人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★ケムトレイル散布の目的は何か:体内の「ナノマシン」

2016年3月上旬に配布された更新プログラムで~。ユーザーがほとんど何もしなくても、Windows 10へのアップグレード作業が自動的にスケジューリングされていたり、気が付いたらWindows 10にアップグレードされていた、というケースもある。www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1507/27/news022.html
★Windows 10は危険だよ: Windows 10はスパイウェアです!
1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-13506.html

1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-13662.html

1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-13672.html

*予てから指摘していましたが↑、最近はより執拗にWindows 10へのアップグレードが行われています。このおせっかいの目的の一つに、これから記す「体内のナノマシン」も関連して来るものと考察し、危惧しています。

*おいらもリンクしていた『気まぐれです。』さんですが、いつしか消えてしまった。その貴重な記事を保護されていた「電磁波拷問・人体実験反対!さん」がこの度UPして下さったので、これから転載します。m(_ _)m



ケムトレイルと体内の「ナノマシン」


テーマ:

(『気まぐれです。』というサイト(http://bilininfojp.blogspot.jp/)の、2013年10月15日火曜日の記事より転載。なお、このサイトは、恐らく加害犯罪者達にとって知られたくない情報がたくさん書かれていたために、2014年9月頃に削除されました。 )

http://bilininfojp.blogspot.jp/2013/10/blog-post_15.html


アリゾナ・スカイウォッチ

「ケムトレイルとナノファイバー」

http://www.arizonaskywatch.com/articles/articles/chemtrails_and_nanofibers.htm



未来予想「空軍2025」の一章に “Weather As a Force Multiplier: Owning the Weather in 2025”というのがある。 (http://csat.au.af.mil/2025/index.htm)  

世界中で継続的におこなわれている大気へのエアロゾル作戦「ケムトレイル」を懸念している人々は、米空軍が天候操作のための世界規模の噴霧作戦に関与している証拠としてしばしばこの章をとりあげている。それについてはIzakovic Rolando、Amy Worthington、 Scott Gilbertさんたちがくわしく探求してきた。

これらのエアロゾル作戦によって、気象操作その他、大気を用いた軍事アプリケーションが進行中なのは明白である。しかし、気象操作はひどい発想だとはいえ、これから取り上げることに比べればまだマイナーなのかもしれない。ケムトレイル噴霧が地球温暖化を遅らせるというコンセプトは巨大な建前のように見える。

Lydia Manciniさんは、ケムトレイルによる精神変化の側面を探求してくれている。

でも私は、ケムトレイルパズルの最後のピースの一つを見つけてしまった気がする。

米空軍は、空中噴霧を通してナノスケールのセンサーを食料、水、空気に注入する方法を研究していた。それらのセンサーを人々の体内に入れるためである。

ケムトレイルアクティビスツが集めた証拠によれば、噴霧されているケムトレイルには細菌だけでなく電気伝導性のある金属、赤血球、炭素パウダー、鎮静剤、ナノ粒子、クリスタリン物質、アルミニウム微粒子、バリウムパウダー、および、ある種のポリエチレン・シリコン繊維が含まれている。

最近、ヒルデガルデ・スタニンジャー博士という産業毒物学者と、マイク・キャッスル博士というポリエチレンの専門家でケムトレイルアクティビストの人が協力した。繊維が肌から生えてくる「モルゲロン病(タマいち注:モルジェロンズ病)」の人々のナノファイバーと、ケムトレイルのナノファイバーの間の関係を見定めるためだ。

モルゲロン病(タマいち注:モルジェロンズ病)の人々には、体の上の治らない傷口から様々な色のナノファイバーが生えて来ている。ケムトレイルによるフォールアウトにも、モルゲロンファイバーとそっくりな、カラフルなファイバーがある。これらのファイバーは、人体の上や、家の中にある。蛍光ライト(ブラックライト)があれば見つけることができる。紫外線を当てると光る。拡大鏡も使った方がいい。

モルゲロン被害者の体から集められたファイバーや組織のサンプルと、ケムトレイルファイバーのサンプルが、国内最高の4つの研究所(AMDL, Inc., ACS, Inc., MIT, Lambda Solutions, Inc.)へどっさり送付された。キャッスル博士 と スタニンジャー博士は、これらの研究所にこれらのファイバーの判別を依頼した(直訳ですいません)。研究所から戻ってきた結果は驚くべきものだった。そのことは Rense Morgellons Radio Broadcasts(http://rense.com/datapages/morgRSPEC.htm), No. 7 と No. 11の中で議論されている。

さらに、スタニンジャー博士はテキサスのケムトレイルファイバーがイタリアのケムトレイルファイバーと一致していることを確認した。

ケムトレイルのファイバーは、ある種「モルゲロンになる前の」お子様ファイバーのようなものである。モルゲロンファイバーのほうが発達しており、ナノワイヤーを集成するタイプのナノテクノロジーに関連している。オンラインラジオホストのジェフ・レンスによると、モルゲロンとは、自己集成・自己複製型の可視的なチューブ、色つきのファイバー、ワイヤー、アンテナ、センサーのようなものがついたアレイ、その他の可視的な形状の形態による通信可能な(ナノテクでトリガーされうる)人体への侵略。一部は、遺伝的に改変され、継ぎ合わされたDNA、RNAを搭載している。

これらの(ナノトリガーされる)「マシン」は、アルカリ性の条件下で成長する。そして、動力源として、身体の生物電気的なエネルギー、ミネラルその他を使う。「自己複製、センサー、アルカリ、ミネラル、生物電気的エネルギー」などのような重要な言葉を覚えておこう。

さらに、これらの小さなマシンには独自の内部「バッテリー」が備わっていることを示唆する証拠も一部存在している。それらはおそらく特定に同調されたマイクロ波、EMF、ELF信号や情報を受信できるものと考えられている。ほぼ全ての被害者の報告からして、モルゲロンのナノマシンには、ある種の「集団知性」(巣箱)があるとみられる。

ケムトレイルのナノファイバーが分割してナノ微粒子になったりするのだろうか? スタニンジャー博士はそれもあり得ると考えているようだ。ナノ微粒子は、肺の血液関門を通過して血液の中に入り、脳その他の体の部位に移動し得る。

オンライン・ジャーナル「ネイチャー」で、ジム・ジャイルズ氏がこう述べていた。「もっと早いコンピュータ回路を作ったり、薬品搬送システムを改善したりすることに使える日がくるのではないかと期待されているナノ微粒子は、吸入すると脳にまで移動し得ることが米国の研究者たちの調べでわかった」。

これらのナノ微粒子は、ひとたび脳その他の臓器に到達したあと、完全に成長したナノワイヤーになるよう自己集成する能力を持っているのではないかとスタニンジャー博士は考えている。私たちはこのナノテクノロジーを食べている。私たちの食品・・・植物と動物に入っているそうだ。そして、体内で接触した細菌のDNAや特定の細胞などをコピーして、細菌やガンをもっといっぱい作るのだと。

ナノワイヤには、ニセの髪やニセの肌と関連する種類のものもある。ある一人のモルゲロンの女性は、ニセの髪のテストが陽性と出た。これらの自己複製型たんぱく質は、昆虫や寄生虫のように見える途方もない形態すら作り出している。体内にこれらのナノマシンを持つ昆虫(寄生虫)の卵が生まれている。これは、このナノテクノロジーが体の保護バリアを通過できるという証明である。

少なくとも100万人~2000万人の米国人がこれらのセンサー、アンテナ、ワイヤー、アレイを体内に持っているとキャッスル博士は考えている。モルゲロン被害者は一日1000人の割合で広がっている。毎年それを拡大させる被害者が増えるのだから、その割合も増すだろう。外見的にモルゲロンの症状を呈示しない人々でも、体内にナノ疾患を持っていることがある。症状が現れるのは、体がファイバーを拒否している人々と考えられている。症状がない場合、あなたの体はその寄生に適応しようとしているのかもしれない。

測地学、数学、コンピュータサイエンス、物理学など、科学のバックグラウンドを持っているクリフォード・カーニコム氏は、15年間、DOD, Forest Service, The Bureau of Land Managementなどの機関で働いていた。同氏は、ケムトレイルによって誘引された地球のアルカリ性レベルの上昇を研究し、雨水の中のカルシウム、マグネシウム、バリウム、カリウムの増量を記録している。

興味深いことに、ローレンス・バークレー研究所のJ. Walleczck 氏が1991年に、細胞膜の上のカルシウムイオンが分子レベルで電気を運ぶということを研究している。地球や人体の自然なミネラルバランスや電気的な性質に手を出すのは良いことではない。

カーニコム氏は、ケムトレイルで撒かれている反応的な金属塩によって土壌の塩分レベルが上昇していることも記録しており、これらの塩分が地球の電気伝導性を高めていると述べる。ケムトレイルの中のこれらの物質は、紫外線によってたやすくイオン化し、大気に高レベルの陽性イオンを持たせている。これはすべての生き物の健康によくない。カーニコム氏は、モルゲロンの症状がある人々と、ない人々の両方に、同じ血液の異変を見出している。

もし地球の電気伝導性とアルカリ性が高まるように改変されているのであれば、我々の伝導性とアルカリ性も高まっている。現在、地球と地球に住むすべての者たちは、このアルカリ性を愛するナノテクにとって好ましい住処になっている。それは、我々のバイオ電気を使って自己複製をし、我々の体内で、センサーやアンテナアレイなど、謎のナノマシンを自己生成する。

そこで我々は「空軍2025」の別の章に引き戻される。「痛いところをやってやれ:2025年の戦略的攻撃」である。この章は深くみていく必要がある。人間の髪の毛よりも薄い追跡・攻撃用のステルス型生物学的センサーを一般住民にインプラントする方法について書いてあるからだ。食料、水、空気の中に向けてこれらのマシンを噴霧する、または人間の工作員に任務を与える、と。

サイコトロニック(マインドコントロール)テクノロジーは情報が機密扱いなのであまり詳しくはとりあげられていないが、本来プライベートであるべきものに兵器システムがアクセスできなければいけないとある。

「標的獲得システムは、敵の個人的価値観の変化を察知する能力を決定者に与えなければならない。リーダーの感情、思考、座標軸の変化は、戦略的攻撃システムにおける関連事項である。敵の’頭’の中に入り込み、有益な情報を入手するテクニックは、革命的な前進を必要とする。このタスクを達成する妥当な手法を見つけることが、機密扱いの’情報攻撃’白書の焦点である」

私たちの国(米国)が1995年時点で既にこの兵器を持っていたか、それを開発しようとしていたか。そうでなければ人の思考、感情、意図を読み取れる兵器を空軍が機密扱いにするはずがない。バイオインプラントその他の噴霧については、下記に書いてある。

2025年の地上ベースのプラットフォームは、マイクロメカニクスとナノテクノロジーにヘビーに依拠しており、プラットフォームを顕微鏡サイズに縮めるだろう。これらのプラットフォームは、人間の工作員を通して、水と食料供給を通じて、またはUAV(無人機)を用いた空中シーディング作戦によって挿入することが可能である。人間の髪よりも薄いマイクロセンサーは、UAVまたは衛星リレーを介して、デルフィ(基地)のデータベースにデータ送信できるだろう。地上ベースのマイクロセンサーの一群が、ローカル状況と、LOV付近/内部の活動レベルの恒常的なデータ送信を確実なものとするだろう。

LOVとは“Locus of Values(価値の軌跡、価値の座標)”の略称。LOVはハードな、物理的な標的でもありうるし、ソフトな標的でもありうる。“LOVは敵が大切にしているもの. . . . ソフトLOVはシステム、知識、思考方法のように実体のないものである”。UAV とは無人機だ。文書の中で、すべてのセンサーが「非随行地上センサー」と呼ばれている。生体インプラントさえもだ。一つの絵の中では、2ー3人の男性の股にある非随行地上センサーを矢印があからさまに指している。別の絵では、男性の肩および手首にあるセンサーを矢印が指している。これを読んだ時、映画「クライシス・オブ・ アメリカ」でデンゼル・ワシントンが肩からマイクロチップを取り出すシーンがフラッシュバックした。空軍の研究には、生体インプラントの他、地上の監視網を作るために空から「穀粒サイズの」センサーを投下することが書いてある。また、家や家電の中にマイクロセンサーを忍ばせておくことができる。

「空軍2025」が書かれた頃より、各種センサーのマイクロ化が進んでいる。2003年に軍が明かしたところでは、空中から投下できるセンサー網があるという。10ー20個のセンサーが入っているチューブが空中投下される実験がおこなわれた。そのチューブは地上に落ちると爆発して、飛び回るセンサーを送り出す。その後センサー同士のコネクションが確立され、敵の車両や軍の動きを観察して上空の航空機にワイヤレスでデータ送信する。このようなネットワークのセンサーは、5年後の今、一組のトランプほどのサイズである。あくまでも機密扱いでないやつのお話だが。

スマートダストは音センサーではないが、非常に小さい。微粒子のサイズだ。その幅は人間の髪の毛ほどである。特定の物質を標的にし、自己集積したり、それにひっついたりするような化学的なプログラミングができる。スマートダストは標的の物質を見つけた印に色を変える。 物の中や人間の洋服にしがみつく顕微鏡サイズのタグとして使える。

マイク・ブレアさんたちは、ケムトレイル繊維の表面にしばしばトゲがあることに気づいた。「痛いところをやってやれ」の中には次のような一節がある。「小さなセンサーは、とげのあるいがを持つ雑草のように特定の人間にしがみついて、頭上のプラットフォームを介した継続的な追跡のための効果的なタグとなるだろう」。

国内警備会社はまもなく最先端の地上センサー「ナノ鼻」「ナノ舌」を使うようになるだろう。それらは空中にある分子の臭いや味をかぎつけ、その分子を特定する。

(中略)

もっと経済的なモデルとして、宇宙ミラーを使ってUAVから地上局にデータを送信することができる。プラズマミラーは、マイクロ波で大気を加熱するヒーター局によっても作ることが可能である。そしてこのプラズマエリアは鏡と同じように使うことができる。バーナード・イーストルンド博士がこのテクノロジーを開拓した。彼のHAARP電離層ヒーターの仕事は、ARCOが後援していた。ARCOはBPが所有する主要なアルミニウム製造者である。おかしなことにケムトレイルには多くのアルミニウム粒子がある。

この兵器システムが使う情報の元は、デルフィにある政府の記録やオープンソースが集められたデータベース、人間の諜報活動、バイオインプラントと地上センサーグリッドからのリアルタイムデータ、衛星・ジェット機・UAVのセンサーからの画像、歴史・文化のアーカイブだ。さらに、心理的な信念、時事の出来事、国際情勢に関する情報、専門家の知識、過去の関連する問題解決経験も組み合わせて使用する。

このシステムは学習能力を持っている。それは人間操作員にとって一番良い解決策となるシナリオが出てくるまで「ゲーム」できる。世界中に広く拡散されているコンピュータネットワークである。

人間操作員は、即座に「交戦する・しない」を選ぶかもしれない。または「直接戦略か・間接戦略か」を選ぶかもしれない。標的の人々、物体、工場、街、軍に対して「レーザー、ラジオ周波数、またはエネルギー粒子ビーム」を採用するかどうか、決定するかもしれない。

これらの指向性エネルギー兵器は、宇宙、陸、海の様々なプラットフォームに配置することもできるし、前述した宇宙/プラズマミラーで反射させることもできる。ナノテクノロジーはUAVの上で使う小さめな兵器を作ることを可能にするだろう。指向性エネルギー兵器は、低規模の介入から高規模の破壊に至るまで、幅広い効果のために「同調」できる。そして、「コスト効果が高い」のだそうだ。

ホログラフィー投影、騒音と重力場、バイオ医学的作戦、心理的作戦、軍事欺瞞、情報攻撃などの未来型交戦システム、テクニックは全て可能である。これらの革新的な間接的手段は機密扱いのCSおよび情報攻撃白書で議論されている。これらの間接的テクニックを補足するものとして、白書は致死性兵器と非致死性兵器による直接的な攻撃を用いた標的との交戦に焦点を当てる。

「バイオ医学的作戦」「ホログラフィー投影」「騒音と重力場」・・・これらは、人の「頭の中に入り」、命令してコントロールする(C2)ことについての機密情報と関連している。「C2への現代的な攻撃は、敵側の最善をはかる意思決定能力を下げ、操作されたことに気づかせず決定を変えさせる」

元の章に戻ろう。“Weather As a Force Multiplier”に書かれているエアロゾル作戦が、SFや、軍の白日夢にすぎないのなら、なぜその中の図表は噴霧計画表としか言いようのないものなのだろうか? 何年度に何の物質が噴霧されるかが、これらの図表から正確に分かる。たとえばスマートダスト(ナノテクノロジー)を伴うセンサーは、この研究がなされた1995年から噴霧が始まり、急増しながら2025年まで続く。

ナノワイヤアレイがまもなく医学分野で使われることになっているのを知っていますか? より大きな生体インプラントの動力源として。ペースメーカーのように・・・または、脳の中のナノ装置だろうか? 

“Weather As a Force Multiplier”の中で議論されている技術は、「痛いところをやってやれ」の中で議論されている技術に途切れなく続いているのが分かる。


(後略)



関連:

・合成生物学とケムトレイル
http://www.youtube.com/watch?v=RDbyjyHPlrE
タマいち注:↑この動画は再生できません。


ameblo.jp/stop-electronic-torture/entry-12122782823.html
電磁波拷問・人体実験反対!さんちから転載しました。m(_ _)m



*貴重な記事を保護し、再度UPして下さった「電磁波拷問・人体実験反対!」さんに感謝いたします。
ありがとうございました(^^♪

>ナノ微粒子は、肺の血液関門を通過して血液の中に入り、脳その他の体の部位に移動し得る。
・同感です。最近のナノ化された化粧品、健康食品、お薬・・・ は非常に危険だと考察しております。

>世界中に広く拡散されているコンピュータネットワークである。

・その為のWindows 10かとw




関連記事
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の七十代♂、サバイバル中心です♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々
検索フォーム
リンク
飯山です