人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★マインドコントロールの犠牲者:米海軍敷地内での銃乱射事件


(『気まぐれです。』というサイト(http://bilininfojp.blogspot.jp/)の、2013年9月21日土曜日の記事より転載。 なお、このサイトは、恐らく加害犯罪者達にとって知られたくない情報がたくさん書かれていたために、2014年9月頃に削除されました。)

http://bilininfojp.blogspot.jp/2013/09/blog-post_1219.html


 ワシントン米海軍敷地内での銃乱射事件の容疑者アーロン・アレクシスは事件前、ストーキングされ、「なんらかのマイクロ波マシンで」話しかけられ続けて不眠症になり、警察に苦情を出していた。

・警察の報告書
https://fbcdn-sphotos-a-a.akamaihd.net/hphotos-ak-ash3/1175401_595159693864219_450137934_n.jpg 
*タマいち注:Content not foundです↑


 その警察あての苦情の件と共に、使った銃に「僕の*ELF兵器」「Better off this way(こうした方がましになる)」と彫り込んでいたことが浮上してきて、今回は珍しく(米国の)マスコミがマインドコントロールに触れる記事を出してい る、というActivist Postの記事。”頭の中にダイレクトに何週間も声が聞こえ続けたらどういう感じか想像でき ますか? 当局に訴えてもキチガイ扱いされるだけだったらどうですか? 声が止まなかったらどうしますか? やりたくないこと、言葉にも出せないことをやるように、何度も何度も命じられ、睡眠も妨害されたら? もし、とうとう、休ませてやると約束されたら? 言われた通りのことをやれば「こうした方がましになるぞ」と約束されたら?”
http://www.activistpost.com/2013/09/my-elf-weapon-more-proof-navy-yard.html


・アイルランドの新聞記事「FBIが海軍基地銃撃者の監視カメラ映像を公開」
(http://www.thejournal.ie/fbi-video-footage-navy-yard-1100609-Sep2013/?utm_source=facebook)


 ア レクシスが、自分が低周波電磁波でコントロールされていたと信じていたこと、銃撃で自分も死ぬつもりだったということを示唆する「複数の兆候」がある、と 今日FBIは発表した。彼のカバンの中に見つかったメッセージには「超低周波攻撃こそ、過去3ヶ月間、自分がやられてきたものだ。完璧正直言って、それが 自分を今回のことに駆り立てた」とあった。使った武器の上には「拷問の終わり!」「誰が何と言おうと!」「こうした方がましになる!」と彫り込んでいた。


・ワシントンDCの地方紙の記事 「マインドコントロール苦情の42時間後にアレクシスは12人を射殺」
(http://communities.washingtontimes.com/neighborhood/freedom-press-not-free/2013/sep/18/elf-extremely-low-frequency-clue-alexis-motives/)


 元米軍諜報職員ジュリアン・マキニーが1992年に自費出版した “Microwave Harassment & Mind-Control Experimentation”(https://sites.google.com/site/mcrais/microwave)によれば、これら の嫌がらせ・実験キャンペーンの長期的な目標は・・・標的にされた個々人の抱く希望のなさ、怒り、フラストレーションの矛先を、人種民族集団や、特定の有 名な政治家に向けさせることのようだ・・・そして自殺なり殺人なり、政府がもっともらしく否定できる状況下で、その個人に暴力行為を犯させること。*タマいち注:グーグル翻訳⇒goo.gl/qmi0cB


http://geeldon.wordpress.com/2011/10/15/brain-and-satellite-surveillance-assault-and-torture/より

 RNM(Remote Neural Monitoring)は脳の聴覚中枢に暗号化信号を送ることができる。それによって(耳を飛び越えて)脳への直接の聴覚通信を可能にする。NSAの工作 員はこれで精神分裂病に特有の聴覚的な幻覚を真似て、秘密裏に対象者たちを衰弱させることができる。

RNM では、対象者とコンタクトをとらなくても、対象者の脳の視覚中枢における電気的活動を詳細に描き出し、対象者の脳にある画像をビデオモニターに映し出せ る。NSAの工作員たちは監視対象者の目が見ているものや、視覚的な記憶を見ることができる。RNMは、目や視覚神経を飛び越し、視覚中枢にじかに画像を 送信ができる。NSAの工作員たちはこれを使って、監視対象者がREM睡眠に入っている間に脳プログラミングのために脳にこっそり画像を入れておける。

米国には、1940年代以来、信号諜報ネットワークがあった。NSAのフォート・ミード基地にある巨大な2方向ワイヤレスRNMシステムを使って対象者を追 跡したり、侵害することなく脳内の視聴覚情報を監視したりする。すべて対象者との物理的接触は皆無である。RNMは、監視と国内諜報活動の究極的な手段で ある。対象者の脳の聴覚中枢に(耳を飛び越して)、言葉や、3Dの音、サブリミナル音声を送ることができる。RNMは対象者の認識、ムード、動作をコント ロールできる。



関連:

・マイクロ波マインドコントロール:人権とプライバシーを抹消させる現代の拷問そしてコントロールメカニズム
 http://www.riksavisen.no/?p=501

・人の思考を読み取り新しい思考を植え付ける政府の技術
 http://www.jeffpolachek.com/mind-control/mc-research-docs/199-government-technology-to-read-your-thoughts-and-implant-new-ones


ameblo.jp/stop-electronic-torture/entry-12103061396.html
電磁波拷問・人体実験反対!さんちから転載しました。m(_ _)m


  
*おいらもリンクしていた『気まぐれです。』さんですが、いつの間にか消えてしまった。その貴重な記事を保護し、再度UPして下さった「電磁波拷問・人体実験反対!」さんに感謝いたします。ありがとうございます(^^♪


*ELF(極超長波):極超長波は大地や水中を通り抜ける。従って、通常の環境下での通信に利用される周波数の電波が急激に減衰して利用不可能になる場所との通信に利用される。例えば、鉱山内外での通信の他、海中を航行する潜水艦への短縮コードを用いた指令送信(潜水艦側からの返信は不可能)にも利用されている。


★「惑星地球 最新の戦闘兵器」:HAARP、ELF(極超長波) ・・


*悍ましい特別な訓練を受けるモナークマインドコントロール等とは違う、簡便なマインドコントロールでしょうか?

・日本での「集スト・電磁波被害者」さんたちが受けているのに近い感じですね。但し、ELFとなると非常に特殊な電磁波で一般には理解されにくく、装置も大掛かりですが正に「最新兵器」です。ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%B5%E8%B6%85%E9%95%B7%E6%B3%A2

・電磁兵器は目に触れない事を良い事にやりたい放題となります。他人事ではないですね。




関連記事
2016年04月30日 | 電磁波 | トラックバック(0)件 |
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の七十代♂、サバイバル中心です♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々
検索フォーム
リンク
飯山です