人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★インドネシア:田圃に突然熱泥流噴火が起こり村が消失!

The haunting reason these sculptures were designed to sink slowly into the mud..     June 3, 2016
忘れられない理由は、これらの彫刻は泥の中にゆっくりと沈むように設計されました..

This ghostly statue marks the site of a often overlooked, but devastating natural disaster — one that is sadly still ongoing.

この幽霊のような彫像は、しばしば見落とされがちだけれども破壊的な自然災害のサイトをマークし、まだ悲しげに進行中です。


Photo by Ulet Ifansasti/Getty Images.

In 2006, steaming hot mud erupted, without warning, from a rice paddy in eastern Java, Indonesia, sweeping through a dozen nearby villages.

2006年に、インドネシアの東部ジャワの水田から、突然、熱い泥火山の噴出が起こり、1ダース近くの村を襲った。


Photo by Ulet Ifansasti/Getty Images.

20 people were killed, and thousands more were forced to flee their homes permanently.

20人が死亡し、より多くの何千もの人々が永久に家を追われました。

Footprints in a house overwhelmed by the mud flow. Photo by Ulet Ifansasti/Getty Images.
泥流れにより圧倒された家のフットプリント。Ulet Ifansasti/ゲティイメージによる写真。

The statues were erected by sculptor Dadang Christanto in 2014 to commemorate the eighth anniversary of the tragedy.

彫像は、悲劇の8周年記念のために、2014年に彫刻家Dadang Christantoにより組み立てられた。

Photo by Ulet Ifansasti/Getty Images.

Since they were installed, the sculptures have have been sinking slowly — by design.

それらがインストールされていたので、彫刻はゆっくりと沈んでいく様に デザインされています。

"They were not in mud when they started," Christanto told Australia's Saturday Paper in 2015. "And in one year they are nearly submerged. They will disappear. It is not just the environmental disaster but the social disaster."
「それらが始まった時には、それらは泥になかった」と、Christantoは2015年にオーストラリアの土曜紙に語った。「および 1年において、それらがほとんど水没している 。それらは消える。それはまさに環境の災害だけれども社会的な災害ではない。」

May 30, 2016, marked the 10th anniversary of the beginning of the deadly mud flow.

2016年5月30日は必殺泥流の10周年記念日でした。


Photo by Ulet Ifansasti/Getty Images.

While there have been no more fatalities, mud continues to pour out of the volcano to this day.
これ以上の死亡者がなかったが泥がこの日に火山の外に注ぐし続けています。

There's also strong evidence that the disaster was manmade.

災害が人造であったというまた強い証拠がある。

Activists stage a protest on the fifth anniversary of the disaster. Photo by Ulet Ifansasti/Getty Images.

A 2015 report published in Nature argues that the gas needed to trigger the eruption could only have been unearthed by a nearby oil and gas drilling operation.
ネイチャーに発表された2015年報告書は、噴火を誘発するために必要なガスが唯一の近くの石油・ガス掘削作業によって発掘された可能性があると主張しています。


"We're now 99 percent confident that the drilling hypothesis is valid," Mark Tingay, the paper's lead author, told The New York Times.
「我々は今、掘削仮説が有効であることを99パーセント確信して、「マークTingay、紙の主執筆者は、ニューヨーク・タイムズ紙に語りました。



(Other experts continue to disagree, arguing that the mud flow could have been caused by an earthquake.)
(他の専門家は泥流が地震によって引き起こされていることができると主張し、反対し続けています。)


Like the Deepwater Horizon spill, this eruption demonstrates how lack of attention to the potential side effects of drilling can have disastrous consequences.

ディープウォーターホライゾン流出と同様に、この噴火は、掘削潜在的な副作用への注意不足悲惨な結果を持つことができる方法を示しています。


The nearly 40,000 Java residents who were forced to flee their homes have endured an often painful resettlement process. Many initially took shelter wherever they could find it — often in local markets.
家を逃げることを余儀なくされた約4万のJavaの住民は、多くの場合、痛みを伴う再定住プロセスを耐えてきました。多くの場合、地元の市場で - 多くは当初、彼らはそれを見つけることができるどこ避難しました。

"We couldn't shower, we couldn't wash our clothes," Sadli, a factory worker who was displaced by the mud flow, told the Chicago Tribune. "For every toilet, there were dozens of people constantly in line."
「私達は水を浴びせることができず、私達は私達の衣服を洗うことができなかった」と、Sadli〈泥流れのため取って代わられた工員〉は、シカゴ・トリビューンに言った。「すべてのトイレのために、常に数十人の人々が一列に並んでいた。」

Some victims were eventually compensated. Others are still waiting.

結局、何人かの犠牲者が補償された。他がまだ待っている。

Photo by Ulet Ifansasti/Getty Images.

That isn't to say we should stop drilling for oil and gas altogether.

それは我々が完全に石油と天然ガスの掘削を停止すべきであると言うことではありません。

Icky as oil can be, we need it for the time being, and natural gas can be an alternative to far dirtier sources of power.
オイルは不快であるかもしれないけれども、当面私達にはそれが必要で、天然ガスはパワーのずっと汚いソースへの代案であるかもしれない。

But the statues serve as a kind of warning: When we mess with nature without taking the proper precautions, we don't just put our environment at risk.

しかし、彫像は一種の警告として役立つ:適切な用心をせずに私達が自然と会食する時には、私達はただ私達の環境を危険にさらさない。

An artist paints at the site of the sinking statues. Photo by Ulet Ifansasti/Getty Images.
沈没彫像のサイトではアーティストがペイントする。Ulet Ifansasti/ゲティイメージによる写真。


www.upworthy.com/the-haunting-reason-these-sculptures-were-designed-to-sink-slowly-into-the-mud
upworthy.comさんちより転載しましたm(_ _)m



*インドネシアで10年前に「石油と天然ガスの掘削」が原因で、田圃から熱泥流が突然噴出して20人が亡くなった由。ご冥福をお祈りいたします。

・別府の鬼石坊主地獄」の様な感じだったのでしょうか↓


・日本も「穴掘り一番」とばかりにポチがアチコチで掘りまくっているので、何時こうした事態が起こるやも知れず、くわばら桑原で、他人事ではありませんな!





関連記事
2016年06月12日 | 未分類 | トラックバック(0)件 |
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の七十代♂、サバイバル中心です♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々
検索フォーム
リンク
飯山です