人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★ベトナム戦争で残った枯葉剤が日本の山林で撒布処理 (下)

アメリカは、ベトナム戦争で枯葉剤の不良在庫を抱え、その処分に困った。困った挙句に、日本政府に押し付けてきた。そこで、林野庁の高級官僚が、日本の国有 林に雑草対策と称して散布し、それでも処理しきれなかったので、国有林内の山に埋設投棄した。信じがたい蛮行である。それから歳月は流れたが、今も、枯葉 剤は、日本の山に眠っている。

枯葉剤というのは、ベトナム戦争時、アメリカ軍によって、ゲリラ掃討作戦の一環としてジャングルにまかれた、あの悪名高き枯葉剤のことである。枯葉剤の何たるかについては、(中)で詳しく述べている。

2015 年8月24日は、高知県大豊町仁尾ヶ内の埋設投棄現場に行った。そして、26日は、愛媛県の石鎚山の山麓、大谷山国有林内の円山森林公園の現場に行った。 ライターのMさんは、25日は、高知市内で私が紹介した何人かの林業関係者に会おうとしたが、会えなかった。私が取材した時は、みな協力的だったのだが、 すでに、どこかから圧力がかかっていたのかもしれない。
看板
看板中の「埋没されていた」という日本語もおかしいが、過去形もおかしい。過去ではなく、今なお、この下に245Tが埋設投棄されている。

Yさん
ここでもYさんの10年前の記憶は通用しなかった。責任を感じてだろうか、林野庁時代の人脈を駆使して方々に問い合わせ、ようやく目的地にたどり着いた。写真は、古巣の友人に携帯で問い合わせるYさん。

円山森林公園
看板の向かいにコンクリートの構造物がある。この中に、枯葉剤を埋める際に使った道具、容器、軍手、服などが廃棄処分されている。枯葉剤を扱うとは、そういうことなのである。

探検
経験のある人も多いと思うが、8月の山中で何か探すということは、至難の業である。携帯の案内に従って、奥地に入っていくYさんとMさん。さすがに、ふたり とも大学山岳部OBである。迷うことなく、埋設投棄の現場にたどり着いた。アスファルト道路から10分ぐらい山中に入ったところに、それは鉄条網に囲まれ て、人知れず、眠っていた。直下に水源池があったのが、気にかかった

60年生
「20年生のヒノキ林の中に埋設投棄した」という。その後40年の歳月が流れているから、今ではヒノキは60年生になっている。ここだ。4mX9mの広さに、高さ1.5mの鉄条網が張り巡らされていた。「立入り禁止」と朱書された看板もあった。鉄条網は新しかった。

平成・土佐日記 (by 成川順)さんちから転載しましたm(_ _)m


>直下に水源池があったのが、気にかかった
・知らぬが仏・・・おっそろしい猫!

>鉄条網は新しかった。
・立ち入り禁止の看板も メンテナンスされていてキチンと読めます。当局は危険を認識している確信犯です猫!

*もの凄く腹が立ちます。

・311の放射能瓦礫の広域処理といい、この国は国民の命については無頓着。国民を守らないのだから、最早「国」ではない・・・知って、国の行為から自衛しよう!
・こうした国に産まれたのが運のつき・・・


1tamachan.blog31.fc2.com/blog-category-144.html




関連記事
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の七十代♂、サバイバル中心です♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

シスVSエイリアン

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々
検索フォーム
リンク
飯山です