人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★お金をあまり使わないで豊かに暮らせる町トップ10

最近、あちこちで「移住」という言葉を見かけますが、移住に関連した記事や本を見かけたのでまとめてご紹介させてもらいます。

  

***

  お金をあまり使わないで豊かに暮らせる町トップ10・夢の実現も可能になるかも?
The 10 Best Places to Live Rich Without Money, So You Can Bring Your Dreams to Life

  

【David Wolfe】http://www.davidwolfe.com/10-places-live-rich-without-money/ より翻訳

 
ご自分の荷物を何個かのバッグに詰め込み、その他のもの全部を後ろに残してどこかに行きたいと思ったことはありませんか?

 どこかエキゾチックでシンプルな生活ができ、テクノロジーや毎日の生活のストレスのない場所に行きたいと思ったことは?

 

そういった方のために、シンプルで平穏、物価があまり高くなくて美しい、ストレスのない生活に最高の10の町のリストがあります。

  

1.アリカンテ【スペイン】


アリカンテの町では、美しくて充実した生活スタイルが守られており、そこの人たちはシンプルで質素な生活をしています。

 

ここはコスタブランカを東に見ることのできる地域の中ほどに位置するビーチ沿いに位置しています。素晴らしい気候やおいしい食べ物、ユニークなエンターテイメントにリラックスしたライフスタイルで有名なばかりでなく、地中海の穏やかな海にも恵まれています。

 

同市内で1ベッドルームのアパートの家賃は、一ヶ月当たり約550ドル(約6万円)程度です。

  

2.メンドーサ【アルゼンチン】

 

メンドーサはアルゼンチンのワインの生産地域の真ん中に位置しています。地元経済は強く反映していますので、どこかでビジネスを始めたいとお考えであればメンドーサはお勧めです。

 

同市内で1ベッドルームのアパートの家賃は、賃貸の場合は一ヶ月当たり約380ドル(約4.1万円)程度、購入する場合は$60,000(約650万円)程度です。

  

3.バリ島【インドネシア】

 バリ島の写真をご覧になったことのある方にとっては、すでにバリ島は「生きている間に行ってみたい場所」のリストのひとつかもしれません。

 

バリ島はアジアにあり、生活費が安めで夜遊びも楽しく、観光産業が盛んですのでお店を開くのにもってこいです。

 1ベッドルームのアパートの家賃は一ヶ月当たり$300(約3.3万円)前後です。

  

4.チェンマイ【タイ】

 

チェンマイはアジアの中でももっとも過ごしやすい気候の場所の一つです。山の町であるチェンマイは文化も豊かで食べ物も素晴らしく、人々はフレンドリーです。めぐるましい毎日から逃れ、素晴らしい食べ物やユニークな景観と共にリラックスすることができます。

 同市の1ベッドルームのアパートの家賃は一ヶ月当たりわずか$250(2.7万円)ほどです。

 
5.コロサル(Corozal)【ベリーズ(中米)】

 ストレスがなく、リラックスできる環境を本当にお望みでしたら、落ち着く先としてはコロサルがお勧めです。美しいビーチやユニークなレストラン、そして瞑想やヨガなどが大人気です。

 

コロサルの1ベッドルームのアパートの家賃は一ヶ月当$190(約2万円)程度ですので、信じられないくらいお手ごろです。

  

6.プエルト・バジャルタ(Puerto Vallarta)【メキシコ】

 

メキシコでは多くの場所で物価が休めですが、プエルト・バジャルタはそのリストの中でもトップクラスです。景観は美しいのでだけではなく、同市のロマンティックなところがツーリストに受けて観光が非常に盛んです。

 

1ベッドルームのアパートの家賃は一ヶ月当たり$450(約5万円)、タウンハウスは$55,000(約600万円)程度で買うことも可能です。

 

 

7.オヘン(Ojen)【スペイン】

 

オヘンはマルベーリャの丘に隠された、静かで美しい場所として知られています。街全体が白塗りの壁で、山の景観が非常に素晴らしいところです。オヘンには億万長者の別荘もありますが、手頃な価格の住居もあります。

 

1ベッドルームのアパートの家賃は一ヶ月当たり$330(約3.6万円)ですが、タウンハウスは$100,000(約1,100万円)程度で購入が可能です。
 

8.コサムイ島(Koh Samui)【タイ】

 コサムイでは、ヤシの木の並ぶビーチや美しい海、そして一年を通して熱帯気候という理想的なビーチの生活を送ることが可能です。

 さらに海や夕日を楽しむ静かでリラックスした生活もできますし、ご自分の中の冒険家な面を満足させるアクティビティも可能と両方の世界のいいところどりもできます。アクティビティには、サルサダンスやジップライン、自分のヨットをチャーターなどもあります。

 

2ベッドルームのアパートの家賃は一ヶ月当たり$614(約6.8万円)程度で探すことができます。

 
9.ゴア【インド】

 ゴアはその砂浜やフレンドリーな人々、そしてリラックスした生活で知られています。ゴアにはインドとポルトガルの文化が混ざった独特の文化があり、驚くような、しかしおいしい食事が生み出されました。インドの中で最も平穏な州の一つとして考えられています。

 1ベッドルームのアパートの家賃は一ヶ月当たりわずか$275(約3万円)程度です。

  

10.グラナダ【ニカラグア】

 グラナダは、大胆な色彩の建物や陶磁器のタイルで彩られた屋根の建物など、カラフルで活気のある街です。色鮮やかな花々に囲まれ、日陰のある公園や清潔なストリートの散歩が楽しめます。


ロマンティックな街として、そして冒険家にとっては自然の遊び場として有名です。火山からできた3つの湖があり農地に恵まれ、幅広い種類の野菜や果物、ハーブやスパイス、そしてコーヒーなどの栽培が可能です。


ニカラグアは中米でも最も安全な国で、1ベッドルームのアパートの家賃は一ヶ月当たり$500(約5.5万円)前後です。

  

まだ移住するほどの準備ができていない場合でも、上記の町は観光地としても素晴らしいところばかりです。
それぞれリサーチをされることで、もう二度と離れたくなくなるようなあなたにとって最高のバケーションの地を選ぶことができるでしょう。


息を飲むような景色や活気のある文化、おいしいご飯など最高のバケーションはあなたからそれほど遠くない場所にもあるかもしれませんね。

  

(翻訳終了)

  

***

 

【コメント】

リストをみると、どうもツーリストが多くて現地語が話せなくても英語でなんとかなる、物価の比較的安めの場所のようです。さらにお金中心の生活になりがちな大都市ではない、のんびりとした場所ばかりのようですね。

 ツーリストの多い場所は 西欧などと比べると物価は安いですが、 どうしても同じ国の他の場所よりは物価が高くなりがちです。それでも言葉が通じる点などを考慮しての選択でしょう。

 この条件に該当する場所はもっと他にもたくさんあると思いますが、知っていたらぜひ教えてください♪

  ち なみに私はこのリストの中ではバリ島、タイのチェンマイ、コサムイからフェリーで次の島のコパンガン、ゴアに行ったことがありますが、各地の裏の顔も見て しまったりしているので、どこに行ってもいろいろそれなりに問題はあるものだと思います。それでも、上に挙げたような場所なら今すぐにでも移住したいくら いですが(*’艸3`):;

 物価が安い場所というのは普通は収入も低い傾向にありますが、逆にその物価の安さを最大限に利 用してしっかりと稼いでいる友人もけっこういます。どこに住んでいても「問題点」というのはあるものですが、それを逆の発想にとれば自分にとって有利な方 向に使うこともできることもあるようです。

 さらに移住について先日、Facebookでおもしろそうな本が紹介されているのを見かけました。

私もこの本の考えに大賛成です!

 その名も「日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。」

  

日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。

 

紹介文はもっと続きますが、詳しくは上記リンクからご覧下さい。

 
嫌なことから逃げるよりも自分のしたいことを追いかけた方が確かに楽しいですし、多少問題が起きても気合で乗り切れますね。

  

そしてFacebookでこの本をシェアしてくださっていた方が、こちら有益なサイトも一緒にご紹介されていました。

 

「海外移住情報」

http://www.interq.or.jp/tokyo/ystation/index.html

 

海外移住を考える人のために、具体的に役に立つ情報が満載です!

 サイトはこんな感じです↓

 

 

ご紹介、ありがとうございます♪

  

実際に移住となると、ビザや収入の確保、言葉など「大人の問題」もありますが、それでも移住しようと思えばなんとかなることもあります。

 

移 住とまでは行かなくても、ちょっとゆっくりと他の国に行くだけでも、逆に今まで自分が住んでいる場所で当たり前に思っていた点がどれだけ素晴らしいか理解 できることもありますよね。私は春の里帰りで日本にしばらくいましたが、「日本が羨ましい!」と思ったこともたくさんあります。

 
海外に移住でなくても、国内でもまったく環境の違う場所に住むというのもいいですね。

  

ちなみにロシアが無料で土地を貸与する、という情報を公開した事を受けて、あるイギリスの新聞が「イギリス人をやめて、ロシアに移住したいか」というアンケートをしたところ、なんと80%が移住したいと答えたそうです(EXPRESS紙) 

   

【関連記事】

 

システムから脱却した仙人生活の始め方♪

 ★死ぬまでにやりたいこと100のリスト 「ワイルドサイドを歩け」

 ★自給自足したい国民に無料でシベリアの土地を供与・ロシア

  


ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12158784934.html
世界の裏側ニュ-スさんちから転載しましたm(_ _)m



*良い記事で、参考にしたいです(^^♪
・ビザがねー・・・
 バリ人に嫁いだ日本人妻の皆さんが永住ビザ取得まで四苦八苦しているのを知っているだけに、政府の支援が欲しい所です猫!



関連記事
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の七十代♂、サバイバル中心です♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

シスVSエイリアン

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々
検索フォーム
リンク
飯山です