人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★ケムトレイルを追っていったらバチカンに繋がりました!

The Vatican shows Chemtrails Geoengineering on Money ↑
www.youtube.com/watch


*本記事は英文になります。↓ ↓日本語で読みたい方はこちらをクリックしてください。
www.excite-webtl.jp/world/english/web/


July 11, 2015  2015年7月11日

バチカンが1985年に鋳造した教皇のケムトレイル人口削減コイン

Pope’s Chemtrail Depopulation Coin Minted By The Vatican in 1985 21

Vatican 100 Lire Coin 1985 Pope John Paul

バチカン宮殿1985記念コイン {カタログ PDF}
Vatican 1985 Commemorative Coin (Catalog PDF)



このバチカンのケムトレイルコイン」は1985年に鋳造されました。丁度、その頃にNASA(アメリカ航空宇宙局National Aeronautics and Space Administration, NASA)は、通常ののようにケムトレイル受け入れるようにと学校の子供たち洗脳し始めました。ロザリンド・ピーターソンの優れた2010年の議論からクリップはNWOの議題に次の強制予防接種で有効になり、意図的な科学詐欺や学校の子どもたちの心の洗濯をされる確認します。 ビデオ:ピーターソンの完全なプレゼンテーション
This Vatican’s “chemtrail coin” was minted in 1985 just as NASA began to indoctrinate school children into accepting chemtrails as normal clouds. A clip from Rosalind Peterson’s excellent 2010 discussion confirms the deliberate science fraud and mind-washing of school children is now in effect with forced vaccinations next on the NWO agenda.   VIDEO: Peterson’s complete presentation

.
キリストのはりつけ ケムトレイル
Chemtrails Crucifixion of Christ

                               

完全なビデオ - フレデリックビュスト・ジュニア
Complete Video – Frederick Wust Jr.


フォトショップ警告「ケムトレイル」としてフレデリックビュストによってビデオで提示される画像中の「雲」はフォトショップで処理しているように見えます。ウィキに掲示文書化された画像にビュストの画像を比較してください。
PHOTOSHOP ALERT:
  The “clouds” in the image presented in the video by Fredeick Wust as “chemtrails” appears to be photoshopped.  Compare Wust’s image to the documented image posted on Wiki.

オリジナルの絵の資料を参照してください:1880 - 1860年頃のアントニオCiseriによる「見よ! ホモ 」(PDF)  (HERE)   (HERE)
See Documentation of original painting: “Ecce homo” by Antonio Ciseri. Circa 1860 – 1880 (PDF)  (HERE)   (HERE)

Barabbas Ecce homo Side by side reveals photoshop



バチカンでのキリストのケムトレイルはりつけ
Chemtrails Crucifixion of Christ at the Vatican
https://vimeo.com/133509189


NASAはケムトレイルが正常な飛行機雲と雲であると、を学校の子供を洗脳するために似非科学を推進します。
NASA Promotes Science Fraud to Indoctrinate School Children That Chemtrails Are Normal Contrails and Clouds  


学校の子供たちのためのNASA S'COOL飛行機雲偽情報(PDF)
NASA S’COOL Contrails Disinfo for School children (PDF)


NASAのインストラクターは、児童に似非科学を教えます
NASA Instructor Teaches Science Fraud to School Children

NASAのインストラクターが正しくクラウド(または永続的な飛行機雲)を作るために、「大気中の湿度が100%に到達する必要が有る」と述べて聞くために2分の時点でリスニングを開始します。この文はUSAF(アメリカ空軍 United States Air Force, 略称:USAFユサフ)の飛行機雲の文書が述べているのと一致します:
Start listening at the 2 minute mark to hear the NASA instructor correctly states that in order to make a cloud (or persistent contrail) “the humidity in the atmosphere has to reach 100%”. This statement agrees with USAF contrail document that states:


「もし大気が飽和にあるならば、飛行機雲はしばらくの間存在するであろう。逆に言えば、もし大気が乾燥しているならば、飛行機雲は迅速に散る。」 (USAF 飛行機雲 事実ー13ページ PDF
“If the atmosphere is near saturation, the contrail may exist for some time. Conversely, if the atmosphere is dry, the contrail will dissipate quickly.” (USAF Contrail Facts – Page 13, PDF)

一度、インターネットで入手可能である これらの文書はもうUSAFサイトに見つけられない。
Once available on the internet, these documents are no longer found on the USAF site.

もし大気が飽和にあるならば、飛行機雲はしばらくの間存在するであろう。逆に言えば、もし大気が乾燥しているならば、飛行機雲は迅速に散る。
If the atmosphere is near saturation, the contrail may exist for some time. Conversely, if the atmosphere is dry, the contrail will dissipate quickly.

__________________





______________

米航空宇宙局(NASA)は、「学校」教室で、コントレイル似非科学を教えます。
NASA Takes “S’COOL” Contrail Science Fraud to the Classroom


.

法王の回勅は人口減少への道として気候変動を認める。
Pope’s Encyclical Endorses Climate Change as Path to Depopulation


法王フランシスにより認可された回勅は、未公開のグローバルな人口減少議事日程を進めるために、気候変化の科学詐欺において気候変化懐疑家により宗教のゴム印と解釈できる。 (それの不足)科学が彼の本のティムボールをそう言い、気候学者により露出されるように、正装した宗教の教義の曇りのラインの間で擬似科学スーツを読み取る必要があるので気候懐疑家である人々:「気候科学の故意の腐敗」
The Encyclical authorized by Pope Francis can be interpreted by climate change skeptics as a religious rubber-stamp on the science fraud of Climate Change in order to advance the undisclosed global depopulation agenda.  Those who are climate skeptics because the (lack of) science says so, will need to read between the cloudy lines of religious dogma dressed up in a pseudoscience suit as exposed by climatologist, Tim Ball in his book:   “The Deliberate Corruption of Climate Science”


法王フランシスと環境 :
      エールは歴史的な気候回勅を調査する:
Pope Francis and the Environment:
             Yale Examines Historic Climate Encyclical


「法王は、自然な世界の管理をそれのための公正と結び付けて現代のライフの消費者運動と浪費を猛攻撃した」 最も貧しいおよび最も脆弱な人々"および環境の大災害を回避するために、経済のシステムおよび政治的な方針の変化を要求する 。」
” the pope assailed the consumerism and wastefulness of modern life, linking stewardship of the natural world with justice for “the poorest and most vulnerable people” and calling for a transformation of economic systems and political policies in order to avert environmental catastrophe.”


「リリースは、今年および法王の近く発表されるアドレスの時に後でパリのUN気候話に先立ってグローバルな注意をUNと米国議会に引き付けるために調節された。」(エール)
“The release was timed to attract global attention in advance of UN climate talks in Paris later this year and the pope’s upcoming addresses to the UN and the U.S. Congress.” (Yale)


NPR:「法王フランシスは、議会との共同の会にアドレスする最初の司教になると、下院議長ジョン・ベイナーは木曜日に言った。フランシスは、米国への彼の最初の教皇の訪問の一環として、アンドリューボーナーによると、9月24日に議員に対処します。 "我々は、教皇は、私たちの招待を受け入れ、確かにアメリカの人々に代わって彼のメッセージを受信することを楽しみにしていることを謙虚にしている、「オハイオ州共和党は、記者団に語りました。 (NPR)
NPR:
“Pope Francis will be the first pontiff to address a joint meeting of Congress, House Speaker John Boehner said Thursday.  Francis will address lawmakers on Sept. 24, Boehner said, as part of his first papal visit to the United States. “We’re humbled that the Holy Father has accepted our invitation and certainly look forward to receiving his message on behalf of the American people,” the Ohio Republican told reporters. (NPR)

(コメント:「現代生活の消費者運動と浪費」に関する法王により表現された。連邦準備制度の下で式または成長資本主義の下でアメリカのライフスタイルの放蕩に抗議イスラム原理主義によってなされた観察とは違っていない(ソース)
(Comment:
The sentiments expressed by the Pope regarding “consumerism and wastefulness of modern life” are not unlike observations made by Islamic fundamentalists who also protest the debauchery of the American lifestyle under the formula or growth capitalism under the Federal Reserve system. (source).

なぜ、1985年にバチカンのため鋳造された100リラ記念コインの裏面に4発ジェット機の異常な排気ガスが表示されたのでしょうか? 
Why would a depiction of a 4-engine jet aircraft with unusual engine emissions appear on the reverse side of a 100 Lire commemorative coin minted by the Vatican in 1985?

氷の結晶の飛行機雲が飛行中の軍用または民間航空機のに必要な「視覚的」な結果ではないことを考慮しなければならない - まだエンジン排出の描写は何とかこのコイン上の象徴と「意図」を伝えるために必要と判断されました。一つの手がかりは、今日の観測者によって頻繁目撃されるように突然終了したスプレーを暗示尾部に最も近いケムトレイルの切断された外観です。むしろ波状の不自然な外観なしに均一なベーパ・トレイルを生成することが予想される氷の結晶(H2O)よりも化学的組成の非常に示唆に富む特徴 - もう一つの手がかりは、中間点のトレイル後方の不均一とミスマッチ登場ですラインは各トレイルの異なるセグメントに見られます。その代わりに、この機能の芸術的結果は、鋭い観察者に「警告」のそれ以上のとして解釈することができます。
t must be considered that ice crystal contrails are not a necessary “visual” consequence of military or civilian aircraft in flight – yet the depiction of engine emissions was somehow deemed necessary to convey the symbolism and “intent” on this coin. One clue is the truncated appearance of the chemtrail closest to the tail section that implies the spraying was abruptly terminated as is witnessed so frequently by observers today. Another clue is the uneven and mismatched appearance of the trail aft of mid-point – a feature highly suggestive of a chemical composition rather than that of ice crystals (H2O) that would be expected to produce a uniform vapour trail without the unnatural appearance of wavy lines seen in different segments of each trail. Instead, the artistic result of this feature can be interpreted as more of a “warning” to the keen observer.

Vatican Commemorative Coin Chemtrail 100 Lire


・2016年3月25日追記:*タマいち注:↓お借りしてきました↓ 
現在のジェットエンジンはエンジン推力の80%以上が燃焼室を通過せずに排出させられるから、飛行機雲が出来にくくなっています↓

最も現代的なジェットエンジンが飛行機雲を生み出すことがほとんど不可能な理由(最も過激な条件の下を除いて)
www.geoengineeringwatch.org/

High Bypass Turbofan Jet Engine

高バイパスターボファンジェットエンジン、地球工学、および飛行機雲の嘘
High Bypass Turbofan Jet Engines, Geoengineering, And The Contrail Lie
www.geoengineeringwatch.org/the-contrail-lie/




(普通の)飛行機雲よりケムトレイルの可能性が高い
More Likely a Chemtrail Than a Contrail


1985年までに、高バイパスターボファンエンジンの開発が軍隊であり、このコインの航空産業標準と航空機は、その飛行時代と一致しているようである。
By 1985 the development of the high-bypass turbofan engine was a military and airline industry standard and the aircraft on this coin appears consistent with that aviation era.

以前の-バイパス・エンジン設計技術と比較すると、実際の高バイパスターボファンは、氷晶の飛行機雲が必ずこのコインに掲載された場所で異常なそして不自然な画像を提供する様に形成することができる可能性を減少させます。
Compared to the previous low -bypass engine design technology, the high bypass turbofan actually decreases the probability that a contrail of ice crystals could form to provide the unusual and contrived image carefully planned for placement on this coin.

まず第一に可視の飛行機雲を生成するために必要な水蒸気の排他的な供給源としての燃焼によって、氷結晶からの飛行機雲構成のための水蒸気の入手の可能性はかなり減らされる。なぜなら、エンジン推力の80%以上が燃焼室を通過せずに排出させられるからであるもっと
The availability of water vapor for contrail formation from ice crystals is considerably reduced since more than 80% of the engine thrust is developed without passing through a combustion chamber – with combustion as exclusive source of the water vapor required to generate a visible contrail in the first place. (More)

エンジン排出は、それらが太陽の光を遮断するように重要な結果であることが意図されているかのように航空機が奇妙に東から西へ(アメリカへのヨーロッパを)見出しとして示され、グリーンランドと地球の完全なグローバルマップ上記の北極の上に配置されており、地球上のすべての商業、公衆衛生およびその他のさまざまな生命体をもたらすために下ります。
The aircraft is curiously depicted as heading from east to west (Europe to America) and positioned over the north pole above Greenland and a complete global map of the earth as if the engine emissions are intended to be of significant consequence as they block the sun and descend to effect all commerce, public health and various other life forms on the planet.

国連アジェンダ-211972年において扇動された。アジェンダ-21の種子は1971年に植え付けられた。アポロ計画の間に増加怪しげな有人月面着陸の終わり近くに始まっているような地球温暖化の宗教的な運動は、ほぼ同じタイムライン上に扇動された湿地に関するラムサール条約、後に1987年にアメリカが1975年に施行され及び採択された条約。
The Global Warming “religious movement” was instigated on nearly the same timeline as UN Agenda-21 that began near the end of the increasing dubious manned Moon landing during the Apollo program in 1972.  The seeds of Agenda-21 were planted in 1971 with the Ramsar Convention On Wetlands, a treaty which was later put into force in 1975 and adopted by the United States in 1987.

エアゾールダンプ(ケムトレイル散布)の秘密の世界的な攻撃は、新しいパイロットの為の「ケムトレイル・マニュアル」の空軍士官学校の最初の出版と一致している。1990年頃始まりました。
The covert global assault of aerosol dumps began circa 1990 coincident with the Air Force Academy’s first publication of the “Chemtrails Manual” for new pilots.

ケムトレイルは最初、最も多くの先進国の上に撒布された-:米国、カナダ、Eu、オーストラリア、およびニュージーランド。最近では中国も、すべての海洋および北極域および私達の疑惑の敵、ロシア、およびイランを含む地球全体に渡って明白大規模なエーロゾル撒布を衛星画像で見られます 。この事実は唯一のものに意味することができます
Chemtrails were initially dumped over the most heavily industrialized countries – ie: USA, Canada, EU, Australia, and New Zealand. Today satellite images reveal massive aerosol dumps over the entire planet including all oceans and arctic regions and even our alleged adversaries, Russia and Iran – and most recently China. This fact can only mean on thing….

彼らは一緒にそれですべてです!
They’re All In It Together! 



ケムトレイルを主張するトップシークレットすべての国のすべての省庁を横切るガチョウステップ否認陰謀説」は不気味な新世界秩序教会最優先です
Top secret and goose-step deniability across all agencies of all countries, claiming chemtrails is a “conspiracy theory” is top priority to the church of the creepy New World Order.



決定された観察者が容易に衛星画像は、ケムトレイルを明らかにし、エアロゾルは、すべての国、海や地域の毎日の上に展開されているダンプ見つけることができます。 NATOとロシア/中国は経済戦争を繰り広げるふりが、それはWMDなどの他のセンセーショナルな偽のニュース(マス気晴らしの武器)を使用しながら、究極の新世界秩序偽の旗のための紛れもないリトマス試験とという結論を提供ケムトレイルです。
Determined observers can easily locate satellite images revealing chemtrails and aerosol dumps being deployed over all countries, oceans and territories every day.  While NATO and Russia/China pretend to wage economic wars, it is the chemtrais that provide the undeniable litmus test and conclusion for the ultimate New World Order False Flag while using other sensational false news as WMD (Weapons of Mass Distraction).

結論:惑星の諸国、領域、および海洋を横切るchemtrailsの遍在するスプレーは明確に示す that 秘密のグローバルな契約の「それらすべてはそれに一緒にある」 より多くのバインディングおよび核の条約より逆行不可能である 、または穴を開けているパイプラインとオイルへのアクセス 。
Conclusion:
  Ubiquitous spraying of chemtrails across all countries, territories and oceans on the planet conclusively demonstrates that “they’re all in it together” in a secret global contract more binding and irreversible than nuclear treaties or access to pipelines and oil drilling.

ケムトレイルは究極のアジェンダを支配します。他のすべては、いわゆる「限定たまり場」です。
Chemtrails Dominate the ultimate Agenda. Everything else is a so-called “limited hangout”.


Satellite Chemtrails



Sources:





NASA Satellte Imaged Show Chemtrails everywhere, every day

*タマいち注:下記リンクは全部切れています↓ 
Oops! We Can't Find the File - 404 Error
 ↓
http://1.usa.gov/1fyjus7

http://1.usa.gov/1fyjQ1L

http://1.usa.gov/1O24T3m

http://1.usa.gov/1fyiqnS

http://1.usa.gov/1O252Uu

http://1.usa.gov/1fyiUdK




*この記事はケムトレイル・気象操作掲示板の「むぎさん」情報によるものです。
(人''▽`)ありがとう☆ございました。↓

Re: 人口削減計画 - むぎさん、 2016/03/10 (Thu) 19:50:42


昨年私の中で一番記憶にあった画像は、1985年のバチカンの100リラコインでした。 飛行機雲がとてもケムっぽい。(こんなの造って何になる??)

http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http%3A%2F%2Fchemtrailsplanet.net%2F2015%2F07%2F11%2Fthe-popes-chemtrail-depopulation-coin-minted-by-the-vatican-in-1985%2F&wb_lp=ENJA




*諸悪の根源はフリーメイソン⇒イルミナティ⇒バチカン⇒イエズス会・・・奥の院です。当然、米国もこの支配下にあり、NASAはその実働部隊であり、ジオエンジニアリング・ケムトレイルについての似非科学を子供達に教育し、洗脳をしています。・・・次いで、強制的に予防接種をさせるべく、あの手この手でNWOの為の人口削減を目指していますだ。

・ケムトレイルを追っていったら奥の院に繋がりました。m(_ _)m

・ケムトレイルとHAARPはセットになっています。が、この悪事には日本も深く係わっている様です↓↓
★「パパHAARP」と呼ばれる日本人研究者を知ってるか?



★ケムトレイルとは何か!
1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-11546.html

angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/197.html

・ケムトレイルは諸悪の根源の象徴で、原爆を作ったマンハッタン計画を上回る恐ろしい計画「クロバーリーフ作戦」によるものです。

・今や世界中で24時間365日、雪の日も、台風の日も休みなしで、ケムトレイルの散布が行われています。ケム散布の目的は気象操作、人工地震惹起、環境破壊、免疫力の低下、病気の蔓延・・・と、複数狙いと思われます。

・以前は消えない飛行機雲主体だったが、近年は拡散が速いモノ、見えないモノに進化している事が伺われます。が、この場合は太陽光線に透かして見ると正体を現したり、咽喉がいがらっぽく、粉っぽく感じるものです。

<ケム拡散薄雲が天空をコーティングして蓋をした状態を作り、HAARP(HAARP電磁波兵器は米国特許No4686605号として正式に認証されています)等から電磁波が照射される=電子レンジ庫内と同じ状態にして、台風・大雨・大雪・竜巻・・・気象操作を行う>。

・ケムトレイルはNWOを進めている奴らが隠せない唯一の尻尾です。ので、先ずはケムトレイルを認識しましょう!

・ケムトレイルに言及しないか、唯の飛行機雲だと云うブロガー、論客、科学者、知識人、気象予報士、天文台員、文人墨客は自然に対する感性が劣化しているか、無知か、バランサーか、いずれにしても要注意です!



★ケムトレイルは「奥の院」の尻尾だよ!

★NASA職員がケムトレイル(リチウム)噴霧を認める!


★ケムトレイルを散布しているのはアメリカ軍であるとの回答!



★ケムトレイルを告発した元FBI長官暗殺か?




★ケムトレイルは「消えない毒飛行機雲」だと証明された!


★ケムトレイルを暴くドキュメンタリー映画!



★ハーバード大学:ケムトレイル使用を認める!


★ケムトレイルについて  <追補版>


★ケムトレイルとは!?


★気象 ケムトレイル HAARP CERN LHC 電磁波兵器:動画集


ひこうき雲 - 荒井由実(松任谷由実)
・↑この動画のひこうき雲は「消えないひこうき雲=ケムトレイル」です。


・ケムトレイルによる人口選別削減!~政府系科学者の内部告発 動画


・「エボラで人口削減」発言の科学者に 満場の拍手喝采


https://chemtrailsplanet.files.wordpress.com/2015/07/vatican-commemorative-coin-chemtrail-100-lire.png





関連記事
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の七十代♂、サバイバル中心です♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

シスVSエイリアン

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々
検索フォーム
リンク
飯山です