人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★福一モクモク再臨界:静かだが着実に放射能被害が拡散中


都内のセメント工場から放射性物質が放出?――福島原発由来なのか

HARBOR BUSINESS Online 4月2日(土)9時21分配信

 メルトダウンによって大量の放射性物質をまきちらした福島第一原発事故から5年がたつ。除染作業も行われているが、拡散した放射性物質を全て回収するこ とは不可能だ。放射能汚染を監視する東京都のNPOは、放射性物質が混じった粉塵の吸入で内部被曝が生じる可能性を指摘する。

◆NPOが独自の測定方法を編み出す

 東京・日の出町にあるNPOちくりん舎(市民放射能監視センター)は、大気中の微粒子に含まれる放射性物質を独自の方法で調査している。

 一般的には送風機にフィルターを取り付け、フィルターを通った空気量とフィルターの放射線量を測定する装置「エアダストサンプラー」を使用する。一方、 ちくりん舎では一定の大きさのリネン布を2週間程度外気にさらし、布に吸着した放射性物質を測定する方法を編み出した。エアダストサンプラーよりも安価か つ簡便に測定できるのが特徴だ。

 ちくりん舎は2014年春以降、福島県内では南相馬市内や伊達市内など24か所で得られたリネン布の吸着サンプルを測定。放射性セシウム137で、布1 ㎡当たり0.24(福島市内)~117.95(郡山市内)ミリベクレル時という結果が出た。これは極めて低い数値だが、ちくりん舎理事の青木一政さんは次 のように指摘する。

「東京大学の児玉龍彦教授は原発事故が起きた2011年の7月、国会の参考人説明で『内部被ばくというのは何ミリシーベルトという形で言われていますが、 そういうのは全く意味がありません』と証言しています。摂取した放射性物質が臓器に蓄積し、細胞の遺伝子を長期にわたり傷つける可能性があるためです。最 近の研究では、肺に取り込まれたセシウムは排泄されにくいと指摘するものもあります。摂取しないにこしたことはありません」

◆日の出町のセシウム検出は福島原発事故由来!?

 リネン布を用いた測定では、ちくりん舎がある日の出町内でも放射性セシウムが観測されている。町内には、東京多摩地域の自治体から出た可燃ゴミの焼却灰を原料に用いるエコセメント工場が稼働。日量400トンのエコセメントを生産している。

 ちくりん舎では2014年3月末、エコセメント工場近くで測定を実施。同2.9ミリベクレル時を検出した。

「工場の排気に放射性セシウムが含まれているものと推定しています。ゴミ焼却灰の加熱時に出るガスはバグフィルターを通して排出されます。その際、ゴミ焼 却灰に含まれていた放射性セシウムがガスに混じり、バグフィルターで捕集しきれないものが放出されているのではないでしょうか。稼働状況などは変わってい ないので、現在でも状況は同じでしょう。

 リネン吸着法では半減期の短いセシウム134も検出しており、その線量はセシウム137との相関関係が認められます。したがって、今回の検出は東電原発事故によるものと考えられる」と青木さんは話す。

 一方、エコセメント工場を運営する「東京たま広域資源循環組合」によれば、工場の排気から放射性物質は検出されていないという。

「測定は排ガスの流路で行っており、2016年1月の測定結果ではND(不検出)です。検出下限値は排ガス1立方メートルあたり1ベクレルですが、これは 都の指針である同2ベクレルより厳しいものです。ちくりん舎の測定に関してはコメントする立場にありません」(循環組合担当者)

◆日の出町では検出されたが、青梅市では検出されず

 ちなみに、この検出結果との比較を目的に、ちくりん舎が隣の青梅市内で行った測定では、放射性セシウムは検出されなかった。「エコセメント工場での検出下限値が高すぎるので、それをすり抜けたものが検出されたのでは」と青木さんは見る。

 東京電力は、福島第一原発から放出された放射性物質について「無主物」、つまり誰のものでもないとの立場を取っている。しかし放射性セシウム137の半 減期は約30年。数値は低いとはいえ、事故がなければする必要のなかった被曝だ。事故によって余計な被曝を強いられる状況が、福島県の内外で今も続く。 <取材・文/斉藤円華>

コメント:
2016/04/02 19:26 原発事故で懸念されるのは、被害補償である。日本の原発でチェルノブイリ級の事故が起こった場合、その損害額は数百兆円に昇るとみられているが、現行制度では、電力会社には千二百億円の保険加入義務しかない。実際、福 島事故では今もなお多くの避難民の方が十分な補償を受けられず苦しんでいる。
そこで、再稼働の条件として、稼働する原発に対し電力会社の全社員及びその家族が各人数億円規模の保証を締結することを提案したい。
一見厳しい条件のようだが、再稼働について国民の理解を得られる自信があるなら、家族を説得することなど朝飯前であろう。(私が家族の立場なら即絶縁するが)
 もちろん、首相や関係閣僚及びその家族・秘書の方々にも原発保証に加わっていただきたい。その位のリスクを背負った上で再稼働を決めるのが、真の覚悟ある決断である。



原発はデタラメな無責任事業ですね。
東京電力は、
福島第一原発から放出された放射性物質について「無主物」、つまり誰のものでもないとの立場を取っている。しかし放射性セシウム137の半減期 は約30年。数値は低いとはいえ、事故がなければする必要のなかった被曝だ。事故によって余計な被曝を強いられる状況が、福島県の内外で今も続く。


zasshi.news.yahoo.co.jp/article転載させて貰いましたm(_ _)m



megsinginglalala.blogspot.jp/2013/06/blog-post_491.html ↓

これを読んでください。
「俺らはわかってる。だから私は食べない」「自分の子供に食べさせたいと思わないでしょ?」「風評じゃない!根にも葉にもある」6/6東電・政府交渉(内容書き出し)
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3038.html

まだあります。

北九州市や香川県の直島や豊島の三菱マテリアル放射能瓦礫を燃やしている件と、セメントに放射能汚泥を混ぜている件です。

こちらは読者さんからのコメントからです。

北九州市、隣町の苅田で三菱マテリアル九州工場が、いわき市の勿来火力発電所の焼却灰をセメント原料としてガンガン燃やしており、次から次へと問題続出。焼却という言葉は使っていませんが、熱処理するので事実上焼却と同じです。しかもバグフィルターなしで。こちらのブログで取り上げられています。大分では太平洋セメント津久見工場で同じく勿来火力発電所の焼却灰を受け入れるので、反対運動が起きているのですが、(経過の一部は放射能防御プロジェクト九州に報告されています)三菱マテリアルに対しては、組織だった反対運動が全く起きておらず、やられ放題です。苅田町との境にある北九州空港は、卵の腐ったような硫黄のような悪臭がするそうです。北Qで瓦礫を燃やしていた時は、小倉にたった1泊でアトピーが悪化し、埼玉に逃げ帰りました。それと同じ臭いが北九州空港でするのですから、恐ろしいことです。http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012

私は一昨年の6月に、汚泥を焼却すると放射性物質が濃縮して、既存の法律で夏には既に前橋市の六供から動かせなくなり、燃やせないから仕方ないからセメントに混ぜることをセメント協会が政府から言われて受け入れたことをセメント協会のHPで読みました。http://www.jcassoc.or.jp/cement/1jpn/110728.html

でも、まさか、結局のところ、それも燃やして(熱して)居たとは・・・意味ないじゃん、なんも!
 九州には自民党の麻生市のご実家、麻生セメントありますからね。
してやられたんでしょうか?



*絶対にやってはいけない、放射能瓦礫の広域処理&再利用でした・・・

・学習して、被曝を避けましょう! 
・併せて「乳酸菌類」を使えば憂いなしです♪ 
  発酵食品の常用で腸内環境を整えて、免疫力UPに努めましょう!


下記の記事を参考にされたし、放射能対策=ウイルス対策&花粉症です。

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたいその367 ホルミシス効果のインチキ


★どんなウイルスも不活化出来る: ワクチン神話に騙されるな!

★放射能サバイバル:キクイモを食べよう!

★分子栄養学(三石理論)による放射性物質対策





関連記事
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の七十代♂、サバイバル中心です♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々
検索フォーム
リンク
飯山です