人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★条件付け訓練で、物事の本質や正しい方向を見失う人々!

(『気まぐれです。』というサイト(http://bilininfojp.blogspot.jp/)の、2013年10月8日火曜日の記事より転載。なお、このサイトは、恐らく加害犯罪者達にとって知られたくない情報がたくさん書かれていたために、2014年9月頃に削除されました。)

もうリンク切れになっていますが、この記事のURLは
http://bilininfojp.blogspot.jp/2013/10/blog-post_8.html


アラン・ワット

http://www.cuttingthroughthematrix.com/transcripts/April042007_PlansOfPsychopathsGoOftAstray_Blurb_Alan_Watt.html より抜粋

*タマいち注:グーグル日本語翻訳⇒goo.gl/xawH38
(原文著作権はアラン・ワットに属します)


 心理戦のテクニックは長い間使われてきた。*ロンドンのタヴィストック研究所は、初めは精神病院だった。それから、精神医学の研究調査型クリニックに変わった。なんでもやる権利を持っていて、人の脳の上で使うインプラントや、マイクロチップや、ワイヤーなどの実験までしていた。この種のことを観察しに、オルダス・ハクスリーがしょっちゅう訪問していた。

 私たちは、パヴロフ式の刺激反応のテクニックと、最終的には条件付けによって、長いあいだ訓練されてきた
。私はシートベルトブザーつきの自動車が初めて登場してきた時のことを覚えている。それは刺激だった。原始的な刺激だった。連中はネズミも同じように訓練した。それは音に対する反応だった。一般大衆も、シートベルトをしめるように訓練された。するとブザーと光は止まった。これはネズミが訓練されるのと同じ方法で人が機械に訓練されているということだが、一般大衆はその背後にある科学には気づかない。我々は、行動学・行動学者から、たくさんのたくさんの方法で条件付けされている。自明であるべきことを無視し、物事の本質や、自分たちが連れていかれる方向を見なくなるように。私が言っているように、世界は驚異的な変化の過程にある。大衆を準備させるには何年もかかった。何年もの交渉、計画、シンクタンク、政府間の協力。そして非常事態を起こす。または公的な記録にまで載せる。そうやって、皆で一斉にアクションに移れるようにする。


(中略).....


 もちろん、爬虫類人の本を出してまわったりしている人たちもいる。ニューエイジの人々もこれについていき、歩く爬虫類を探している。完全に混乱している。サイコパスというテーマについて自分で調べてみるよりそちらを信じていたいのだ。魅惑的な話は、かなりの人を引き寄せる。これは常に起きることだ。特に、自分たちのまわりで起きていることへの恐怖が増すとそうなる。理解することより、感じられること。昔は他に何も救いがなかったので宗教と聖書に走った。悪魔から自分たちを救ってくれるチャンピオンを常に待ち望んでいた。歴史を通してこれが何度も何度も繰り替えされている。カルゴの人たちですらそうだった。良い例だ。カルゴとは、第2次大戦中、太平洋の島々の人に与えられた名前だった。米軍が大金、滑走路を作って軍隊が行って。住民には食料とギズモとガジェットを渡した。そこでとてもシンプルに自然な生活をしていた人々にとっては魔法のようだった。軍がいなくなると、島々ではカルトが発達し「カルゴカルト」と呼ばれた。人々は、十分にお祈りをすれば、あのデカい空の鳥たちがいいもの、食べ物、調理器具を持ってまた戻ってきてくれるだろうと信じた。キリスト教と同じだ。説教師たちが黙示録を読む。もちろん本当はわかってないから、間違った解釈をしている。そして神の意思なのだから、といって運命論になる。神の意思であり、神が悪者たちにああいうことをやらせているのだから、何も手は打たれない。でも心配しなくていい、最後には救われるだろう。

 ニューエイジ達は否定モードになっている。ハッピーでいよう、ネガティブには目を向けないで。多くの人は、脳マイクロチップをもらって皆でひとつになれたら素晴らしいと思っている。一つの大きなボーグである。だが、誰が自分をプログラミングすることになるのか、という疑問は絶対に問わない。それが自分たちでないのは確実だ。我々が目にしているのは、そういう類の未来である。上に挙げたようなキャラ(サイコパス)たちがヘビーに資金資金するシンクタンクで議論されているのは、こういう未来である。主に、スーツとネクタイをしている連中の背後に星の数ほどいる白衣の科学者と職業人だが。バートランド・ラッセルが絶賛した「専門家の世界」。この問題について色々な本の中で試験的に書いてきた心理学者や精神科医がいる。自分が権力に飢えた人々に支配されているというのはふつう好まれる話ではない。だがシステム内ではそれが成功とされている。常軌を逸した者たちがトップにいくのを助けているシステムじたいが常軌を逸していると結論づけるしかない。まるで彼らのための特注品のようだ。個人的にはそうなのだと思う。


ameblo.jp/stop-electronic-torture/entry-12139462702.html
電磁波拷問・人体実験反対!さんちから転載しました。m(_ _)m
*、注、下線、マーカー等はタマいちが勝手につけました。

  
*おいらもリンクしていた『気まぐれです。』さんですが、いつの間にか消えてしまった。その貴重な記事を保護し、再度UPして下さった「電磁波拷問・人体実験反対!」さんに感謝いたします。ありがとうございます(^^♪



*世界をあやつる最重要神経中枢が「タヴィストック研究所」で⇒イルミナティ・・・
・1921年にロンドンに設立。これを創立したジョン・ローリングス・リース[John Rawlings Rees]少佐で、特殊情報部(SIS)のためだった。SISはイギリス情報部の超エリート機関で、小説『ジェームズ・ボンド』シリーズのモデルになった組織だ。リースこそは「タヴィストック流大衆洗脳テクニック」を作り上げた人物だ。

タヴィストック研究所は「一般大衆爆撃」(戦争で非戦闘員一般市民を空爆によって大量虐殺し、敵国の戦意崩壊度を調査する)なるものを発明した。それを、ルーズヴェルトとチャーチルとが純粋に集団テロの臨床実験として実行した。爆撃を行ないながら、「制御された実験条件」のもとで「実験動物たち」がどのように反応するか観察し、その結果を記録し続けたのである(こうした実験としてドイツのドレスデン爆撃や東京空襲が行なわれた)

  タヴィストック研究所やアメリカの財団が用いるさまざまな手法は、たった1つの目標しかもっていない。すなわち、個人の心理的な強靭さを破壊し、無力な状態に陥れて、世界権力の独裁者たちに対抗できなくすることである。家族というまとまりを破壊し、家族によって植えつけられる宗教・道義心・愛国心・性行為などの基本的なきまりを破壊するのに役立つあらゆる手法を、タヴィストックの科学者たちは群衆支配の武器として用いるのである。
angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/783.html ↑


イルミナティはその実体がつかめないようにするために,多岐にわたる看板組織を通して,世界情勢を背後から操作しているという。CFR(外交問題評議会),ビルダーバーグ,ローマクラブ,三極委員会,シュライナーズ,フェビアン協会,神智学,薔薇十字,そして国連など,一万を超す看板組織が存在すると言われている。その存在はあまりに謎めいていて,部外者には,本当のことが全くわからない。

 大事なことなのでもう一度書いておきます。『ユートピアの表面的なゴールは人類に世界的な幸福を与えるというものである。しかし,彼らの裏に潜んだ意図は世界民衆の(マインド)コントロールを段階的に増して行くということでもある・・・
angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/585.html ↑


*日本社会もこれらの連中が敷いたレール上を走らされています。
・この現状を把握して、しっかり自覚して、モルモットにされない様にしましょう。

・実態がつかめないようにしている連中が唯一見せている尻尾が「消えない毒飛行機雲=ケムトレイル」です。

・311の時も、今回の「平成28年熊本地震」にもケムトレイルが見えていましたぞ!

・下の写真等はwww3.ezbbs.net/10/0011798/ 宏観現象画像掲示板さんよりお借りしましたm(_ _)m

86817.ひとりごと 返信  引用 
名前:湯量豊富    日付:2016年4月14日(木) 23時11分
Original Size: 400 x 300, 32KB Original Size: 400 x 300, 33KB Original Size: 400 x 300, 39KB

皆様今晩は、お疲れ様です。先ほど、熊本地方で大きな地震が発生いたしました。心よりお見舞いを申し上げます。

 さて、ここからは、ひとりごととしてお聞き流しいただければ幸いです。個人的には、9日にご報告差し上げた「8日、朝の愛知西部」+(86801~3)の関連を疑っております。大変恐縮ながら、今一度、ご報告させていただきます。
 ①の中央が0度、③の中央が90度です。


86818.Re: ひとりごと
名前:湯量豊富    日付:2016年4月14日(木) 23時11分
Original Size: 400 x 300, 33KB Original Size: 400 x 300, 30KB Original Size: 400 x 300, 30KB

上の続きで、⑤の中央が180度です。


86820.Re: ひとりごと
名前:湯量豊富    日付:2016年4月14日(木) 23時37分
Original Size: 400 x 300, 31KB Original Size: 400 x 300, 34KB Original Size: 400 x 300, 35KB

上 の続きで、⑦の中央が270度、⑨は①へと戻ります。やはり、ウナギ雲や断層状崩れを見せつつ、60~70度(福島沖、茨城沖)-240~250度(日向 灘、九州北部)近辺を中心に架かる、両極放射型の架橋崩れに見えます。部分的なものだけではごく普通の曇り空に見えますが、視界の利く場所で全天的に見ま すと分かりやすい方位性を表しているように見えます。

一見、「おとなしそうな!」この手の類似症状は、東日本大震災の8日前の3月3日(74079にてご報告)、4日前の3月7日(74119にてご報告)にも見られています。

  内部の症状が派手なものばかりが強い地震の予兆とは限らないようで、やはり、可能な限りの全体的な観測が求められるように思われます。上に書いたように東 日本大震災では個人的には二度の予兆(と思われる)を観測しています。5日にご報告差し上げた86787~8も(その後、主張ある対応が見られなかったた め、兵庫南東部を対応と見ましたが、着地方位的には若干のムリあり??)関連性があるかもしれません。
 

 あくまでもひとりごととしてお聞き流しくだされば幸いですーー;。


86824.再考86787~8
名前:湯量豊富    日付:2016年4月15日(金) 22時53分
Original Size: 400 x 300, 29KB Original Size: 400 x 300, 31KB Original Size: 400 x 300, 29KB

昨夜、上でも触れましたが、今一度、5日にご報告させていただいた上記No.を取り上げさせていただきます。
 まずは、重複して恐縮ですが、5日当日にご報告させていただいたものから改めてご説明させていただきます。

 東方向の単独の放射状から両極放射架橋へ発達したもので、5日当日に86787~8としてご報告させていただいたものです。①の中央が270度、③の中央が0度です。


86825.Re: 再考86787~8
名前:湯量豊富    日付:2016年4月15日(金) 22時55分
Original Size: 400 x 300, 32KB Original Size: 400 x 300, 34KB

上の続きで、⑤の中央が90度です。


86826.Re: 再考86787~8
名前:湯量豊富    日付:2016年4月15日(金) 23時3分
Original Size: 300 x 400, 50KB Original Size: 300 x 400, 49KB Original Size: 300 x 400, 49KB

急いでいたため、南方向はアルバム用の縦アングルのみで、横アングルの画像は写さなかったので当日はUPしませんでしたが、じっくり見直してみますと、結構主張を持つ断層状架橋であることに気づかされます。
 見づらいかもしれませんがよろしくお願いいたします。①の左端が90度、③の右端が180度です。


86827.Re: 再考86787~8
名前:湯量豊富    日付:2016年4月15日(金) 23時7分
Original Size: 300 x 400, 51KB Original Size: 300 x 400, 50KB Original Size: 300 x 400, 53KB

上の続きで、⑥の右端が270度です。ほぼ250度(瀬戸内、九州北部)ライン近辺に突っ込んでいるように見えます。


86828.Re:再考 86787~8
名前:湯量豊富    日付:2016年4月15日(金) 23時13分
Original Size: 400 x 300, 41KB Original Size: 400 x 300, 44KB Original Size: 400 x 300, 39KB

上の86824のその後です。東方向の放射は収まり、西方向からの舌のような帯雲に変化しています。
方位は86824に同じく、①の中央が270度、③の中央が0度です。


86829.Re:再考 86787~8
名前:湯量豊富    日付:2016年4月15日(金) 23時27分
Original Size: 400 x 300, 36KB Original Size: 400 x 300, 32KB

上の続きで、⑤の中央が90度です。「8日、朝の愛知西部」よりも、突っ込み方位は分かりやすく感じます。

 やはり、250度(瀬戸内、九州北部)ライン近辺に突っ込んでいるように見えます。自分の頭の中では、この西南西ライン方向での「主張を感じる」ものは熊本地震以外は思い当たるものがありません。


 ご参考程度にて、お聞き流しいただければ幸いですーー;。


*タマいち注:この写真は全てケムトレイル由来の雲です。↑



1460984478_1m.jpg

熊本県山鹿市 西の空に出てました。
4月15日の18:44 撮影です。
そして、16日 1:25に熊本地震に
関係あるかな

kumobbs.com/threads/page7.html
↑地震雲掲示板さんちから転載しましたm(_ _)m




関連記事
2016年04月19日 | 電磁波 | トラックバック(0)件 |
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の七十代♂、サバイバル中心です♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々
検索フォーム
リンク
飯山です