人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★あのMicrosoftが大麻ビジネスに参入

2016年06月17日 11時01分00秒
By Mike Mozart
アメリカでは一部の州で大麻(マリファナ)が合法化されています。
医療用として使用されることもありますが、コロラド州では2014 年にアメリカで初めて娯楽目的でのマリファナの使用も解禁されています。2014年のコロラド州のマリファナによる税収は4200万ドル(約44億円)に も上っており、大きなビジネスチャンスが潜んでいると、多くの企業がマリファナビジネスへの参入を伺っているわけですが、IT業界の超巨大企業である Microsoftがマリファナビジネスに参入することが判明しました。

The First Big Company to Say It’s Serving the Legal Marijuana Trade? Microsoft. - The New York Times
http://www.nytimes.com/2016/06/17/business/dealbook/microsoft-following-the-clouds-to-offer-marijuana-tracking-software.html

アメリカでは連邦政府レベルでは違法とされているものの、州単位でみると、マリファナを合法化している地域が複数あります。これまで、こういった微妙な分 野に大企業が参入することはほとんどなかったのですが、Microsoftがマリファナの販売状況を追跡するためのソフトウェアを開発する企業とパート ナーシップを結んだことが明かされ、大きな話題を呼んでいます。

マリファナの販売状況を追跡するソフトウェアは、Microsoftのクラウドコンピューティングビジネスの一部として販売される予定です。このソフト ウェアは、マリファナを合法化した州が医療用もしくは娯楽目的で使用されるマリファナの販売状況を監視し、合法性を保証するためのものになります。

By Cannabis Culture

これまでのところ、マリファナの合法化に対する世間の反応はさまざまで、マリファナビジネスに対して資金援助を行うのは一部の小さな銀行だけでした。しか し、政府のコンプライアンスを順守した上でのマリファナビジネスへの参入は、マリファナ産業における正当なインフラ構築に貢献することにつながり、産業全 体を拡大させる重要な行為でもあります。

Microsoftのキンバリー・ネルソン氏は、「我々はマリファナ産業に大きな成長の可能性を感じています。現在は産業が規制されているので、今後マリ ファナが多く取引されていく中で、精巧なツールが必要となってくる」と、マリファナの販売状況を追跡するためのソフトウェアの重要性について語っていま す。

Microsoftがパートナーシップを締結したのは、ロサンゼルスを拠点とするスタートアップのKindです。KindはキオスクなどでATM形式のマ リファナ販売機を導入している企業でもあるのですが、そんなマリファナビジネスの先駆者が開発しているマリファナの販売状況を追跡するソフトウェアを、 Microsoftが市場で販売する予定。


しかし、Microsoftが販売するソフトウェアは前述の通り、州側が構築するコンプライアンスシステムであって、マリファナを販売するためのシステム でもなければ、Microsoftが実際にマリファナを販売するというわけでもありません。しかし、「合法化されたばかりの若い産業に対し、 Microsoftが意欲的に自身の名前を添えることは、マリファナビジネスにとっての大きな一歩となる」と、The New York Times。

例えば、ニューヨーク州はオラクルと共同で医療用マリファナを追跡するためのシステムを構築しました。しかし、これまでは大企業がこういった類いのビジネ スに取り組んでいることを公に宣伝してきませんでした。KindのCEOであるデビッド・ダイネンバーグ氏は「大企業をマリファナ産業に参画させるための 説得に長い時間がかかった」と語っています。そして、これがきっかけとなり、多くの大企業がマリファナ産業に参画することを望んでいる、と明かしていま す。

なお、2016年の秋にはカリフォルニアを含む5つの州でマリファナの娯楽目的での使用を認めるかどうかの投票が行われることになっており、アメリカでは今後ますます合法化の波が加速していきそうです。

・関連記事
アメリカで大麻支持が不支持の数を上回る逆転現象が起こる - GIGAZINE

カナダで嗜好品として大麻合法化へ、カナダ首相の公約が実現 - GIGAZINE

大麻を販売するスタートアップ「Flow Kana」とは? - GIGAZINE

2000円で買える酒・タバコ・麻薬などの量は世界各国でどれぐらい差があるか? - GIGAZINE

ある神経外科医がマリファナに対する否定的な考えを改めた理由 - GIGAZINE

麻薬の売人から全世界で5000万枚以上のCDを売り上げるラッパーとなり、事業家としても大きな成功を収めることになった男 - GIGAZINE
gigazine.net/news/20160617-microsoft-marijuana-trade/

GIGAZINEさんちから転載しましたm(_ _)m



*大麻の使用くらい、民に任せておけばよいモノを・・・お金儲けに目敏い企業がWindows10を無償で、しかもアップグレードを強要するには余程、美味しい裏が(使用する人には怖い事が)有るのでしょうね。



関連記事
2016年06月18日 | 大麻 | トラックバック(0)件 |
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の七十代♂、サバイバル中心です♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々
検索フォーム
リンク
飯山です