人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★分子栄養学(三石理論): アミノ酸の特性と効用

2017_04040036.jpg
↑ ケムトレイルと夕陽(浅間山方面を望む)

www.megv.co.jp/メグビーさんちから転載しますm(_ _)m、 貼り付け開始

A 摂取タンパクと細胞

食品のタンパク質が消化・吸収されると、血中のアミノ酸組成が変化します。

アミノ酸の変化は、細胞の遺伝子発現に影響し、異なるアミノ酸組成をもつ食品では、多様な変化が生じてくるというのです。

動物の成長を制御する遺伝子はグループで応答し、インシュリン様成長因子(IGF-1)の遺伝子や、コラーゲン遺伝子などは、タンパク質栄養の不足で明らかに発現が低下しました。

肝臓では、食事タンパク質に応答する遺伝子が多く、比較して筋肉では少ないこともわかりました。

ダイズタンパク質を用いたラットの実験では抗酸化系遺伝子の発現上昇や、コレステロールの合成・異化にかかわる遺伝子の発現上昇などが報告されています。

右上図は摂取したタンパク質が細胞に影響を与える経路を示すものですが、その効果は時間的に速いものは少ない傾向があり、時間経過によって増加します。

B ペプチド栄養


タンパク質の分解の途中で、アミノ酸が2個以上つながったペプチドが生じます。

ペプチドはタンパク質中では不活性ですが、消化や食品加工によって生じたものが、いろいろの生理機能を発揮する場合のあることがわかってきて、機能性ペプチドとよばれるようになっています。

これまでに発見されている機能性ペプチドには、血圧の調整やコレステロール代謝の改善や精神的ストレスの緩和や食欲の調節から学習促進作用といった神経系へのはたらきかけをもつものなどがあります。

C アミノ酸の役割


タンパク質から得られるアミノ酸は、遺伝情報を担う分子のDNAやRNAを構成する核酸塩基(プリン塩基・ピリミジン塩基)の原料になっており、生命の基本である遺伝のしくみにおいて、体タンパク合成の材料となることとあわせて、もっとも重要な役割をもつ物質といって過言ではありません。

細胞が生きてゆくためのエネルギー産生をはじめとする代謝の進行を司どる酵素や、情報伝達物質のホルモン(アミン型ホルモン ペプチド型ホルモン)、生体防衛に欠かせない免疫抗体などの、さまざまな生命活動の担い手になっています。

多細胞体の骨格や組織の形成での構造タンパク質や、運動にとっての収縮タンパク質が個体をつくり維持します。外界との境界である皮膚の役割にもアミノ酸がはたらいています。

アミノ酸の生化学



A 酸性と塩基性


アミノ酸は、名称の酸という字が示すように水溶液中ではカルボキシ基が電離して水素イオンを出しており酸性になります。

カルボキシ基を二つもっているアスパラギン酸とグルタミン酸はとくに酸性度が高くなります。

カルボキシ基はヒドロキシ基(-OH)と脱水結合してエステル結合をつくります。

アミノ基には窒素があります。窒素はマイナスの電気を帯びていて、水素イオンをひきつけようとするのでアルカリ性(塩基性)であり、アミノ酸には酸性と塩基性の両方があることになります。そこで両性電解質といわれています。アルギニン、リジン、ヒスチジンはアミノ基を二つ以上もっているので塩基性です。

酸・アルカリの度合を示す数値が、水素イオン濃度指数(pH)です。

各アミノ酸の性質には、親水性と疎水性もあり、タンパク質の立体構造において、疎水性のロイシンやフェニルアラニンなどが外側に配置し、水分子と作用しないようになっています。

アミノ酸の化学的性質が、タンパク質をはじめとする物質の機能でのさまざまな役割を可能にしています。

B 動的平衡


ロイシンの窒素に重窒素という目印をつけてネズミに与える実験をし、体内での動きを観察して、タンパク質の分解と合成について“動的平衡”という考え方を確立したのは、米国コロンビア大学のルドルフ・シェーンハイマーでした。

通常の餌で育てられて成熟したネズミに、印をつけたロイシンを3日間与えたのち、すべての臓器・組織や排泄物までを調べたのです。そして排出された目印のついたロイシンは投与量の27.4%で、半分以上(56.5%)は、肝臓、腎臓、脾臓、腸などの臓器や血液のタンパク質に組みこまれていることを発見したのでした。

目印アミノ酸が体タンパクで入れかわっていたのです。その間にネズミの体重は変化していないので、アミノ酸の入れかわりは、新しいタンパク質の合成量と同じ量の体タンパクが分解し体外へ捨てられ、その速度は同じだったことになります。

体内においてタンパク質という生命分子が変性し損傷するために生じるリスクを避けるために、絶えず再構築するという営みが「動的平衡」でした。(参考図書『生物と無生物のあいだ』福岡伸一著)

MEMO

 電離:分子やイオンが、それを構成している原子、原子団、イオンなどに分かれる現象をまとめて解離という。そのなかでとくにイオンへの解離を電離またはイオン解離という。イオンは電荷をもつ粒子で、正電荷を帯びたものが陽イオン、負電荷を帯びたものは陰イオン。

C 非タンパク構成アミノ酸


生体内には存在するが、ペプチド結合によってタンパク質に組みこまれていないアミノ酸としてオルニチン、タウリン、ギャバ、テアニンなどがあります。

成長ホルモンの分泌作用をもつアミノ酸として知られ、有毒なアンモニアを尿素に変換する代謝によって、血中アンモニアを低下させるはたらきをもつのがオルニチンで、含有量の多い食品はシジミです。オルニチンは、解毒という肝臓機能にとって重要なアミノ酸です。

タウリンは、肝臓でコレステロールから生成する胆汁酸と結びついて抱合胆汁酸となり、脂肪の消化・吸収を助けます。

テアニンは緑茶に含まれており、ガン細胞の浸潤を抑制するといわれています。

D アミノ酸と生理活性物質


核酸塩基の合成に直接かかわるアミノ酸には、グリシン、グルタミン、アスパラギン酸があります。グルタミンは核酸塩基合成の窒素源(1分子中に二つの窒素をもっている)として重要であり、可欠(非必須)アミノ酸ですが、細胞増殖促進作用で知られています。

ヒトの体内で合成されるので、必ず摂取する必要はないとされる可欠アミノ酸ですが、摂取量が十分でないとき体内合成されるので、食品から摂取されれば代謝的に節約になります。

アルギニンとNO(一酸化窒素)、チロシンからカテコールアミンやメラトニン、リジンからカルニチン、トリプトファンからニコチン酸やセロトニン、ヒスチジンからヒスタミン、グリシンからポルフィリン(ヘムなど)、グルタミン酸、グリシン、システインがグルタチオンなど、さまざまな生理活性物質の原料としても用いられているので、必須と非必須とを問わずその有用性を考えなければなりません。

アミノ酸の栄養学



A アミノ酸スコア

右図は「桶の理論」といい、食品中の必須(不可欠)アミノ酸の割合によりタンパク質としての栄養価が決まるという考え方を示しています。図の例ではリジンの含有量によって、栄養価を決めることになります。

多くの食品について個々の必須アミノ酸含量を測定し、全卵と比較し、もっとも足りないアミノ酸(制限アミノ酸という)の不足の割合と、その食品の生物価とが相関する度合が高いことがわかって、次のような式によって栄養(アミノ酸スコア)価を計算するようになりました。

 アミノ酸スコア= タンパク質A(1g)中の制限アミノ酸a(mg)/必要量パターン中のアミノ酸a(mg)×100

この式の必要量パターンは、「評点パターン」ともいわれ、FAO(国際食糧農業機関)と、WHO(世界保健機構)およびUNU(国連大学)による合同委員会の協議で決めて報告したものです。 鶏卵や乳製品や肉類はアミノ酸スコアの高い食品です。

必須アミノ酸の必要量は、年代による変化があるので、加齢によって同じ食品でもアミノ酸スコアが上昇しますが、安全性を考慮してもっとも高い乳児の必要量パターンを他の年代においても適用しています。

B アミノ酸と酵素のリン酸化


細胞内のタンパク質は、その約10%以上がリン酸化されています。

構成アミノ酸のなかで、チロンやセリンやスレオニンなどの分子内の水酸基が、生体エネルギー分子ATPからリン酸を受けとり修飾される反応をリン酸化といいます(上図)。

この反応をすすめる酵素はキナーゼという名で、反応にはMgイオンなどの金属イオンが必要です。

代謝の調節には、酵素のリン酸化、脱リン酸化が多く使われており、リン酸を付加されたアミノ酸が活性化します。

C アミノ酸とビタミン


酵素はタンパク質ですが、アポ酵素といわれるタンパク質の部分のほかに、補酵素または助酵素とよばれる補助的な協同因子を結合して、はじめて活性を発揮するものがあります。両者が結合した複合体はホロ酵素といいます。

補酵素には、結合力の強いものも弱いものもありますが、物質代謝に不可欠で、ビタミンや金属がその主要部分を構成しています。

補酵素には、NAD、NADP、FAD、ピリドキサールリン酸、CoAなどがあり、それぞれにビタミンが組みこまれています。

NAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)が還元されてNADHとなり、酸化される元へもどります。NADH-NADシステムは細胞内の非常に多くの酸化還元反応で使われており、その比は反応を介して代謝全体に大きな影響を及ぼします。

FAD(フラビンアデニンジヌクレオチド)はビタミンB2の補酵素型で、糖-アミノ酸-脂肪酸の代謝やエネルギー代謝の酸化的リン酸化など広い範囲で重要なはたらきをしています。

アミノ酸代謝ではPLP(ピリドキサールリン酸)とPMP(ピリドキサミンリン酸)というビタミンB6の補酵素型が多くの酵素の協同因子です。

アミノ酸の合成と分解の反応において、各アミノ酸はアミノ基をお互いに移します。このアミノ基転移反応は、アミノ酸代謝のはじまりの段階において重要で、これをすすめる酵素はビタミンB6補酵素を必要としています。

ビタミンB12の補酵素型ではアデノシルコバラミンとメチルコバラミンで、葉酸補酵素の合成や分枝アミノ酸と奇数鎖脂肪酸の代謝にはたらいています。

葉酸の補酵素型はテトラヒドロ葉酸で、核酸塩基の合成やホモシステインの消去を担っています。

パントテン酸は、CoA(コエンザイムA)の構成要素であり、糖新生などではたらく酵素にはビオチンが、血液凝固や骨形成でのタンパク質のグラ化反応ではビタミンKが補酵素です。

生活のなかのアミノ酸



A 味覚とアミノ酸


1866年にコムギタンパク質のグルテンの加水分解物からとり出されたので、グルタミン酸と命名されたアミノ酸は、20世紀のはじめ東京大学の池田菊苗教授によって、5番目の基本味である“うま味”の物質として提唱され、「味の素」が売り出されて以来、アミノ酸工業として発展しました。

味覚には、甘味、塩味、酸味、苦味の四つがあるとされていましたが、1985年の「うま味国際シンポジウム」においてうま味という用語が国際的に認められたのでした。

味の素発見の数年後に、カツオ節のうま味成分としてイノシン酸が、1957年になってシイタケのうま味成分のグアニル酸がとり出されました。イノシン酸やグアニル酸は広義のアミノ酸とされています。

アミノ酸には、それぞれの味があり、甘味を呈するグリシンやアラニン、苦い味のメチオニンやチロシン、アルギニンという具合であり、いろいろの食品の風味やおいしさは、アミノ酸成分の組み合わせがつくり出しています。

うま味物質の受容体は消化管にもあることがわかっています。ラットの胃の内臓感覚ではグルコースや食塩には応答せず、グルタミン酸だけに反応するというのです。

うま味は食物の摂取だけでなく、消化機能にもかかわっていると考えられています。グルメ嗜好の根拠のひとつといえましょう。

B 皮膚の保湿性


皮膚は角層構造を積み重ねて、細胞の間は細胞間脂質で埋めてつないでいます。 角層は体内の水分を透過しにくくする構造につくられていて、水分を保持しています。

角層にはヒアルロン酸やケラチンなどの親水性の物質があり水分子を抱えこんでいます。

細胞間脂質のセラミドやコレステロールや脂肪酸は、それを流さないように作用します。

細胞間脂質は天然保湿因子(NMF)とよばれ、角層重量の15%ほどを占めており、これが不足すると、いわゆる肌アレ(乾皮症)の状態になります。

角層の水分が保たれず乾燥していると、角化のスピードがはやまり、バリア機能が低下します。かゆみやアレルギーの原因となる抗体がはいりこみ感染を生じやすくなります。

NMFのアミノ酸のほとんどはタンパク質構成アミノ酸で(右図)、表皮細胞の分解により供給されます。

老人性乾皮症やアトピー性乾皮症では水溶性アミノ酸含有量が低下しており、親水性の高いヒアルロン酸やグリセリンなどとNMFを組みあわせた外用薬が開発されています。


貼り付け終わります。

メグビー社は分子栄養学に基づく栄養補完食品を製造販売する唯一の会社です。


*福一モクモク放射能~放出され続けた放射性物質の超微粒子(ホットパーティクル)を吸い込み続けて早や丸6年、セシウムは心臓に溜まり易く、心筋を傷つけます。最近、心臓病死が多いのは放射能セシウムによる被曝の為です。とは、医師も政府も絶対に云いません。

・体内からセシウム を排出する過程で腎臓が関与するため腎臓にも溜まりやすく、高い濃度に達し、深刻な内部被曝を起こします。

・今季はインフルエンザで逝く方が異様に多いが、これも福一の放射能による内部被曝による免疫力の衰えのせいでしょう・・・

原発推進派はセシウム133、135に気付いてほしくない

*今現在の喫緊の課題は福一モクモク再臨界中で、休みなく放射能が舞い落ちていることです。↓
★分子栄養学(三石理論)による放射性物質対策


・ストロンチウムはカルシウムと似ているので、カルシウム(タンパク質も)が不足していると、に吸収されます。骨に居座ったストちゃんがベータ線を放出し続けるので、深刻な内部被曝が起こります=活性酸素対策が重要となります。

*サバイバル「健康自主管理」に最適なのが、「分子栄養学(三石理論)」です。
・理論が確立されているので(他の方法:理論は後付けです)、それに基づいて、自分自身で栄養補完をするだけで、病気予防&治療が出来るからです~どんなに良い方法でも、自分自身で実践出来なければサバイバルには使えません。

メグビーなら、お医者さんの手を煩わすことなく、自分自身で(食事の際に栄養補完物質を摂取するだけ)で予防&治病が出来ます。しかも、安心、安全なのが嬉しい限りで、欠点は懐が寒くなることだけですw

病気を治したい方、懐に余裕がある方は「メグビー」製品で、普段使いには「DHC」でと(水溶性のビタミン類はDHCで可)、使い分けするのも良いでしょう。

・タマいちは両方を愛用しています~30年近くになりますが不都合な点は何も起こっていません。

・分子栄養学(三石理論)に於ける「無機栄養素」の活用認識は一般常識の範囲内です。ソマチッド等の非公認論について踏み込む事は有りません。が、おいらは免疫力UP=ソマチッドの活性⇒ミネラル「ケイ素」との認識の元で「有機ケイ素」の積極利用をしています。

・こうして栄養の補完が出来ていれば「食品添加物」も「放射能」も平気で乗り越えられ、ピンピンコロリと逝けるでしょう(^^♪


■「メグビー
TEL: 03-3265-0314 (受付時間 9:00~17:00)
FAX: 03-3265-0319

■「メグビー」健康相談
専門カウンセラーがあなたの健康管理のお手伝いをします。
健康相談はこちら

■「メグビー」メールでのお問い合わせ
お問い合わせはこちら


*メグビーを推奨していますが、メグビーさんからは一銭も貰っていません。
・他人の手を借りず、特別な修行も要せず、苦しく危険な断食もせず、食事を楽しんで(砂糖大好き)、自分自身で結果を出せるものは「分子栄養学(三石理論)」⇒「メグビー製品」による栄養補完がベストです。
・んで、おいら自身のサバイバル知識UPの為にメグビーさんから許可を得て、メモっているだけです。


*「(株)メグビー」は世間一般の健康食品会社とは出発点が違います(飯山さんサイトぽんぽこ笑店の ネット販売商品群と似たものが有りますw)。三石理論を実践する為の安心安全な栄養補完食品を提供し、愛用者対談に 登場される方々と一体になって作り上げ られて来たと考察していますので、その方の実践方法を聞くこと=ノウハウを知ることは、またとない有益な機会と考えています。


株式会社メグビー 代表取締役笹木多恵子
メ グビーは父三石巌が自分の理論に基づいた自分の理想とする製品を造りたいという夢が叶って1982年に誕生しました。 私は三石巌の長女として父の遺志を継ぎ、信頼され安心してお飲みいただける製品を皆様に提供してまいりました。 現在では健康に関する食品を扱う会社が数多くありますが、同業他社とは根本的に違うのは、父の哲学と三石理論があって成り立つ製品群であり、メグビーであ る点です・・・

原点と発展ー分子栄養学に基づく史上最高のサプリメント

『分子栄養学』今ではごく普通に耳にされる言葉だと思います。この『分子栄養学』、実はメグビーの設立者である三石巌が提唱した栄養学理論なのです。


ヒトフードとは?
植 物でも動物でも、生き物は例外なしに物質を要求します。新しい物質がはいってこなければ死んでしまうのです。 私たち人間は、ほかの動物と比べてかくべつ長い寿命を保ちます。これは、たくさんの種類の物質を人間の頭では考えられないほど巧みにあやつっていることに よるのです。 その物質の種類に個体差はありませんが、必要量には個体差があります。

私たちは毎 日食 事 を か かすことはありませんが、必要なものを必要なだけとっているかと聞かれたら、イエスと答えられる人はまずないでしょう。 だから、健康でいたいと願う人は、食事のなかに、生命が要求する基本的な物質を、けっして不足しない量だけとりいれる習慣をもたなければなりません。

これに私は《ヒトフード》という名前をつけました。
これは過不足のないアミノ酸群と水溶性ビタミンとの一定量から成る食品=メグビープロ+メグビーミックスであります。
《ヒ トフード》の中心はプロテイン(タンパク質)です。 《ヒトフード》の質を大きく左右するのがプロテインの質です。 この点でメグビー製品が無比のものであることを、皆様にもご体験いただければと思います。



*普段の食・生活を大切にしましょう(ミトコンドリアの働きを大切に)↓

発酵食品発酵菌類活用=ピクルス、ザーサイ、ヌカ漬、味噌醤油、ワイン、、ヨーグルト、キムチ、梅干、納豆、ドブロク、発芽玄米酒、チーズ、鰹節、ひしお、豆乳ヨーグルト等々の発酵食品や乳酸菌類を活用しましょう。


体温は高めがいい!~体を動かす。冷飲食の禁止(生野菜、冷やしたビール、水分の取りすぎ)。腹巻、レッグウォマー、首筋には手拭い、タオルや襟巻きを使用して暖かくしましょう(手首、足首も暖く)。






関連記事
コメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の七十代♂、サバイバル中心です♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ウイルスは怖くない  (7)
子宮頸ガンワクチン&添加物 (56)
予防接種を拒否する方法 (2)
がん、ガン、癌、悪性腫瘍 (45)
ワクチン・ウイルス (57)
ミトコンドリア (0)
エボラ出血熱 (41)
多発性硬化症 (1)
ノロウイルス (8)
ソマチッド (7)
元素転換 (1)
抗生物質 (1)
ガンジタ (1)
口内炎 (1)
歯周病 (2)
毛染め (4)
甲状腺 (0)
ADHD (1)
自閉症 (4)
砂糖類 (2)
タバコ (2)
胆石 (1)
肺 (0)
死 (1)
不食 (1)
断食 (4)
美容 (2)
風邪 (1)
輸血 (2)
蜂毒 (13)
日本蜜蜂 (47)
蜂蜜の効用 (2)
月経は無いのが自然 (2)
更年期症状 (2)
母子手帳 (2)
細胞の脳 (1)
フッ素 (2)
漢方薬 (4)
静脈瘤 (1)
花粉症 (2)
ピロリ菌 (4)
重金属毒 (1)
玄米菜食 (2)
心臓疾患 (1)
生卵は駄目 (1)
多剤耐性菌 (7)
風味増強剤 (1)
キシリトール (1)
茶カテキン (2)
食品添加物 (2)
遺伝子組換え (21)
自己免疫疾患 (5)
トランス脂肪酸 (1)
アスパルテーム (3)
メープルシロップ (1)
認知症&ケトン体 (4)
リーキーガット症候群 (6)
分子栄養学三石理論 (71)
分子栄養学(三石理論)入門編 (27)
分子栄養学(三石理論)上級編 (101)
分子栄養学(三石理論)コラム編 (17)
三石理論:医学常識はウソだらけ (1)
分子栄養学(三石理論)栄養素編 (21)
分子栄養学(三石理論):マイコプラズマ肺炎 (4)
医療・薬剤の実体(まとめ・保存版) (53)
医療・薬剤の実体(放射線) (1)
病気はクスリで作られる (3)
医療・薬剤の実体(がん) (2)
医療・薬剤の実体 (885)
政治・経済・社会 (699)
文明800年周期 (1)
覚せい剤・麻薬 (11)
大麻 (17)
言論封殺 (0)
不正選挙 (14)
乳酸菌(豆乳ヨーグルト) (13)
グルンバ・乳酸菌軍団 (198)
飯山さん(日本仙人道) (0)
飯山一郎 保存版 (9)
飯山一郎さん (246)
乳酸菌同盟 (16)
乳酸菌 (25)
黄金の金玉団 (46)
nueqさん (171)
達人さん (12)
宝石 (111)
写真 (89)
宇宙 (87)
物理 (40)
数学 (3)
太陽系 (6)
電磁波 (60)
宇宙全史 (24)
リザムの宇宙 (36)
銀河ネットワーク情報 (9)
その木に成って55さん (55)
シドニーおちんさん (3)
写真&未来の変え方 (22)
シドニーおちんの地図のある旅 (12)
意識を集中すると何かが起こる (3841)
飯山さん『放射性セシウムの無害化』 (4)
放射線レベルを1/10に操作 (4)
不思議な茨城県北部地震 (4)
原発再稼動&新設反対 (198)
ガイガーカウンター (5)
モルジェロンズ病&ケムトレイル (13)
ケムトレイル観察紀行(写真) (32)
ケムトレイル・気象操作 (208)
ケムトレイル保存版 (18)
HAARP (26)
サバイバル(術編) (121)
放射能「ぶらぶら病」 (5)
放射能被曝による鼻血 (46)
ホルミシス効果(放射能) (1)
放射能からのサバイバル (305)
放射能からのサバイバル 保存版 (16)
分子栄養学(三石理論)放射性物質対策 (1)
サバイバル「三脈の法・眼脈の法」 (6)
八ッ場は毒ヒ素ダム (1)
シオンの議定書 (1)
お金の仕組み (11)
ネットは危険 (37)
日本国支配 (1)
大東亜戦争 (3)
ノーベル賞 (1)
STAP細胞 (145)
フルベッキ写真 (1)
奥の院:保存版 (22)
奥の院 (35)
日月神示~奥の院 (1)
エンパス (1)
未分類 (151)
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々
検索フォーム
リンク
飯山です