人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★モルジェロンズ病は研究所の中で作られたバイオ兵器です!


テーマ:
モルジェロンズ病とCIAのMKナオミプロジェクト
(『気まぐれです。』というサイト(http://bilininfojp.blogspot.jp/)の、2014年4月21日月曜日の記事より転載。なお、このサイトは、恐らく加害犯罪者達にとって知られたくない情報がたくさん書かれていたために、2014年9月頃に削除されました。)

http://bilininfojp.blogspot.jp/2014/04/ciamk.html


Hank P. Albarelli Jr.(米国フロリダ州に住む調査報道ジャーナリスト), Zoe Martell

原文:http://www.voltairenet.org/article166027.html

JPEG - 17.3 kb
Symptoms of Morgellons disease. :モルジェロンズ病の症状↑


○「欧米全土のモルゲロン(モルジェロンズ病)被害者」のパート2

75歳のエドワード・スペンサー博士は、モルゲロン病(モルジェロンズ病)についてとても真剣に受け止めているごくわずかな医師のひとりだ。スタンフォード大学とイエール大学で教育を受けた脳神経学者で、北カリフォルニアのペタラウマ・ヴァリー病院でおよそ40年間働いていた。

数年前のある日のこと、スペンサー博士は病院の「医師保健委員会」の会合に呼ばれた。会議の目的については全く見当がついていなかった。少し前に東欧の豚インフルとワクチンに関して懸念を表明していたので、その件について議論したがっているのかもしれないと思った。東欧に送られたインフルエンザワクチンが致死性のトリインフルウイルスで汚染されていたらしいと知って、スペンサー博士はとても危機感を覚えていた。また、モルゲロン(モルジェロンズ病)の患者たちのことをおおっぴらに擁護していた。

先にスペンサーは述べていた。「CDCと医学界は、”モルゲロン(モルジェロンズ病)”の名で知られる病の研究に関して完全に義務を怠ってきた。患者たちに治療も支援も励ましも一切提供していない」。さらに「モルゲロン(モルジェロンズ病)は妄想症ではない。それは説明不可能な病気である。治癒しない傷口、かゆみ、繊維の出現を含む、皮膚へのmanifestationを特徴とする。 ライム病との強い関連があるように見受けられる。」

スペンサーは回想する。ひとたび会議の席に着いたあと「豚インフルに関する自分の発見について議論したがっているのだろう、とナイーブにも考えていたのですが」、豚インフルとモルゲロン(モルジェロンズ病)に関する彼の姿勢について委員会が大いに懸念を抱いているということ、そして「患者たちにとって危険人物である可能性があるので、精神科医による査定を受けることに私が同意するよう」求めていると聞かされ、スペンサーは衝撃を受けた。病院で40年近くも働いてきたスペンサーは「耳を疑いました。ショック状態寸前でした。私の発見に興味を持ってもらえたのかと思って持参した、豚インフル関連の資料の山と共に座っていました」。

(中略)

病院を辞めたスペンサーは、カリフォルニア・バークレイの市長と市議会の前でモルゲロン(モルジェロンズ病)について証言した。この病気[モルゲロン(モルジェロンズ病)]がナノテクノロジーと関連していることを示す強い証拠があります。特にナノファイバーの形態を取ったナノマシンです」。スペンサー博士は約30日後に「マレーシアでの感染症会議に出席する計画を立てました。」しかし、出発前に奇妙な自動車事故に巻き込まれた。道路の完全に同じ側を走っていた車から正面衝突されたのである。致命傷ではない傷で入院したスペンサーは、おかしなことに「約4時間ほどの間、意識が乖離した状態」に陥った。その理由や診断はいっさい何も確立されていないという。「それが始まった時、私は携帯で話していました。携帯の記録から見ると、私はモルゲロン(モルジェロンズ病)の患者さんたちを追いかけているアイオワ州の女性に電話をし、7分間繋がっていたことになっているのですが、これについては全く記憶が飛んでいます」。

スペンサー博士は筆者たちとのインタビューで述べた。私はモルゲロン病(モルジェロンズ病)をハイブリッド・バイオ・ナノ・マシン・テロ兵器とみなしています。体制側の医学界および政府は・・・いまや政府は外国人に所有されている詐欺的な企業となっていますが・・・モルゲロン(モルジェロンズ病)についてはどんな調査も実施されないようにするために恐ろしく手の込んだことをやっています。モルゲロン(モルジェロンズ病)は一つの事象ではありません。実際のところ、数多くの手段で体に損傷を与える複数の攻撃ヴェクターのシステムで、様々なDNAとRNAの鎖がついています。それは、才能ある男女の手により、研究所の中で作られたものです。魂を失って悪魔崇拝的な原則に従っている人たちです。」

CIAのMKナオミプロジェクトの話が始まりませんが、この続きはまだ翻訳できていません。あしからずご了承下さい。



エドワード・スペンサー博士のインタビュー
http://www.youtube.com/watch?v=a2hOkOY7Ji4&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=9phhSbufeck&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=maOL4hJkfo0&feature=related
ameblo.jp/stop-electronic-torture/entry-12122840227.html
電磁波拷問・人体実験反対!さんちから転載しました。m(_ _)m
・(モルジェロンズ病)表記、、写真UP、マーカーはタマいちがつけました。


*おいらもリンクしていた『気まぐれです。』さんですが、いつの間にか消えてしまった。その貴重な記事を保護し、再度UPして下さった「電磁波拷問・人体実験反対!」さんに感謝いたします。ありがとうございます(^^♪


>この病気[モルゲロン(モルジェロンズ病)]がナノテクノロジーと関連していることを示す強い証拠があります
>私はモルゲロン病(モルジェロンズ病)をハイブリッド・バイオ・ナノ・マシン・テロ兵器とみなしています。
>研究所の中で作られたものです
・お医者さんが、ここまで明確にされた記事は始めてです。
・日本でもチラホラとモルジェロンズ病発症の話を聞くので、これが判っただけでも役にたちますね。

・モルジェロンズ病はこのサイトが詳しいです↓
ala-aliis-plecent.cocolog-nifty.com/solong/




関連記事
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の七十代♂、サバイバル中心です♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々
検索フォーム
リンク
飯山です