人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★大麻 : 情報 その1

米国におけるマリファナビジネスとの闘い
先週土曜日、まほろば会で配布された安西正鷹さんの安西ファイル「大麻編」、毎回貴重な情報で満載だが、今回は取り分け重要な情報が含まれていた。それは以下の二つのテーマからなっており、安西さんの了解を得た上で、全ページを二回に分けて転載する。

(1)米国におけるマリファナビジネスとの闘い
(2)偏狭で独善的な大麻礼賛の洗脳から脱却せよ


第一回の今回は、「米国におけるマリファナビジネスとの闘い」を取り上げたい。安西さんの語る「マリファナビジネス」とはズバリ、医療マフィアを指しており、この医療マフィアについては拙稿「御三家」でも簡単に述べた。その医療マフィアが大麻を虎視眈眈と狙っていることが容易に想像できるのは、ジョージ・ソロスの存在だ。このあたりは拙稿「大麻解禁運動にちらつくジョージ・ソロスの影」に書いたので、一度確認していただきたい。


もあれ、以下の安西ファイルで大麻そのものは〝奇跡〟の植物であることが納得いただけると思うが、そうした大麻の素晴らしさを知った大衆の心につけ込み、
逆に大麻で金儲けをしようとしているのが医療マフィアだ。ここで注意すべきは、庶民が体験してきた自然界に群生する〝自然大麻〟と、医療マフィアが大麻成
分を化学的に抽出して大量生産する〝人工大麻〟とでは、その効能に天地ほどの差があるという点だ。

なお、次回は「偏狭で独善的な大麻礼賛の洗脳から脱却せよ」を取り上げるが、まさに目から鱗の情報となるだろう。

最近の大麻解禁の背景 その13
~言霊ラ行時代の壮大な神計らいと大麻と神々の復権
2016年3月まほろば会・「大麻」講義資料

(1)米国におけるマリファナビジネスとの闘い
●マリファナの「伝説的著名人」アダム


私の住む町は、オレゴン州の中で3番目に大きな都市。といっても、繁華街(ダウンタウン)と呼ばれるところもサッとお散歩できるくらいの範囲で、コンパク
トな町。1960年代のヒッピーカルチャーが色濃く残るこの町では、未だに古いフォルクスワーゲンのヒッピーカーをいたるところで見かけます。
・週に1度発行されるこの町の無料新聞、Weekly(ウィークリー)。町のニュースがメインで、イベントや、地元民の情報交換の掲示板などが盛り込まれています。
・先週号の表紙は、ローカルの医療大麻栽培者のAdam Jacques(アダム・ジャック)氏。薬理成分CBD(カンナビダイオール)高濃度含有の世界最高峰の医療大麻を栽培し、数々の医療大麻に関する賞を獲得し、人々から医療大麻の「レジェンド」と呼ばれる存在です。
16031905.jpg

・今回の記事では、そのレジェンド、Adamの栽培する医療大麻のためにアラバマ州からこの地に移住してきた、とある家族の話。

————————————————————————-
<Leniのはなし>

Leniという4歳になる女の子は、母親のお腹の中にいるときに脳卒中を起こし、脳に障害を持って生まれてきました。生まれて間もないLeniを見て、両
親はLeniの異常を確信しました。泣き方が明らかに他の赤ちゃんと違ったのです。生後34日の超音波検査で、Leniの両親は「この子は長く持たない」
と告げられます。母のAmyは、できる限りの治療を望み、Leniを神経外科医、心臓の専門医、作業療法士の元へと連れて行きました。その甲斐あってか、
7ヶ月を迎えるまでは、健康的に成長しました。
・しかし、生後7ヶ月を過ぎて数日もしないうちに、てんかんの発作に見舞われます。小児病院に駆け
込むと、大人とほぼ同等の量の抗てんかん薬を処方されました。更に、Leniの余命は4ヶ月未満と宣告され、末期患者に対する苦痛緩和ケアを進められたの
です。両親はLeniをホスピスに入れることを拒否し、自宅でできる精一杯の治療を行うことにし、日々彼女に愛情を注ぎ、Leni優先の生活を送りまし
た。その頃、アメリカ全土から、親戚が小さなLeniにさよならを言うために会いにやってきたそうです。皆が、Leniの死を覚悟していたのです。
・「この子は私たちを驚かしてくれました。」と母のAmy。1日に強直性けいれんが20回ほど、その発作の間にも間代性筋けいれんが起こるものの、抗てんかん薬がLeniの発作を少しずつ緩やかにしていたのです。
・どうにか命を繋いでいたLeniでしたが、その後6ヶ月はほぼ植物状態に。声の発声も、動作もみられなくなり、両親はLeniの呼吸でしか彼女の様子を探るしかなく、それは、いつ彼女がどうなるか分からず、恐怖の日々だったと言います。

その頃、同じように幼児・小児てんかんの子を持つ人々と情報交換を始めたLeniの両親。そして、間もなく大麻から取れるオイルの有効性を耳にします。そ
こで、9歳のCharlotte Figi
(シャーロット)という女の子から名づけられた「シャーロット・ウェブ」という種類のカナビスオイル(大麻オイル)の存在を知ります。シャーロットは小児
てんかんを患い、カナビスオイルを服用した結果、てんかんの症状が緩和された例で、今では世間に広く知られています。
・アラバマ州では大麻の使用
は医療目的であっても違法。Leniの両親は、医療目的でのカナビスオイル使用の合法化を望み、法改正の運動に参加します。2014年にアラバマ州は、化
学的に合成されたカナビスオイルを、医療の治験対象として通過させましたが、小児患者への治験使用は禁止されており、Leniには適用されませんでした。
Leniの両親は、アメリカ国家が大麻に関する法律を改正するのをただただ待つしかないのかと苛立っていました。アラバマ州はアメリカの中でも特に保守的
な州で、州法の法改正にも希望が見えませんでした。そして、Leniの両親は移住することを決心します。

<Adam、そしてカナビスオイルとの出会い>

一時は、移住先に大麻に関してアメリカの最先端を進むコロラドを検討していましたが、Leniの父親がオレゴン州で就労し、Leniの両親、Leni、そ
して3人の兄弟は2015年6月にオレゴン州に移住。すぐさま、Leniの両親は大麻推進派の知人たちに連絡を取ると、皆がある1人の名前を声を揃えて言
いました。彼はレジェンドだ、と。
・知人を通じ、「LEGEND」と呼ばれるAdam Jacques氏に辿り着きます。
・オレゴン州に
引っ越したLeniは、良い状態が続いていました。Leniの両親は、カンナビスオイルをLeniに服用させることに慎重でした。まずは、Adamに
Leniに会ってもらい、お互いの相性を実際に確かめてもらいました。また、Adamに、彼が育てる大麻が、どんな患者に使用されることになるのか知って
欲しかったと言います。
・そして、2015年8月、Leniはカンナビスオイルの服用を開始。このカンナビスオイルは、薬理効果の高い成分CBD
を高濃度に含み、大麻についてよく知られる、ハイにする成分THCを抑制する成分、THC-Aを含むもの。母親のAmyは言いました。「初めは、Adam
も私たちでさえも、これでは効果は見られないだろうという位、わずかな量のオイルをLeniに与えました。すると、1時間もしないうちに、その効果は明ら
かでした。Leniは遠くのものを集中して、じっと見つめました。本当に、しっかりと。」
・カンナビスオイルの服用開始から1週間も経たないうち
に、Leniはディズニー映画「アナと雪の女王」を観ながら、歌を唄うようになっていたのです。Leniの母親は「今まで映画を集中して観続けることなん
て、まず考えられなかった。それなのに、この、目に見える程明らかな変化。ここにきて、またクリスマスを一緒に迎えられる時期まできた。本当に凄いこ
と。」と身振り手振りを使って興奮して言いました。
・兄のトーマスはこの時を振り返って、「Leniは、引っ越してくる頃は、まるでゾンビみたいだったんだ。今のLeniの姿を見れば、誰も大麻の効果を疑えないよ。」と話します。今では、トーマスはレジェンドAdamの大麻栽培の仕事を手伝っています。
・カンナビスオイルの服用を始めて、誰もが目を見張るほどの改善をみせたLeni。1日に何度もあった強い発作は、なんと今では4-6週間のうちに1度だけで、それまでは1日のうちに何度もあった小さな発作は、今では全くなくなったのです。

「今では、Leniは自分の足で立とうとしたり、ごろごろと転がってみせたりするんです。色々なことに興味を示すようになったし、新しい音を発声してみた
り。前まで、自分の世界に閉じこもって、つらい時をじっと過ごしていたのに、今では笑顔を見せ、声を上げて笑うんです。学習能力だって日々上がっていま
す。」とLeniの母。
・更には、Leniの両親は、カンナビスオイルの量はそれまでと変えず、抗てんかん薬をそれまで使用していた量の20%まで減らしました。副作用も見られなければ、発作の回数が増えることもありませんでした。
・Leniの母は言いました。「Adamは、私たちの子どもを取り戻してくれた。この愛おしい我が子が笑っていてくれるだけで、私たちの暮らしはすごく幸福に満ちてる。」と。

<オレゴン州とレジェンドのこれから>
・カンナビスオイル(大麻オイル)の服用で、急激にLeniの体調が良い方向に向いたことで、周囲から「奇跡だ」と言われることについて、Leniの母は笑いながら、しかし、「これは奇跡じゃない」とはっきりと言い切りました。

確かに、これをただの奇跡として、だたの逸話として語り継がれることをLeniも、Leniの両親も、そしてAdamや大麻を必要としている人々は願って
いないのです。これは、奇跡ではなく、まぎれもない事実・実例なのです。逸話として軽くあしらわれるべきではなく、世界中で大麻を必要としている人たちの
後押しとなる、確実な証明の1つなのです。
・ただし、Adamは、人々が大麻を、病気を完治させる「奇跡の万能薬」として勘違いして欲しくないと
言います。「これは、あくまで病に苦しむ人々の生活を向上させるために有効な薬。そして、Leniのような幼い子供たちにも使える、素晴らしいもので
す。」と話すAdamは、薬理効果の高いCBDの高濃度含有の大麻生産者として、世界の大麻業界の先駆者です。また、医者の役割をも担ったり、ホリス
ティックヒーラー、大麻の交配者、大麻の古今伝道師としても、時折現代の常識を覆すような活躍を見せてくれています。
・しかしながら、Adamは医療大麻や法改正について、慎重、かつ現実的に捉えています。というのも、もし、製薬会社が大麻に含まれる成分を合成し、法律をくぐり抜け、それを医療業界で使えるとなったら・・・。

「製薬会社は大麻の一部の成分、CBDだけに特化して医療で使おうとしているのです。つまり、大麻に含まれるいくつものカンナビノイド(様々な作用をもた
らす成分)を研究し、それを実験室で化学的に合成するのです。そうすることで特許が取れ、また、違法とされている大麻そのものではないので、その化学合成
された薬を医療に使ったり、販売できるのです。患者たちは大麻は違法で、手に入らなくとも、保険の適用のある合成薬なら手に入れられる。もちろん、本物の
大麻からとれるオイルと、製薬会社によって化学的に造られたものとでは効果は天と地ほど違います。しかし、経済的な理由や法律のことで、手の届く唯一の選
択肢としてうまく利用し、利益を上げようと企んでいるのです。」
・また、Adamは今後のオレゴン州の大麻法改正についても危惧しています。現在
は、娯楽使用も合法となったオレゴン州ですが、医療大麻使用許可書を持つ人々は、カンナビスオイルや、エディブル(チョコレートやクッキーなど、食べて摂
取するもの)など、様々な形態の大麻を購入でき、年齢の制限もありません。一方で、現在の娯楽使用目的の購入は、年齢制限21歳以上、フラワーと言われる
乾燥大麻のみ。製薬会社は、医療大麻制度を廃止させようとしています。他州でもそうです。もしも医療大麻制度がなくなってしまったら、本当に大麻を必要と
しているLeniのように病に苦しむ幼い子供たちは、年齢制限のために大麻を治療目的で使用できなくなります。そして、そこに漬け込む製薬会社の存在。患
者の1人1人に合った、大麻を交配・栽培している私たちと患者たちとの関係も無視し、仕事を奪い取り、化学的に造り上げた合成カンナビスオイルを押し付け
るのです。
・2016年2月16日にプエルトリコで開かれる大麻授賞式(CannAwards)に、世界の大麻業界に最も影響を与えた人物として
ノミネートされました。Adamは「様々な賞を取ることは、自分の名誉ではありません。ただ、それが大麻がどれだけLeniのような患者さん達に有用であ
るかを、世界の人々に認識してもらえるきっかけになると考えています。」そして、こう続けます。「どんな賞だって取れる自信が私にはあります。しかし、そ
の賞の数は、製薬会社からすると何の意味もないことです。彼らは、私がどんな賞を取ろうと、合成薬でビジネスを成功させるため、医療大麻を排除しようとす
る。私は諦めません。正しいことを貫き通します」と。
・2015年8月、Adamはシアトルで行われた大麻会議では、スーツの人々で埋め尽くされ
る会場にオーバーオール姿で現れ、授賞式に参加しました。「私ほど、汗水垂らして、必死になってそれぞれの患者に最も適した大麻を交配している人はいない
と自負しています。私は、世界一、多種類のCBD(薬理効果の高い成分)を含有する大麻草を育てています。世界で一番強いCBDも含めて。」
・今
後のオレゴン州の動きに慎重ながらも、Adamはこれからの娯楽使用者が増えることについても楽しみにしているとのこと。「私の栽培する大麻が娯楽目的の
使用者の間でも有名になり、多くの人々が購入する。そうなると、その売上金で、医療大麻の栽培に更に力を注げるからです」と。
・「私は、毎日、病
に苦しみ、助けを必要としている人々の為に働いています。人を助けることで、私は生活費を頂いています。利益をあげるために働いているわけではありませ
ん。この植物を育てているのも、ビジネスのためではありません。私の助けを必要としている人がいる。それが、私が大麻栽培をする唯一無二の理由です。」

————————————————

・以上、Eugene Weeklyより抜粋、翻訳。一部、補足しました。
・この町の新聞がAdamを取材し、大きく取り上げたことに関しても、それだけ大麻を、そしてAdamを評価していることが分かります。

16031906.jpg


(HP「420 GREEN TIMES」2016年1月21~22日付「“LEGEND”of Marijuana」より引用・一部編集加工)
https://420greentimes.wordpress.com/2016/01/21/legend-of-marijuana-2/
https://420greentimes.wordpress.com/2016/01/22/legend-of-marijuana-3/

【ポイント・私見】
・米オレゴン州在住の医療大麻栽培者のアダム・ジャック(Adam Jacques)氏は、高濃度の薬理成分CBD(カンナビジオール)を含む世界最高峰の医療大麻を栽培し、数々の医療大麻に関する賞を獲得しており、人々から医療大麻の「レジェンド」と呼ばれている。
・アダム・ジャック氏が処方するカンナビスオイルで、幼児・小児てんかん症が急速かつ劇的に治癒される事例が続出しているが、これは奇跡ではなく紛れもない事実である。
・アダム・ジャック氏は、医療大麻や法改正について慎重かつ現実的な対応が必要であり、製薬会社による合成大麻の危険性を主張している。

製薬会社は大麻に含まれるいくつものカンナビノイド(様々な作用をもたらす成分)を研究し、その中からCBDだけに特化して実験室で化学的に合成した医療
用大麻を使おうとしている。本物の大麻からとれるオイルと、製薬会社によって化学的に造られたものとでは効果は天と地ほど違う。しかし、経済的な理由や法
律の制約で、手の届く唯一の選択肢としてうまく利用し、利益を上げようと企んでいる。
・また、ジャック・アダム氏は、製薬会社が全米で医療大麻制
度を廃止させようとしていることに警鐘を鳴らしている。例えば、オレゴン州では、医療大麻使用許可書さえ持てば大麻購入に際して形態や年齢の制限はない
が、娯楽使用目的の購入は年齢21歳以上でフラワーと言われる乾燥大麻のみに制限している。もし、医療大麻制度が廃止されれば、本当に大麻を必要としてい
る人々が大麻を治療目的で使用できなくなり、患者の特性に応じた大麻を交配・栽培している栽培者と患者たちとの関係も無視し、仕事を奪い取り、化学的に造
り上げた合成カンナビスオイルを押し付けられることになる。

・ジャック・アダム氏は、誰よりも医療用大麻について熟知しているだけでな
く、大麻の栽培に精力を傾け、患者ごとに最適な大麻を処方していることにかけては人後に落ちないと自負している。また、娯楽用大麻にも賛成しているが、そ
の売上を医療用大麻の栽培に使うという、現実的でバランスのとれた思考の持ち主で、極めて高い精神性を有する人物だ。「ビジネス」のいかがわしさを否定
し、その象徴ともいうべき製薬会社との闘いに全身全霊を傾ける姿は、まさしく「米国のサムライ」だ。
・サムライ(侍)は日本にしかいないわけではない。それは人種や民族と関係なく、世界中にいる。彼らサムライ(SAMURAI)は、このアセンション時代に闇の勢力と戦う光の戦士である。


【追記】

後の〝サムライ〟の行で、安西さんがニコニコしながら亀さんの顔をて、「昔、サムライというブロガーがいましたね…」と言うのだった。確かに昔の亀さんは
サムライと名乗っていたなぁと、当時を懐かしく思い出した。まぁ、亀さんがサムライかどうかはともかく、安西さんも馬井こと言うなぁと感心した。亀…では
なくて豚もおだてりゃ木に登るってか…。


関連記事


toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-1047.html
亀さんちから転載しましたm(_ _)m


*一番信頼している亀さん情報ですので、消えないうちに全文を転載させて貰いました。


◆2016/04/11(月) 鳥取県智頭町から大麻栽培の親分が来た!

◆2016/04/12(火) 大麻,亜麻,苧麻(ちょま)。どれもE~!

余すところなく




関連記事
2016年04月13日 | 大麻 | トラックバック(0)件 |
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の七十代♂、サバイバル中心です♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

シスVSエイリアン

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々
検索フォーム
リンク
飯山です