人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★死んでも消えないネットの噂:デジタルタトゥーで人生台無し

死んでも消えないネットの噂 知っておきたいネットの権利

神田知宏(弁護士・弁理士)

 最近、「忘れられる権利」に関する記事を目にする機会が増えました。ただ、権利の意味や使われ方は、記事によってさまざまです。

  まず、この言葉が日本で注目され始めたのは2012年ころです。EUデータ保護規則案で提唱された「the right to be forgotten」が翻訳され紹介されました。権利の内容としては、個人に関するデータをインターネットから削除するよう求める権利であり、請求相手 は、Google等の検索事業者には限定されていません。

  次に日本で「忘れられる権利」が大きく報道されたのは、2014年5月13日のEU司法裁判所が出した判決です。この判決は、検索事業者である Googleに対する、検索結果の削除請求を認めています。判決内では「right to be forgotten」という表現も使われています。この判決と報道の影響により、日本でも「忘れられる権利」といえば、Googleなどの検索事業者に対 し、検索結果を削除請求できる権利、と認識する人が増えたのではないでしょうか。

 日本の報道では、これらに加え、企業・個人に対する名誉毀損情報、個人に対するプライバシー侵害情報といった、違法情報の削除請求権についても、「忘れられる権利」と表現されているケースがあるように思います。

  このように、まだ定義がしっかり定まっていない「忘れられる権利」ですが、どの定義で使う人でも、基本的な考え方は同じです。この権利の説明では「人の噂 も七十五日」が枕詞のように引用されています。かつては、どんな噂も75日も過ぎれば話題に上らなくなるから、人の噂をいちいち気にする必要はない、と言 われていました。これに対し、インターネットは決して忘れません。データと記録媒体のメンテナンスさえしっかりしていれば、半永久的に記録が残ります。イ ンターネット以前は、他人に自分の情報を忘れてもらい、また、自分も他人の情報を忘れることで、人間関係や社会生活がうまく回っていた側面があったと思い ます。しかし、今ではインターネットが忘れないことで、人間関係にも社会生活にも歪みが生じています。もちろん、インターネットに情報が残り続けることで、精神的・肉体的に被害を受けている人も珍しくありません。これらの問題を解決すべく考え出されたのが「忘れられる権利」なのです。

 そのため、まだ議論は十分でないものの、インターネット時代において、人が人として生きていくために不可欠な「新しい人権」だと捉えて良いと思います。社会科の教科書で紹介される日も近いことでしょう。

  では、日本の法律上「忘れられる権利」はどのように扱われているのでしょうか。インターネットの名誉毀損情報、プライバシー情報を削除する権利は、法律的には「人格権に基く妨害排除請求権としての差止請求権(削除請求権)」だと理解されており、ことさら「忘れられる権利」という概念を使うまでもなく、削除 請求ができると考えられてきました。人格権の中には、名誉権、プライバシー権、氏名権など、人格に由来する多様な権利が含まれており、消したい情報によっ て、どれか1つまたは複数の人格権を選び、削除請求をすることになります。そのため裁判所の判決・決定にも、「忘れられる権利」という表現を使うものはな かったと思います。

  ところが最近、社会から「忘れられる権利」を有する、と明示した裁判所の決定が登場しました(さいたま地裁平成27年12月22日決定)。おそらく、人格 権の1内容として「忘れられる権利」を位置付けているものと考えられますが、その内容は明確には記載されていません。ただ、裁判所の中に「忘れられる権 利」の考え方が浸透してきたことの証左だと思います。

  ところで、忘れられる権利は、インターネットにおける「表現の自由」やインターネットを使う人の「知る権利」と対立関係にあります。なぜなら、インター ネットで何かを表現したい人の「表現の自由」や何かを調べたい人の「知る権利」に対し、「忘れられる権利」を行使し、その情報公表、情報取得を制限するこ とになるからです。そのため、忘れられる権利の行使を認めるのか(表現の自由、知る権利が後退するのか)、それとも行使を認めないのか(表現の自由、知る 権利を優先させるのか)という利益調整が常に必要となります。たとえ「忘れられる権利」という概念を肯定したとしても、その先には、この利益調整を誰が担 当するのか、どのような基準で利益調整をするのか、という未解決の課題が待っています。最終的には裁判所が判断することになるのでしょうが、近時、イン ターネットでの人権侵害事案が増加の一途にあると法務省が公表し、裁判所からも、インターネット情報の削除請求がここ数年で著しく増えたとの情報が出てお り、すべての問題を裁判所の判断に委ねることには限界があると感じます。

 今後、ますますインターネットが発達し、インターネットによる人権侵害に悩む人も増えて来るはずです。そんな人たちを1人でも多く救えるよう、「忘れられる権利」の定義や使い方を考えていく必要があると思います。

ironna.jp/article/2771 ↑
iRONNA(産経デジタル)さんちから転載しましたm(_ _)m



デジタルタトゥーで人生台無し「ネットに匿名性はない」

『産経新聞』

 「デジタルタトゥー」。直訳すれば「電子的な入れ墨」だが、インターネット上に一度投稿されたログ(記録)は まるでタトゥーのように消えず、半永久的に残り続けることを表す造語だ。軽い気持ちで投稿した記述や画像が膨大な数のネットユーザーにまとめられ、瞬く間 に拡散。不本意な投稿が残り続ける。軽率なワンクリックが人生を台無しにしてしまうこともあり、専門家はユーザーに警鐘を鳴らしている。

 デジタルタトゥーの概念が唱えられたのは平成25年2月。米カリフォルニア州で開かれたさまざまな分野の専門家らが集まる大規模な講演会で、ベンチャー企業の役員が「人間は不死になった」との表現でこの造語を紹介した。

  ヤフーやグーグルなど検索エンジンの検索履歴、サイトの閲覧先、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の位置情報や顔認識データ。ユーザー の思考回路や行動がネットに記録され、そのデータは書き込んだユーザーが死亡後も生き続ける「不死」の状態になるというのだ。

  大阪、神戸の市営地下鉄では年夏、高校生の少年らが線路内に立ち入り、ピースサインをして楽しんでいる写真を短文投稿サイト「ツイッター」にアップして 物議を醸した。写真の顔をモザイク処理することもなく、ネットユーザーが投稿者の顔や名前からすぐに身元を〝特定〟。少年らの個人情報は一瞬にしてネット 上にさらされた。少年らはその後、鉄道営業法違反などの容疑で立件された。

 最近、こうしたSNSやネット掲示板への軽はずみな投稿が目立つ。

 コンビニで客の男がアイス用冷蔵庫に入り、自身の姿を撮った写真を投稿。テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(大阪市此花区)では複数の学生が裸でジェットコースターに乗る迷惑行為、飲食店では集団の男性客が全裸で席に座った場面の写真を投稿した。

  度を越した行為によって休業に追い込まれる店もあり、悪質な行為をした投稿者らは威力業務妨害容疑で書類送検された。ある捜査関係者は「今や誰でも画像や 動画を公開できる時代。ネット世界と現実世界の区別がつかず、やってはいけないことの線引きができていないのでは」と嘆く。

 「ネットユーザーは、一つ行動を間違えれば人生を失いかねない」。そう警告するのは兵庫県情報セキュリティーサポーターの篠原嘉一さん(53)だ。

 自身の投稿に注意するのは当然の自衛策だが、SNSに入力した住所、氏名、連絡先、勤務先などの個人情報は、設定次第では誰でも閲覧可能。犯罪組織に見られれば事件に巻き込まれる危険もあると指摘する。

  SNSでは、投稿した場所が「~町付近」といった具合で公開される。スマートフォン(高機能携帯電話)ならGPS(衛星利用測位システム)機能で位置情報 が分かる。パソコンでもネット上の住所「IPアドレス」で大まかな位置を把握でき、自宅だと住所が漏れる。さらに知人が投稿した画像に自身の顔が掲載され、顔認識(タグ付け)されてしまえば…。自ら個人情報を大公開しているのと同じだ。

  特定されれば誹謗(ひぼう)中傷を受けたり、犯罪に利用されたりする恐れがある。篠原さんは「投稿した記述や画像は瞬時にまとめられ、それが集約されてい くと特定につながる。データは半永久的に消えず、投稿者は心に傷を負う」とデジタルタトゥーの危険性を指摘した上で、こう警告した。

 「もはやネットに匿名性などない。事件が起きてから後悔しても遅い」
ironna.jp/article/1277
iRONNA(産経デジタル)さんちから転載しましたm(_ _)m


*マーカーは勝手に付けました。
・ネットにUPしたモノ、されたモノは消えませんので、心しておきましょう!



関連記事
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の七十代♂、サバイバル中心です♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

シスVSエイリアン

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々
検索フォーム
リンク
飯山です