人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★2016年の予測、「メタトロン」より その1

2016/02/18 17:28
今年2016年も2月後半となってきました。ここのブログで、2015年についてのメタトロンからの情報を書き込んでいますが、今年2016年の予測情報についてはまだお伝えしていません。

今回と次回の2回に渉って2016年に起こりうることについて、早くメタトロンの情報を伝えようと思っていたのですが、どうしても2月の立春(2月4日)までは私の体が空かず(今年の1月からの状況変化待ち)、今のこの時期になってしまいました。
ただ今までこの事を忘れ去っていたのではありません。私も今回のこの時期に向けて、クライオンのチャネリングなども交えてブログを書き進めてきました。

今回のメタトロンの「これから迎える年、新しい地球の第4年、直線的な時間の年表の2016年」の内容を理解して戴きたかったからです。

私が「未来予測」について、一番伝えたかったことは、未来は常に流動的なため、
「誰ひとりとして、どの天使の集団(宇宙人も?)、交信者または個人も、全く正確に未来を予言できないことを、明らかにすること」
なのです。

そして、未来予測が流動的になる最大の原因は、
「定式化を終えた天文学上の数々の重力と人類の大規模な想念場の影響力の範囲で起り得る現実性の流れに基づいた、数々の可能性と見込みである」
と文章の最初から言い切っています。

私は、このメタトロンの科学的なチャネリング情報に共感を覚えます。

きらきら星さんのブログからですが、非常に長文のためその前半部分です。

2016年-メタトロン的なひとつの概観 その1
[大天使メタトロン]  2016年1月3日
ジェームズ・ティベロン経由

熟達者の皆さんこんにちは、わたしはメタトロン、光の天使存在、そしてわたしは結晶構造担当のティベロンによってこの集いに結び付けられています。

わたし達はこの集いの中で、これから迎える年、新しい地球の第4年、直線的な時間の年表の2016年について論じることが求められます。

わたし達がここに付け加えたいことは、この交信でわたし達が提示するものは、定式化を終えた天文学上の数々の重力と人類の大規模な想念場の影響力の範囲で起り得る現実性の流れに基づいた、数々の可能性と見込みである、ということです。

誰 ひとりとして、どの天使の集団、交信者または個人も、全く正確に未来を予言できないことを、明らかにすることにしましょう。そして誤解のないように伝える と、それはわたし達の意図ではありません。実際に3次元の二元性の領域ために定位置にある数々の法則の定義によって、未来はいつも流動的です。

3 次元の領域は自由意志に準拠し、その結果となる現実性の発現は、どのような個人的な水準のどのような絶対条件の中でも、確定していません。しかし、数々の 明白な出来事が所定の場所にあります。それは実際に皆さんが創り出したものであり、時間と空間によってただその3次元の認識から切り離されているだけで す。

そして皆さんがこれを理解することが重要になります。

集団的な人類(そして個人達)がそれに準拠する数々の信念構造 が皆さんの在り方を方向付けるため、皆さんはしばしば内面で認識するものを外面的に否定します。それでわたし達は、皆さんが経験するものは皆さんの創造で あるという今までわたし達が何度も繰り返してきた警告、ひとつの要点を付け加えたいと思います。

それにもかかわらず、時間と非時間の中、そして自然の中に明白な事象があり、それは物質的な領域の数々の法則と物理特性の範囲、そして二元性の領域の中で比較的一定しています。人類の次元上昇は、こうした物事のひとつです。

2016年の惑星の天文学的な影響力の方向性

明確にするために伝えると、わたし達は符号化のひとつの解釈の中で、以下(惑星の影響力の方向性と2016年の占星学上の直線的な時系列)に示します。

ご 覧のように、この一覧はわたし達の立場からのものであり、皆さんの現在の占星学上の分析の範疇と体系と比較すると、客観的でも主観的でもありません。むし ろわたし達が提示するものは共鳴に基づいていて、事実通り幾何学的な角度に特有なものでもそれに限定されたものでもありません。

何故なら、わたし達は、直線的な時間と空間の中の物理的配置とは反対に、天体の星の位置の数々の影響力を感知するからです。

『惑星の影響力の方向性と2016年の占星学上の直線的な時系列』
天王星と冥王星の90度の影響の最後の時期 2016年1月から4月
天王星がエリスと会合 2016年6月以降
土星と海王星が90度 2016年6月と9月
木星とノースノード(月の昇交点、ドラゴン・ヘッド)の会合、2016年6月30日
木星がキロンと180度 2016年8月
木星が天秤座に入る 2016年9月10日
木星が土星と60度 2016年11月と12月
木星と冥王星が90度 2016年11月と12月
木星が天王星と180度 2016年12月
土星が天王星と120度 2016年12月
土星がキロンと90度 2016年12月

エリス:(太陽系外縁天体のサブグループである冥王星型天体の1つ。準惑星に分類され、冥王星と同じくらいの大きさ)
キロン:(彗星・小惑星遷移天体のひとつ。土星と天王星の間を巡る軌道にある。キロンは小惑星として発見されたが、後に彗星かも知れないということで論争になった)

こ こでわたし達が提示するものは、占星図でも予言でもなく、むしろ符号化された数々の挿入物の振動の状態です。そして後者は一部の人々によって把握されます が、しかしまだ皆さんの現代の大多数の占星学者達によって把握されないものです。そのような訳で、わたし達のこの側面への注目は短いものになり、わたし達 が提示するメッセージを覆すことはないでしょう。

何故なら、天文学そして占星学的なすべての重力はエネルギー場を象徴し、それにもかかわらず、こうした物事は数々の指標であり、法則ではないからです。何故なら、人間の意志と個人の不屈の精神は、どのような占星学的なパターン形成よりも強いからです。

そのためその点を考慮に入れて、わたし達が皆さんに伝えることは、2016年には木星の影響力のパターンが途方もないものになり、概観と要約として、大いなる移行と強力な実現という多産な1年を明示します。

2016年の中で、海王星、土星、そして木星が重要な役割を果たし、実際の不可欠な変化に影響を与える強力な重力波で、深い配慮と観照(対象を、主観を交えずに冷静にみつめること)そして再生の一年に影響を与えています。

そしてわたし達は熟達者の皆さんに伝えます。こうした周波数のエネルギーがまた独自に結び付いて、皆さんが未解決のどのような問題にも取り組むことを許します。そして個人と集団の両方が、こうした問題に立ち向かうことが必要になります。

木星は力を象徴し、土星は人生の目的を象徴し、海王星と天王星は心霊能力と直観力の表象の中で結び付いています。海王星と土星の波動は、特に2016年の9月の中で、人生の目的を理解する際の桁外れな明晰さに役立つひとつの機会を提示します。

この本質の中で、9月に水星が逆行した状態で、日蝕から始まり、古い物事の解放とさらに大いなる自己の変型への上方移行と伴に、ひとつの完全な過渡期の改革の進展が可能になります。

6 月には海王星とキロンが土星と90度を形成し、強力な9月の中で昼夜平分時の蝕の局面に入ります。それに応じて6月と特に9月は、解消している古い数々の 枠組みと内面の発揮にとって非常に強力な時期になります。9月1日の日蝕から9月の昼夜平分時のエネルギーを通して、完全な再建、古い数々のパターンの解 放、そしてより良い自己、より良い人生の確立のための数々の機会が訪れます。

2016年の最後の4ヶ月の中で、木星は、天秤座の安定した 振動と、土星と冥王星の30度と土星との60度の形成の中で、非常に強力な数々の機会を作ります。この時期の中で、冥王星、天王星、海王星、そして土星は 符号化された数々のエネルギーを運んでいて、特に9月から12月を通して強烈であり、惑星の新しい数々のエネルギーと同調して、皆さんの人生へ向けてさら に深く結晶構造の移行を提示しています。

これは、9月そして11月の中で、時期を得たタイミングを提示します。態度に関する障害、役立た ない人間関係から退いて、数々の破壊的な習慣と虚偽情報の放出の中で、さらに大いなる主権、自立、そしてさらに高い真実の容認を可能にします。こうした時 期は、巡礼そして霊に基づいた集いの時です。

いつものように、蝕、至点、そして昼夜平分時は、再生と黙想に役立つ符号化された数々のエネルギーを提示します。そしてこうした時期が必要とされる理由は、2016年は、未解決のエネルギーの解消へ向けて急な速度で全速力の前進を続けるからです。

『2016年の蝕の日付』
3月8日 魚座の18度で皆既日蝕
3月23日 牡羊座と天秤座の3度で月蝕
9月1日 乙女座の9度で日蝕
9月16日 魚座と乙女座の23度で月蝕

『2016年の昼夜平分時と至点』
昼夜平分時 3月20日
至点 6月20日
昼夜平分時 9月22日
至点 12月21日

熟達者の皆さん、わたし達は皆さんにもう一度伝えますが、そしてどうか気付いて貰いたいことは、皆さんは試練の占星学のひとつの時期にいて、そしてこのパ ターン形成は、目的によって、意図的に、個人的にも集団的にも人類が未解決の問題に立ち向かい解消するために、未解決のすべてのエネルギーが表面化する状 況をもたらします。

皆さんは、強烈な清算と変化の両方によりさらに高められた状態にある歴史的なひとつの局面の中にいて、2038年に至 る中で、幾つかの物事は確定されています。そして言うまでもなく、訪れている黄金時代を迎え入れるためには、これは未解決のすべての対立と問題を解消する 上で大いなる努力を必要とします。

しかしその一方で、2016年の間と2020まで、それは一定しないひとつの振動です。そしてその強さ の水準、周波数上の基準が引き上げられて、それぞれの蝕、至点、そして昼夜平分時で意図的に高められます。それにもかかわらず、こうした状況が、基準の再 調整、結晶構造の上方移行、そして再充電の数々の機会を提供します。

そういった期間は、符号化のために不可欠な時期になります。そしてわ たし達は、わたし達が一覧に挙げたその時期の数々の機会を、再起動と再活性化のために皆さんが利用して、その強さが皆さんのエネルギー場を圧倒して無気力 あるいは妄想に陥ることを許さないようにすることを勧めます。

こうした時は強力な時期であり、地球の管理者、グリッドの活動家、そして光の活動家の皆さんは、果敢に先駆者となり、勇敢にその移行を定着させ、しばしば騒然とした新しい地球の現在の舵取りをしています。

定着した変化

熟達者の皆さん、皆さんは一定の変化の只中にいます。皆さんの地球は上方移行しているところであり、自然の中や人間の活動の中で起っていることは、たとえ皆さんの直線的な時系列の中で外見的に騒然としているとしても、目的を持ちます。

2015年の残りで起ってきたこと、そして2016年とそれ以降の2038年と2075年までのことは、人類が既に選択したことであり、至高の善の中で脚本にしたことです。そしてそれは、理解することを皆さんに気付かせるために、わたし達がやむを得ず行うことです。

何故なら、根を張り続けるその怖れは、ひとつの破壊力になることがあるからです。それは不必要なひとつの混乱であり、皆さんの間の賢明な人々、皆さんの間の 探求者達が、この移行の時期の中で賢明に解き放つことを選択すべきものです。怖れが皆さんを圧倒することを許さないでください。何故なら、皆さんの間の啓 発された人々は、堂々と立ち、順調に進んでいる物事の幸せと光を投影することが必要になるからです。

降雨と活発化

わたし 達は、英国、合衆国、そして惑星中の数多くの地域で最近起った大洪水に気付いています。そしてそういった出来事が今まで悲痛なものであったことと同じよう に、こうしたものはひとつの自然現象であり、そしてそれは目的を持ち、わたし達はこれからそれを検討することになります。

何故なら、こうした現象は、皆さんが新しい地球の高まるエネルギーを理解するために重要になるからです。そして皆さんは、皆さんの気候が地球温暖化と呼ばれるものの中で変わること、そういった出来事は2016年やそれ以降も続くことを、自覚する必要があります。

氷冠はこれからも融け続けて、海は水温と海面の上昇を続け、気流と海流は移行し、地殻構造の安定は再調整され、そして数々の地震が起り、数々の津波がその後に続き、降雨の型が変わり、数々の洪水、旱魃、山火事、竜巻、そして巨大暴風雨が続くことになるでしょう。

その外観

熟達者の皆さん、こうした現象は、地球規模のひとつの大惨事の代わりに地域的に起っています。こうした現象が起っている理由は、人類が次元上昇することを選択したからです。

1987 年の計測の中で、高調波の収束が、ひとつの移行を、そうでないとおそらく1998年に起っていた物事のひとつの変化を引き起こしました。そのためわたし達 は、それは実際に人類の1987年の‘光の比率の測定’と次元上昇をする選択が、巨大な地球規模の激変、世界的な活動領域上での大規模な破壊が起り、大規 模な絶滅、再起動、新しい始まりがその後に続くようなことがない状態を決定しました。

2012年に惑星は次元上昇し、それが継続中のひとつの上方移行を生み出し、今後それは実際に、およそ15から20の世代の中で、人類の次元上昇を許すことになるでしょう。これは、必ず皆さんが認識しなければならないことです。

何故なら、この知識は皆さんの潜在意識の中にあり、そして大いなる達成、歓びのひとつの源泉になるからです。何故なら、地球は浄化と上方移行を続けていると ころであり、そして今後不可欠な浄化と再設定がより小さな地域的な配置の中で、段階を踏んで起るようになるからです。そして地球と人類の両方が、実際にこ れから次の水準に向けて卒業することになるでしょう。

親愛なる皆さん、数々の変化は間違いなく、その浄化と再編成が今後も続くこと、そし てそれが続かなければならない状況を許します。そして、もしも大衆が正式に教育されてさらに高い善のその立場と展望にこころを開いたとすれば、人々はそう いった適切な変化を遥かに簡単に、そして意外に早く行なうことができます。

想起

そのためこの2016年の検討の中で、わたし達は、生きている地球との皆さんの関係とそれが数多くの皆さんが自覚するよりも遥かに密接に皆さんと調和している姿を、皆さんに気付かせたいと思います。

自然の中には皆さんが気付いている沢山の物事がありますが、しかし皆さんが忘れてしまった物事も沢山あります。今は、皆さんの理解を考え直して、調整する時 です。何故なら、たとえ皆さんの科学が過去の数々の世紀よりも遥かに進んでいるとしても、依然として大きな誤解が存在するからです。

皆さんの科学者達は、皆さんの未来の中の何年も先の日の出と日没の時間、昼夜平分時、至点、そして蝕を正確に予測できます。皆さんの気象学者達は、数週間前に、ある方向に向かう数々の気象パターンを垣間見ることができます。

この意味において、こうした現象は‘予言’でも交信された予測でもありません。むしろ、自然と自然の法則の範囲内の運動の科学に関する、ひとつの理解です。 しかし、特定の自然現象の観点から人類が大部分を気象として理解する物事は、天候が皆さんの雰囲気に影響を与えることができることと同じ位、皆さんの雰囲気や情緒が、ある程度‘天候’に作用して影響を及ぼすことができるものです。

ひとつの具体例として、今後わたし達は、皆さんのハリケーン、台風、そして巨大暴風雨の位置を割り当てることになるでしょう。わたし達が繰り返し強調してきたように、こうした現象は、皆さんの惑星上で起っている非常に重要な周波数の上方移行の仕組みのひとつです。

それにもかかわらず、こうしたハリケーン、巨大暴風雨、そしてそういった現象は、大幅に誤解され、大幅に怖れられたままです。再び怖れです。

こうした現象は、事実通り壮大なエネルギーでその海洋を変えることが意図されています。それは、数々の土地に引き寄せられることは意図されていません。

ハリケーンは水が必要であり、陸地で消滅します。しかしそれはまるで、それが上陸することになる場所とそれが引き起こすことになる破壊の種類に世界中が意識を集中しているようなものです。そして専門化達は、今後それが海岸に近付く場所を予測します。

大衆、文字通り数百万もの人々がその嵐に注目して、それが自分達の地域の中へ上陸する怖れに意識を集中します。そしてその用心深い限局性(狭い範囲内に限ら れていること)の怖れが、人々の情緒的な引力の力によって、まさに頻繁にその予測された地域にその嵐を実際に引き寄せます。

そしてこうし た自然のエネルギーの力は、意識されたエネルギーではない一方で、実際に一時的な‘気付いている’エネルギーであり、高度に感情的な怖れの中で自分達の集 中したエネルギーの中心部に結び付ける人々によって影響を受けます。こうした嵐の真の目的は、水のエネルギーを増大させ、その水が電気的に拡大することを 許すことです。

もしもこうした現象が海に留まるなら、その結果巨大な電気エネルギーが比較的安全な環境の中で単純に変えられ、そして電流として変えられ、伝導されて、惑星の非常に巨大な部分へと向かいます。

そのようなものとして、それは、それがさらに数多くの存在達に到達できるように、風や波によってではなく、その地球エネルギーの流れによって、その土地や人々に伝導されます。それに対するひとつの完成型があることを、皆さんは理解しているでしょうか?

ある意味で完璧な嵐、最悪の事態と呼ばれるものがありますが、しかしその完璧な嵐は、不可欠な上方移行の伝達の中に含まれて提供される電磁波の流れの完璧な混合です。

その時こうした‘嵐’が人類の領域を進むため、その嵐は惑星の周波数の次元上昇にとって、そしてそのようなものとして人類全体にとって、有効なものになりま す。何故なら、実際に惑星上で継続している数々の変化があり、それが人類の次元上昇を可能にするからです。太陽放射と‘嵐’は、その移行の不可欠な部分で す。

数々の流れと目的を持った運動

実際に、数々の嵐や洪水、地震や余震、津波や竜巻は、自然の一部です。地球の一部であ り、そしてそれは地球を安定させる上でひとつの絶対的な目的を持ちます。もしもこうした現象がひとつの地域的な水準で起らなかったとすれば、その結果それ が電磁的に解消する不均衡は、解消されません。

そしてさらに巨大な激変にさえなるひとつの大きな出来事が、さらに高い可能性へと移動されることになります。そのため2016年とそれ以降の中で、こうした現象が続くことになるでしょう。しかしその強烈な怖れの反応をより上手に無効にすることができます。

さ て、良い意図を持つ数多くの人々にとっての困難は、その人々が同調せず、上方移行のその真の枠組みと生きている惑星のその特質を受け入れるほど充分な光の 比率になっていないことです。そのためそういった人々は、支援することを望む一方で、事実通りその方法を認識していません。

その人々は、嵐または地震を防ぐこと、あるいはそれを何処か他の場所に移すことは適切だ、と考えます。その怖れが君臨し、ここよりもそこが良い、ということになります。分かりますか?

支援することを望むすべての人々が、皆さんが巨大ハリケーン、火山噴火、地震、そして津波と呼ぶそういった出来事のさらに大いなる善、さらに高い目的を事実 通り理解している訳ではありません。そのためほとんどの人々はこうした出来事に対して単純に怖れの中で反応し、その不安から自由になりたいと思います。

し かし怖れを解消することは、怖れを理解することによってさらに巨大な現実性に立ち向かうことと同じではありません。従って、大多数の人類は、怖れで感情的 になり、実際に怖れを補強し、増幅し、そして再創造します。再安定化と変化という自然の数々の出来事を解消するまたは散らすことは、事実通り上方移行に有 効ではなく、地球と人類に対しても有効ではありません。

支援して‘惑星を救う’ことを望む人々にとっての困難は、その人々が、自分達は自分達の理解においてより学術的であり、より分別がある、と信じることです。それにもかかわらず、その人々は迂闊にもその神性を省略し、自然の内部の意識的 に結び付いた霊と呼ばれる存在のその完全性を除外します。

彼らが起る物事の中の完璧性を理解しないまたは見ない理由は、すべては完璧な状態であり、すべては適切な状態になっていることを理解することは、怖れで閉ざされた精神または狭い視野を持つ人々にとって巨大な困難が伴うからです。

それでその結果、その人々はその軋(きし)る車輪に油を注さず、むしろその歯車を閉鎖しようとし、その結果それは停止して立ち往生します。それで移行の環と一緒に回ることは遥かに困難なことになります。分かりますか?

怖れと無知は、閉ざされた精神の巨大な原因の発端になります。

その2に続く、

>氷冠はこれからも融け続けて、海は水温と海面の上昇を続け、
・地球温暖化説・・・?、人工気象兵器等と、ちゃちゃを入れないで素直に受け取らないといけません!

>皆さんの雰囲気や情緒が、ある程度‘天候’に作用して影響を及ぼすことができるものです。
・この意味は良く分かります。
・日本の場合は311放射能が喫緊の問題ですがそれに対するご見解が知りたい。

軋(きし)る車輪に油を注ぐがごとく、創意工夫に努め上手く対処出来る様しますm(_ _)m



関連記事
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の七十代♂、サバイバル中心です♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々
検索フォーム
リンク
飯山です