関連記事
コメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
もうすぐ花の80歳 ♂、
朝が迎えられたことに感謝!
小便が出る事に感謝!
おまけの人生を楽しんでまーす(^^♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に、ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ウイルスは怖くない  (8)
子宮頸ガンワクチン&添加物 (56)
予防接種を拒否する方法 (2)
がん、ガン、癌、悪性腫瘍 (46)
ワクチン・ウイルス (57)
ミトコンドリア (0)
エボラ出血熱 (41)
多発性硬化症 (1)
ノロウイルス (8)
ソマチッド (7)
元素転換 (1)
抗生物質 (1)
ガンジタ (1)
口内炎 (1)
歯周病 (2)
毛染め (4)
甲状腺 (0)
ADHD (1)
自閉症 (4)
砂糖類 (2)
タバコ (2)
胆石 (1)
肺 (0)
死 (1)
不食 (1)
断食 (4)
美容 (2)
風邪 (1)
輸血 (2)
蜂毒 (13)
日本蜜蜂 (47)
蜂蜜の効用 (3)
月経は無いのが自然 (2)
更年期症状 (2)
母子手帳 (2)
細胞の脳 (1)
フッ素 (2)
漢方薬 (4)
静脈瘤 (1)
花粉症 (2)
ピロリ菌 (4)
重金属毒 (1)
玄米菜食 (2)
心臓疾患 (1)
生卵は駄目 (1)
多剤耐性菌 (7)
風味増強剤 (1)
キシリトール (1)
茶カテキン (2)
食品添加物 (2)
遺伝子組換え (21)
自己免疫疾患 (5)
トランス脂肪酸 (1)
アスパルテーム (3)
メープルシロップ (1)
認知症&ケトン体 (5)
リーキーガット症候群 (7)
分子栄養学三石理論 (74)
分子栄養学(三石理論)入門編 (27)
分子栄養学(三石理論)上級編 (109)
分子栄養学(三石理論)コラム編 (17)
三石理論:医学常識はウソだらけ (1)
分子栄養学(三石理論)栄養素編 (21)
分子栄養学(三石理論):マイコプラズマ肺炎 (4)
医療・薬剤の実体(まとめ・保存版) (53)
医療・薬剤の実体(放射線) (1)
病気はクスリで作られる (3)
医療・薬剤の実体(がん) (2)
医療・薬剤の実体 (885)
政治・経済・社会 (699)
文明800年周期 (1)
覚せい剤・麻薬 (11)
大麻 (17)
言論封殺 (0)
不正選挙 (14)
乳酸菌(豆乳ヨーグルト) (13)
グルンバ・乳酸菌軍団 (198)
飯山さん(日本仙人道) (0)
飯山一郎 保存版 (9)
飯山一郎さん (246)
乳酸菌同盟 (16)
乳酸菌 (25)
黄金の金玉団 (46)
nueqさん (171)
達人さん (12)
宝石 (111)
写真 (95)
宇宙 (87)
物理 (40)
数学 (3)
太陽系 (6)
電磁波 (61)
宇宙全史 (24)
リザムの宇宙 (36)
銀河ネットワーク情報 (9)
その木に成って55さん (55)
シドニーおちんさん (3)
写真&未来の変え方 (22)
シドニーおちんの地図のある旅 (12)
意識を集中すると何かが起こる (3841)
飯山さん『放射性セシウムの無害化』 (4)
放射線レベルを1/10に操作 (4)
不思議な茨城県北部地震 (4)
原発再稼動&新設反対 (198)
ガイガーカウンター (5)
モルジェロンズ病&ケムトレイル (14)
ケムトレイル観察紀行(写真) (32)
ケムトレイル・気象操作 (209)
ケムトレイル保存版 (18)
HAARP (28)
サバイバル(術編) (123)
放射能「ぶらぶら病」 (5)
放射能被曝による鼻血 (46)
ホルミシス効果(放射能) (1)
放射能からのサバイバル (305)
放射能からのサバイバル 保存版 (16)
分子栄養学(三石理論)放射性物質対策 (1)
サバイバル「三脈の法・眼脈の法」 (6)
八ッ場は毒ヒ素ダム (1)
シオンの議定書 (1)
お金の仕組み (11)
ネットは危険 (39)
日本国支配 (1)
大東亜戦争 (3)
ノーベル賞 (1)
STAP細胞 (145)
ビルゲイツ 軽井沢別荘 (1)
フルベッキ写真 (1)
老子「道徳経」 (4)
奥の院:保存版 (32)
奥の院 (35)
日月神示~奥の院 (1)
エンパス (1)
未分類 (268)
ケイ素・テラヘルツ波 (1)
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々
検索フォーム
リンク
飯山です