FC2ブログ

人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★「国」だと思っていたものは、皆「会社」だった!

世界を動かす3つの企業・・・をゴーストライポンさんちから転載します。
貼り付け開始


テーマ:


3 Corporations Run The World: City of London, Washington DC and Vatican City
https://worldtruth.tv/3-corporations-run-the-world-city-of-london-washington-dc-and-vatican-city/
worldtruth.tv/3-corporations-run-the-world-city-of-london-washington-dc-and-vatican-city/

これら3つのシティは、経済、軍事攻撃、権力者の霊的存在をコントロールしています。3つのシティは、実際には企業であり、シティ・オブ・ロンドン、コロンビア特別区、バチカン市国です。

彼らは、政治家、裁判所、教育機関、食糧供給、天然資源、外交政策、経済、メディア、そして世界の富の80%にあたる、ほとんどの国の資金の流れをコントロールしています。

彼らの究極の目標は、全体主義のルールをグローバルなスケールに築くことである。世界の人口を支配したい数に激減させた後で、彼らは、支配することを望む。

私たちが理解しなければならないことは、私たちが信じていることに従っていると、世界が機能しないということです。 我々は誤った情報に溺れている。

各都市の中心には、オベリスクと呼ばれる巨大な水晶形の石碑があります。

ロンドンオベリスク(別名クレオパトラのニードル):テムズ川のほとりに位置するこのオベリスクは、ロンドンに運ばれ、1878年にビクトリア女王の治世下に建てられました。





オベリスクはもともとエジプトの都市、またはヘリオポリス(太陽の都市)に立っていました。

テンプル騎士団の土地は、テムズ川のこの地域まで広がっていました。そこにはテンプル騎士団が、独自の港を持っていました。 オベリスクのいずれかの側はスフィンクスに囲まれ、より多くの象徴は、古代の世界にまでさかのぼります。

D.C.のオベリスクは、1848年にコロンビア特別区のフリーメーソン・グランド・ロッジの秘密の友愛関係によって、ジョージ・ワシントンに捧げられたワシントン記念碑として知られています。

彼らはまた、22のフリーメーソン記念石を寄贈しました。 250のフリーメーソン・ロッジは、テンプル騎士団と共に、ワシントン記念碑オベリスク建造に資金提供した。

バチカンオベリスク:聖ピーター広場に位置し、1586年にエジプトから現在の場所に移されました。

地面の円は女性の膣を表し、オベリスク自体は陰茎です。 これは一般にオカルト象徴主義として知られています。

ローマ帝国は、以下を貫いている:

1. CITY OF LONDON INC

シティ・オブ・ロンドンは、2000年前にローマ人がイギリスに到着し、テムズ川の取引所を始めたときに形成されました。

正確に1000年後、ウィリアム・ザ・コンキュータ(キング・ウィリアム3世)は、1694年にシティ・オブ・ロンドンに独立国としての地位を与え、彼を王として認識していれば、別の権利と特権を引き続き楽しむことができました。

エリザベス2世の血統は、ローマ帝国のシーザーの直系です!

成功したキング・ウィリアムは、新しい首都を建設し、それをウェストミンスターと名づけました。 王と市長で、数多くの対立がありました。

イギリス議会で通過した法律が、シティ・オブ・ロンドンには、適用されないというのは奇妙なことです。

ところが、シティ・オブ・ロンドンは、バチカンのような独立国家ではない。

今日のシティ・オブ・ロンドンは、1平方マイルです。ロンドンには、2つの別々の市役所があり、別々の市長を選出し、法を執行する別の警察に資金を提供するために、別々に税金を徴収する。

シティ・オブ・ロンドンは、独自の旗と紋章を持っていますが、ロンドン市はそうではありません。シティ・オブ・ロンドンの市長には、「The Right Honourable the Lord Mayor of London」 というなタイトルがあり、市長がスーツを着て金の馬車をギルドホールへ走らせる。




ロンドン市長には、ロードメイヤー・オブ・ロンドン(シティ・オブ・ロンドンの市長)の権威はありません。

ユニークなのは、シティ・オブ・ロンドンは企業として英国よりも古く、英国の議会にはシティの利益を保護するために存在する「ロンドン市会代表吏員(Remembrancer)」として知られる代表者がいることです。

The City of London houses

・ロスチャイルドが管理する「イングランド銀行」
・ロンドンのロイズ
・ロンドン証券取引所
・すべての英国銀行
・384の外国銀行の支店
・70のアメリカの銀行
・フリート・ストリートの新聞と出版の独占(英国ジャーナリズムの独占)
・世界的なフリーメーソンの本部
・「THE CROWN」として知られる世界的なマネーカルテルの本部

シティ・オブ・ロンドンは、Nathan Rothschildが、1812年に英国株式市場を倒し、イングランド銀行を支配した後、ロスチャイルド家系が所有する民間企業であるイングランド銀行によって支配されています。

女王は、シティ・オブ・ロンドンを「会社」と呼んでいますが、それは「クラウン(王冠)」(英国のロイヤリティを代表しない)として知られています。 バッキンガム宮殿はロンドンにありますが、シティ・オブ・ロンドンの中にはありません。シティはイングランドの一部ではありません。

シティ・オブ・ロンドンは、すべての市長、評議会、地域協議会、多国籍および多国籍国外銀行、法人、司法制度(旧ベイルリー、テンプルバー、ロンドンの王立裁判所を通じて)、IMF、世界銀行、バチカン銀行(N.M.Rothschild&Sons Londonイタリアの子会社Torloniaを通じて)、欧州中央銀行、米国連邦準備制度(個人所有であり、8つの英国支配株主によって秘密裏に管理されている)、スイスの国際決済銀行(英国でも管理され、自国を含む世界中の準備銀行のすべて)と欧州連合(EU)と国連機関を、直接的および間接的に管理しています。

クラウンは、世界的な金融システムを支配し、すべての連邦政府、および多くの非連邦の「西側」諸国(ギリシャのような)も運営しています。

クラウンをバックトレースすると、バチカンの法王につながる。(法王は、アメリカン・エクスプレスを所有している)

本質的にシティ・オブ・ロンドンは、「ワンワールド・アース・コーポレーション(One World Earth Corporation)」となり、私的に世界を所有しています。


2. WASHINGTON DC (DISTRICT OF COLOMBIA)

ワシントンDCは、米国の一部ではありません。 コロンビア特別区は10平方マイルにわたります。 DCには独自の旗があり、独自の憲法を持っています。 この憲法は、レックスフォーリ(Lex Fori)として知られる独裁的なローマ法の下で活動します。

DC憲法は、アメリカ憲法とは関係がありません。 議会が通した1871年の法律は、コロンビア特別区の米国企業政府(THE UNITED STATES & corporate government)として知られている独立した法人を創設しました。

したがって、DCは法律により法人として行動します。 ワシントンDC地区の旗には、3つの赤い星があります。(3つ星はDC、バチカンシティ、シティオブロンドンを表しています)



諸条約を見ると、米国が、英国のクラウン植民地であるかどうかの問題が提起される。

その根拠は、1606年に英国にアメリカ植民地権を与え、植民地化されたアメリカと、その国民に対する主権を、英国王/女王に与えたバージニアの最初の憲章に戻る。

植民地化されたアメリカは、ネイティブインディアンからアメリカを盗んだ後に作られました。 もしアメリカが英国国民によって植民地化されたならば、これらの人々は英国政府の被害者である。

これを否定するのは1783年の条約で、英国からの独立宣言であった。 しかし、この条約は、英国の王/女王が米国王子であることを示しています。

Bouvier's Law Dictionaryによれば「君主制の政府(monarchicial governments)」は、君主に永久の忠誠を誓うとある。この場合、植民地化されたアメリカ、英国人の被害者は、英国君主に永遠の忠誠を誓ったことになる。

その逆は、憲法の下で適用されます。憲法は国家政府を縛り、主権は、ネイティブと市民の両方にあります。

問題:1781年のヨークタウンの戦いで、アメリカの勝利が決定したのち、なぜ1783年に、英国が条約に署名する必要があったのだろうか?米国が戦争で勝利したなら、土地を譲り渡す英国君主を、必要とすべきではありません。しかも、彼を、神聖ローマ帝国の米国王子と、呼んでいるのはなぜでしょうか?

また、「エスクワイアEsquire」という用語の使用問題もあります。それは、再び王妃/陛下に忠誠を示している貴族の称号であり、米国を代表して署名したベンジャミン・フランクリン、ジョン・ジェイ・エスクワイア、ジョン・アダムスが、署名したときに、「エスクワイア[通例 Esq. で用いて] …殿,…様」という名前を使用すると、1783年の条約の有効性に関する問題が提起されます。

ジョン・ジェイは、1794年のイギリスとアメリカの条約にも署名した。米国が本当に「独立」していれば、パリ条約の13年後、なぜ米国は英国との条約に署名する必要があるのか。

さらに調査される必要があるのは、なぜそれが自由国家であるにもかかわらず、米国が引き続きシティに、税金を払い続けているのか?ということです。

英国と米国の間で締結された1794年の条約は、1783年の条約を交渉したジョン・ジェイ・エスクワイアが交渉した。

問題:1783年のパリ条約が米国独立であると宣言してから13年後に、なぜまた米国との条約に、署名する必要があるのですか? なぜ第6条と第12条には「独立した」アメリカへと、言葉が続くのでしょうか?

米国の歴史をさらに読むと、1811年に最初の国立銀行憲章を廃止した直後に、アメリカに起こったことは、すぐに4500の英国軍が到着し、ホワイトハウス、米国議会の各院、戦争庁、米国国務省が焼失、米国憲法の批准記録(12の米国の州が署名)が破棄された。それは、貴族または名誉の称号を受け取った者が、米国政府に奉仕することを止めることにあった。

1812年の戦争は3年間続いた。1815年ゲント条約の批准後、1816年に銀行憲章が再設立された。注:1810年に批准された第13改正案は、現在の米国憲法のコピーにはもはや存在しない。

1913年、連邦準備制度(FRB)は米国議会を通過、米国の金銀準備と米国経済の完全統制権を、ロスチャイルド銀行に引渡した。

米国が国家であるか法人であるかは一目瞭然で、米国大統領と公務員は、その企業のために働いている。アメリカ人のためではありません。

米国株式会社は、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドを所有する国と同じ国が所有しており、指導者はすべてクラウンの王国で、女王に奉仕しているように見えます。また、米国も、シティ・オブ・ロンドン、バチカン市国、ワシントンDCの、3シティの帝国に属するクラウンの植民地であり続けています。

米国大統領は、中央銀行家や多国籍企業にとっての看板に過ぎない。 - いずれも、世界金融システムの本拠地であるシティ・オブ・ロンドンの、上級フリーメーソン聖職者教会によって管理されています。


3. VATICAN CITY

バチカン市国は、イタリアやローマの一部ではありません。 バチカンは、ローマ帝国の、最後の真の生き残りです。 イスラエル共和国は、ローマの前哨基地とも言われています。

バチカンの財産には、英国、フランス、米国ロスチャイルドへの投資、石油・武器会社への投資も含まれています。

バチカンの数十億ドルは、ロスチャイルドが管理している「イングランド銀行(Bank of England)」と、米国連邦準備銀行(US Federal Reserve Bank)にあると言われています。

バチカンに所有されているお金は、銀行、企業、さらにはいくつかの政府よりも多い。あたえることを説くキリスト教が、なぜキリスト教徒の貧困対策に、そのお金を使わないのでしょうか?

バチカンの富は、何世紀にもわたって課税することによって蓄積され、一部の教皇は天国への切符を販売した。 今日、彼らは3rd millennium goalとしてアジア人の魂を収穫しています。

これら三位一体の3シティは、翼の下に様々な社会を持っています。そしてグループは、誰も自分たちの世界的な計画に逆らえないように、グローバルに配置されています...すべての暗殺が、何が起きているかを説明するでしょう。

ファビアン協会(ファビアン・ソサエティFabian Society)は、1887年に書かれたそのような存在であり、ファシズム、ナチズム、マルクス主義、共産主義が混在している。 これらの「イデオロギー」が、すべて同じ人によって設計されたと想像するのは、難しいことではありません。

ファビアン協会が、共産主義の中国を創造し、イタリアとドイツのファシズムを創造し、そして世界的に社会主義を創造していることを発見することは、驚くべきことではありません。

どのくらい人々が騙されているのか、ファビアン協会が、大英帝国の脱植民地政策策定に果たした役割についても説明しています。

新たに独立した国々を率いる看板を与えられた、英国で教育を受けたネイティブも、ファビアン協会のメンバーになっていたはずである。

ロシアの共産主義者買収も、シティ・オブ・ロンドンの銀行家が資金を提供する、英国ファビアン協会の仕事と言われています。

国際決済銀行(BIS)、国際通貨基金(IMF)、ローマクラブ、300人委員会、中央情報局(CIA)、外交問題評議会、三極委員会、ビルダーバーググループ、「連邦準備制度」、内国歳入庁(IRS)、ゴールドマン・サックス、イスラエルとイスラエルのロビー、バチカン市国、シティ・オブ・ロンドン、ブリュッセル、国連、イスラエルのモサド、そして アソシエイテッド・プレス(AP)は、すべてファビアン協会の一部であること、もちろん欧州連合(EU)も、コントロールしています。

注目すべき引用は、2001年のオーストラリアの上院議員Chris Schachtの発言。「ファビアンがCIA、KGB、MI5、ASIO(オーストラリアのセキュリティ情報機関)、IMF、世界銀行など多くの組織を引き継いでいることは、おそらく私たちは、気づいていなかったでしょう。」

このすべてから、「なにごとも、単独で起こりません」ということを、認識するべきです。 したがって、小さなイベントはすべて、世界を支配する一握りの人々によって設計され、起され、調整されています。


彼らには、責任があります:

1.地球温暖化/気候変動 – 環境破壊を起こし、ノーベル賞を授与することにより、彼らは、各国政府に対して行動を起こす権利を与える「グローバルな政府」のために国民の意識を作り出してきた。

国連アジェンダ21として知られている条項を、詳しく見てみると、人々が自分たちがしているすべてのことに対して、どのように許可を得る必要があるか - 言い換えれば、人々を支配するために使われている。

2.連邦準備制度(FRB) – ファビアン協会は、1913年に連邦準備制度法を制定し、米国経済を国際金融機関のカルテルに引き渡した。

3.ビッグファーマ(Big Pharma) – 第三世界を薬漬けにした責任。

4.地方自治体の制度 – 収益を生み出すシステムを増やすための、地方議会への移転と新しい概念の促進。 独立した主権国家政府を廃止することは、計画の範囲内です。

英国は、EUの1地域になっています。英国は、EUの法律が英国の法律よりも優先されることに気づき、疑問がある場合、なぜ女王と英国の党員が条約に署名し、権力を譲渡しているのかを尋ねる必要があります。

5.財産権の廃止 – 1974年ハビタット会議で、私有財産は、平和と環境と平等に対する脅威であると認識された。

「環境主義」を道具として使用することで、地球資源を引き継ぎ、中央当局(UN)の下に置き、支払いのためのライセンスを発行した。 国連を所有する人...同じ銀行家です。

1987年、世界荒野会議(World Wilderness Congress)は、同年に設立されたロスチャイルドの世界保全銀行(World Conservation Bank)によって開催されました。

世界銀行は、世界管理銀行 – 目的は、国立銀行を壊すことであり、資産も新しい銀行に転用されるため、通貨を2つまたは3つの主要な通貨グループに統合することが目的である。それらを「地球のドル(earth dollar)」と呼ばれる、新しい電子通貨に置き換える。

ニュージーランドは、その土地の34%以上を、国連遺産地域と保全公園に移しており、これらはすべて、同じ銀行家によって所有されることになります。

1992年、ブラジルにおける環境と開発に関する国連会議は、ソ連を分裂させたミハイル・ゴルバチョフと、ロスチャイルドのロンドンの代理人モーリス・ストロングが議長を務めた。

アジェンダ21のトピックは、動物、魚、植物、樹木、森林より、優れた権利を人間に与えた。

6.愛国者法、人権法案、欧州連合憲法、安全保障と繁栄パートナーシップはすべて、少数の手に支配されるように操作されている。

彼らの計画は、ビルダーバーググループ(Bilderberg Group)を通じて毎年計画されています。彼らの代理店は、政府の政策を支える多くのシンクタンクを運営しています。実際に、世界を動かしている銀行家たち。

このように、世界を運営する13の銀行家が、世界の中央銀行を支配し、金銭を印刷し、貸し付け利子を取る、国家債務が減少することはない。

経済危機、石油危機(単なる価格上昇)、アラブの春は、すべて戦争として製造されています。 すべての戦争と銀行家が戦うという言葉があります。 コントロールが、モンサントとGMOの下に置かれようとしているので、食糧が危険です。

モンサントは、エージェントオレンジ(Agent Orange)を導入した会社と同じです。国連の国際食品規格(食品法典)と、その危険性を読む価値がある。

source:
wakingtimesmedia.com


第二部と言ったところか。
補足として、オベリスクと馬車の画像を文中に追加しておきました。

第一部↓


ピラミッドのトップ:ロスチャイルド、バチカン、英国女王が世界を支配している
http://ameblo.jp/ghostripon/entry-12242104561.html


相変わらずの黒さです(笑)
オベリスク泥棒(笑)
仏像盗んでいるのと大差ない。
偽装の手口が、見えてきたような気がする、今日この頃です。

「歴史は、詐欺師が書く」のである。


平等、公平な社会に、頭一つ抜け出している王(血族)は、必要ないと思いますね。



---------追記---------

原文が、ミスっているのか↓(想定外)

There is a saying that all wars and bankers wars.
There is a saying that All Wars Are Bankers' Wars.
「すべての戦争は、銀行家との戦争である」という言葉があります。

米国の年表も1783年の13年後が、1794年となっています。
大したミスではないが・・・

多国籍→国外銀行のミスも修正。(翻訳ミス)
他にもミスはあると思うが、脳内翻訳でお願いしますよ~


貼り付け終わり、 m(_ _)m



source:
wakingtimesmedia.com/


あなたが「政府」と思っているものは、あれは皆「会社」「私企業」だった!
 http://insidejobjp.blogspot.com/2012/05/blog-post_6693.html


*日本の財務省が「財政の健全化」、「PB」で黒字化を叫ぶ=増税に必死なのは「会社」だからだったのですね!
・日本国株式会社は「会社法」上の営利法人として、営利的行為を行っているのでせうねw


・国家は会社にしては如何ぜよ!  
・国民に奉仕=赤字が健全なしるし、その為の国債は国民で消化しましょうねw







関連記事
コメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
もうすぐ花の80歳 ♂、
朝が迎えられたことに感謝!
小便が出る事に感謝!
おまけの人生を楽しんでまーす(^^♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に、ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ウイルスは怖くない  (8)
ソマチッド・ケイ素・テラヘルツ鉱石 (15)
子宮頸ガンワクチン&添加物 (56)
予防接種を拒否する方法 (2)
がん、ガン、癌、悪性腫瘍 (46)
ワクチン・ウイルス (58)
ミトコンドリア (0)
エボラ出血熱 (41)
多発性硬化症 (1)
ノロウイルス (8)
元素転換 (1)
抗生物質 (1)
ガンジタ (1)
口内炎 (1)
歯周病 (2)
毛染め (4)
甲状腺 (0)
ADHD (1)
自閉症 (4)
砂糖類 (3)
タバコ (2)
胆石 (1)
肺 (0)
死 (1)
不食 (1)
断食 (4)
美容 (2)
風邪 (1)
輸血 (2)
蜂毒 (13)
日本蜜蜂 (47)
蜂蜜の効用 (3)
月経は無いのが自然 (2)
更年期症状 (2)
母子手帳 (2)
細胞の脳 (1)
フッ素 (4)
漢方薬 (4)
静脈瘤 (1)
花粉症 (2)
ピロリ菌 (4)
重金属毒 (1)
玄米菜食 (2)
心臓疾患 (1)
生卵は駄目 (1)
多剤耐性菌 (7)
風味増強剤 (1)
キシリトール (1)
茶カテキン (2)
食品添加物 (2)
遺伝子組換え (21)
自己免疫疾患 (5)
トランス脂肪酸 (1)
アスパルテーム (3)
メープルシロップ (1)
認知症&ケトン体 (6)
リーキーガット症候群 (8)
分子栄養学三石理論 (75)
分子栄養学(三石理論)入門編 (27)
分子栄養学(三石理論)上級編 (109)
分子栄養学(三石理論)コラム編 (17)
三石理論:医学常識はウソだらけ (1)
分子栄養学(三石理論)栄養素編 (21)
分子栄養学(三石理論):マイコプラズマ肺炎 (4)
医療・薬剤の実体(まとめ・保存版) (53)
医療・薬剤の実体(放射線) (1)
病気はクスリで作られる (3)
医療・薬剤の実体(がん) (2)
医療・薬剤の実体 (885)
政治・経済・社会 (699)
文明800年周期 (1)
覚せい剤・麻薬 (11)
大麻 (17)
言論封殺 (0)
不正選挙 (14)
乳酸菌(豆乳ヨーグルト) (13)
グルンバ・乳酸菌軍団 (198)
飯山さん(日本仙人道) (0)
飯山一郎 保存版 (9)
飯山一郎さん (246)
乳酸菌同盟 (16)
乳酸菌 (25)
黄金の金玉団 (46)
nueqさん (171)
達人さん (12)
宝石 (111)
写真 (95)
宇宙 (87)
物理 (40)
数学 (3)
太陽系 (6)
電磁波 (61)
宇宙全史 (24)
リザムの宇宙 (36)
銀河ネットワーク情報 (9)
その木に成って55さん (55)
シドニーおちんさん (3)
写真&未来の変え方 (22)
シドニーおちんの地図のある旅 (12)
意識を集中すると何かが起こる (3842)
飯山さん『放射性セシウムの無害化』 (4)
放射線レベルを1/10に操作 (4)
不思議な茨城県北部地震 (4)
原発再稼動&新設反対 (198)
ガイガーカウンター (5)
モルジェロンズ病&ケムトレイル (14)
ケムトレイル観察紀行(写真) (32)
ケムトレイル・気象操作 (213)
ケムトレイル保存版 (22)
HAARP (28)
サバイバル(術編) (125)
放射能「ぶらぶら病」 (5)
放射能被曝による鼻血 (46)
ホルミシス効果(放射能) (1)
放射能からのサバイバル (305)
放射能からのサバイバル 保存版 (16)
分子栄養学(三石理論)放射性物質対策 (1)
サバイバル「三脈の法・眼脈の法」 (6)
八ッ場は毒ヒ素ダム (1)
シオンの議定書 (1)
お金の仕組み (11)
ネットは危険 (39)
日本国支配 (1)
大東亜戦争 (3)
ノーベル賞 (1)
STAP細胞 (145)
ビルゲイツ 軽井沢別荘 (1)
フルベッキ写真 (1)
老子「道徳経」 (4)
奥の院:保存版 (32)
奥の院 (34)
バランサー:工作員 (7)
日月神示~奥の院 (2)
ケイ素・テラヘルツ波 (0)
エンパス (1)
未分類 (459)
歯 (1)
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々
検索フォーム
リンク
飯山です