人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★分子栄養学(三石理論): 食品脂質と生体脂質

脂質栄養のポイント

A 日本人の脂質摂取状況
 日本人の脂質摂取量は、先進諸国に比べると低いのですが、しばしば摂り過ぎという意見がきかれます。
 総摂取エネルギーに対しての脂質エネルギー比率の目標値は、欧米の30%に対して日本は25%とされていますが、この差は日本人の遺伝的特性を背景にしています。

 食用油脂は大部分が脂肪(トリグリセリド)肪酸とグリセリンが構成成分です。

 グリセリンは水に溶けやすく、体内で血糖に変換されます。

 糖質やタンパク質は、体内で脂肪酸につくりかえられますが、これにはエネルギー消費がともなうのに対し、脂肪酸はそのまま体脂肪として蓄積されるため、脂肪エネルギー比率が高い場合、肥満しやすいことになります。

 日本人の遺伝的特性とは、コメを主食としてきた食性のなかで、エネルギーの消費に関して倹約型になったというのです。

 人類の歴史は長い飢餓の時代を経ており、食物を得たときに効率よくエネルギー源(脂肪)として蓄積するしくみを獲得しました。このはたらきを担うものが倹約遺伝子で、遺伝学者ニールが提唱しました。

 現代では、この倹約遺伝子は肥満や糖尿病の発症というマイナス効果に結びつけられることになったのです。



B 脂質栄養のチェック
 現代生活での摂取脂質の問題点は、脂肪酸の種類およびコレステロールであり、その栄養機能と生活習慣病との関係が重視されています。

 その他の脂質成分として、リン脂質、脂溶性ビタミンがあり、健康とのかかわりでは自動酸化や脂肪細胞(白色・褐色)および異所性脂肪と慢性炎症が重要です。



C 脂肪酸のいろいろ

 脂肪酸は炭素と水素でできた炭化水素にカルボキシル基(-COOH)がついたカルボン酸で、天然の脂肪酸は生合成のとき、炭素が2個ずつ重合してゆくので炭素数は偶数になっています。

 食品中の脂肪酸では炭素数18個の脂肪酸がもっとも多く、ついで16個の脂肪酸や20個のものがあります。

 炭素の数によって短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸(高度脂肪酸)とよばれています。

 炭素鎖の結合のなかに二重結合をもつ不飽和脂肪酸と、二重結合のない飽和脂肪酸とに分類されています。上の表ではステアリン酸が飽和脂肪酸で、炭素数16の飽和脂肪酸にパルミチン酸があります。

 二重結合1個の不飽和脂肪酸は一価不飽和脂肪酸、二重結合2個以上のものは多価不飽和脂肪酸です。上の表にあるリノール酸、リノレン酸はヒトの体内で合 成できないので必須脂肪酸に分類され、アラキドン酸はリノール酸から、EPA(エイコサペンタエン酸)およびDHA(ドコサヘキサエン酸)はα-リノレン 酸から生合成されますが、他の糖やアミノ酸からはつくれないので広義の必須脂肪酸として加えています。

 脂肪酸分子中に二重結合があると、構造が曲がって融点は低くなり、酸化されやすくなります。生合成されるとき、最初に二重結合がつくられる位置によって n-3系、n-6系に分けられており、それぞれの系列は相互に変換できません。リノール酸やγリノレン酸やアラキドン酸はn-6系で、α-リノレン酸、 EPA、DHAはn-3系に属します。



D 食品と脂質
 牛乳の乳脂肪や加工品のバター、クリームは飽和脂肪酸が多く、コレステロールも含みます。脂肪中の飽和脂肪酸含有量は、牛、豚、鶏の順で少なく、鶏肉の 脂肪はオレイン酸が飽和脂肪酸より多いという特徴があります。卵黄の脂肪も同じくオレイン酸が飽和脂肪酸を上回っています。

 飽和脂肪酸の摂取が多いと、肥満のほかに動脈硬化性疾患のリスクになるといわれていますが、あまり制限すると脳出血のリスクが増えてしまいます。

 動脈硬化性疾患の予防には地中海式の食習慣がよいという疫学的研究から、オリーブオイルのオレイン酸が注目されました。

 地中海式食事ではオレイン酸のほか多価不飽和脂肪酸も多く、n-6/n-3の比が低く、また食物繊維に富んでいました。

 また炎症性サイトカインの低下やインシュリン抵抗性の改善が報告されています。


共役脂肪酸


A 共役二重結合
 2個以上の二重結合が1個の単結合(炭素-炭素)をはさんでつながっているとき、それらの二重結合を共役二重結合といいます。

 共役二重結合をもつ分子が鎖状の場合と環状になるものとがあります。

 共役二重結合をもつ共役脂肪酸が、乳製品や肉などのなかに存在しますが、栄養学上の問題になったのが“共役リノール酸”でした。

 共役リノール酸は1987年に、発ガン抑制物質として発見され、以来コレステロール低下作用、インシュリン抵抗性改善、免疫増強、体脂肪減少、骨代謝改善など多彩な生理作用をもつ特別な脂肪酸の位置を獲得しました。



B トランス酸の問題
 二重結合をもつ分子には、シス-トランス異性とよばれる立体異性体が生じることがあります。

 ある分子にふくまれる原子の種類と数が同じでありながら、異なる化学的性質や物理的性質を示す構造を“異性体”といいます。

 上図はエタン分子の水素原子(H)を臭素(Br)ととりかえてつくった化合物(ジブロモエチレン)です。この実験では融点の異なる2種類のジブロモエチレンが生じます。つまりこの化合物には2種類の異性体があるわけです。

 そして図中の(a)のように、二重結合に対して原子あるいは原子団が同じ側にある異性体をシス(cis)異性体といい、互いに反対側にある(b)をトランス(trans)異性体といいます。

 cisはラテン語の「こちら側の」、transは同じくラテン語の「横切って」という意味の語です。

 シス異性体とトランス異性体とでは、生物体に対する作用が大きく異なっています。

 シブロモエチレンのBr原子をカルボキシル基(-COOH)に置き換えた化合物は、シス型ではマレイン酸でトランス型ではフアル酸です。フアル酸はミト コンドリアでのエネルギーづくりの重要な“クエン酸回路”のなかではたらいている生理物質ですが、マレイン酸は細胞に対して毒性物質になるというのです。

 不飽和脂肪酸の二重結合は、ほとんどシス型で、トランス型は多くありません。反すう動物の脂肪にはトランス脂肪酸(バクセン酸)がありますが、通常の食生活の摂取量では問題とされていません。

 日本人の場合、トランス型脂肪酸の供給源は油脂の部分的水素添加という工法によってつくられるマーガリンやショートニングです。

 トランス酸の摂取が問題視されるのは、血清コレステロールとの関係です。摂取量が多いとLDL-コレステロール濃度を増加させ、同時にHDLコレステロールを低下させるという説がひろまったのです。

 最近、共役型脂肪酸の異性体を精製する方法が確立したと伝えられています。

 また血漿リン脂質中にトランス酸が多いとアラキドン酸が減少しているという報告もあり、プロスタグランディン産生に不都合になるという指摘があります。

 リノール酸からアラキドン酸へ変換する代謝経路への干渉作用の結果であり、リノール酸摂取量の確保が必要になります。



C 共役脂肪酸の効用

 共役型の長鎖脂肪酸は、ガンや糖尿病などの現代病の予防に有効な生理機能をもっており、機能性脂質といわれます。

 共役リノール酸の生理機能は前述のように多彩で、列挙すると次のようになります。

 抗肥満作用、抗動脈硬化作用、糖尿病改善作用、血圧上昇抑制作用、エイコサノイド産生への影響、免疫能の改善、骨粗鬆症の改善、ガン細胞の増殖・転移抑制(『脂質栄養と健康』より)。 ザクロやニガウリなどの種子油には共役リノレン酸がふくまれています。  共役リノレン酸の生理作用としては主として抗ガン作用と脂質代謝調節作用が研究されています。



D 構造脂質

 機能性脂質に対して構造脂質という分類があります。これはグリセロールの特定の位置に特定の脂肪酸が結合しており、いろいろの生理活性を示す脂質です。

 脂肪はトリグリセリドともいわれます。グリセリン(グリセロール)に脂肪酸3分子が結合しているので、トリ(3)グリセリドです。この構成脂肪酸の結合位置が代謝や生理作用に影響を与えています。

 母乳は牛乳にくらべて2位にパルミチン酸が多く、1、3位にオレイン酸が多い構造により消化吸収率が高いことが知られています。

 特定の脂肪酸を任意の位置に導入する技術が開発されて、体脂肪低下作用を目的とした油脂(ジアシルグリセロール、中鎖脂肪酸)の製品が登場しました。

 ジアシルグリセロール(DAG)は、トリグリセリドから脂肪酸が1個はずれた構造で、綿実油やオリーブ油などいろいろの食用油にふくまれていますが、かつてはトリグリセリドの代謝中間物というだけの認識でした。含有量も1~10%程度と多くはありません。

 ヒトの脂質代謝への影響が研究された結果、体内への吸収率はトリグリセリドとほとんど差はなく、消化・吸収後の代謝過程でちがいがあることがわかりまし た。ジアシルグリセロールはトリアシルグリセロールにくらべて、小腸や肝臓での脂肪酸β酸化が促進され、脂質エネルギーの消費量が増加するというのです。 ジアシルグリセロールはトリグセロールへの再合成がされにくいので、食後の血中脂肪増加の割合が低く、内臓脂肪への蓄積を抑えるというデータが得られて 「特定保健用食品」として厚生労働省から認可されたのですが、長期に摂取する場合、インシュリンやレプチンの産生が抑制されたり、β酸化によりケトン体と しての排出が増加したりなどの影響があることを知っておく必要があるでしょう。

 レプチンは脂肪細胞が分泌するホルモンのひとつで、体温や体重の調節作用があります。

 ケトン体は飢餓状態や糖尿病などで糖の供給が不十分のとき、エネルギー代謝によって肝臓で生じる物質で、空腹時に高く食後に低下します。絶食や飢餓状態がつづき血糖値が低下すると、脳のエネルギー源はグルコースからケトン体に切り替わります。

 炭素数8~10の中鎖脂肪酸はパーム油やヤシ油に多く、母乳や牛乳にもふくまれています。

 中鎖脂肪酸は長鎖脂肪酸と異なり、ミトコンドリア膜の通過にカルニチンを必要としません。またリンパを介した循環系にははいらず、すばやく肝臓でエネル ギー源になります。体脂肪の低下作用が認められて、ジアシルグリセロールと同じように「特定保健用食品」に指定されています。

 中鎖脂肪酸は術後のエネルギー補給のための治療食として用いられてきました。炒め物や揚げ物に使用すると160℃を越えたあたりから煙が出たり、長鎖脂 肪酸と混ぜて使用すると泡が出たりといった理由で、一般での利用がされなかったのですが、現在では中鎖脂肪酸と長鎖脂肪酸を混合したトリアシルグリセロー ルがつくられ問題が解決しました。

 飽和脂肪酸のなかの長鎖脂肪酸と中鎖脂肪酸の比率についての研究が進行中です。


脂質と脳機能


A 脳の脂質成分
 ヒトの脳で水分を除いた重量の約30~50%が脂質です。

 灰白質(細胞体や樹状突起の部分)では全脂質が32.7%、白質(主に神経線維)は54.9%で、前者でもっとも多いのはリン脂質ついでコレステロールです。白質ではリン脂質の割合は灰白質とほとんど同じですが、コレステロールはほぼ2倍と多くなっています。

 脳の発達する期間には当然コレステロールの生合成がさかんですが、その異常は認知性疾患にも関係しています。

 神経細胞の活動では、神経伝達物質の放出や各種イオンの移動などに細胞膜の流動性が要求されています。そこで他の組織にくらべて流動性に富んだ成りたちをしています。それは構成脂肪酸の不飽和度や、コレステロールとリン脂質の比などによって維持されているのです。



B 多価不飽和脂肪酸
 神経細胞膜の構成リン脂質にはアラキドン酸が多く、プロスタグランディンやロイコトリエンなどをつくる基質となっています。脳ではとくにプロスタグランディンD2(PGD2)が主要生成物とされています。

 PGD2は自然な睡眠を誘発する物質として発見されました。PGD2は覚醒を維持させるヒスタミン神経系のはたらきを抑制するのです。

 近年、魚油の特徴的な脂肪酸であるn-3多価脂肪酸のドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)の脳機能に対しての有効性が報告されるようになりました。

 EPAはDHAにくらべると脳内の存在量が少なく、主としてDHAの効果が報告されています。



C DHA・EPA
 魚油のDHAやEPAは、摂取されると小腸内で分解されてから胆汁酸と混合ミセルをつくり、吸収細胞の微絨膜により吸収されます。

 吸収後、DHA・EPAは再合成されカイロミクロンや超低比重リポタンパク(VLDL)の構成脂肪酸となってリンパ管へゆき、静脈を経由して全身を巡 り、それぞれの臓器にとりこまれ肝臓から血中に出されたDHAは、脳に送られるとすばやくシナプスや小胞体やミトコンドリアに運ばれリン脂質にはいりま す。

 DHAは脳内で抗酸化作用を発揮しており、アミロイドβ蓄積を促進する過酸化脂質を減少させることがわかり、認知症予防効果が期待されるようになりました(上図参照)。

メグビーインフォメーションVol.396「ヒトの病気と脂質栄養」より


www.megv.co.jp/メグビーさんちから転載しました。

・メグビーは分子栄養学に基づく栄養補完食品を製造販売する唯一の会社です。



*今現在の喫緊の問題は福一モクモク再臨界中で、休みなく放射能が舞い散っていることです。

★分子栄養学(三石理論)による放射性物質対策

・ストロンチウムは カルシウムと似ているので、カルシューム(タンパク質も)が不足していると、に吸収されます。骨に居座ったストちゃんがベータ線を放出し続けるので、内部被曝が起こります=活性酸素対策が重要となります。

*サバイバル「健康自主管理」に最適なのが、「分子栄養学(三石理論)」です。
・理論が確立されているので(他の方法:理論は後付けです)、それに基づいて、自分自身で栄養補完をするだけで、病気予防&治療が出来るからです~どんなに良い方法でも、自分で出来なければサバイバルには使えません。

メグビーなら、お医者さんの手を煩わすことなく、自分自身で(食事の際に栄養補完物質を摂取するだけ)で予防&治病が出来ます。しかも、安心、安全なのが嬉しい限りで、欠点は懐が寒くなることだけですw

病気を治したい方、懐に余裕がある方は「メグビー」製品で、普段使いには「DHC」でと(水溶性のビタミン類はDHCで可)、使い分けするのも良いでしょう。

・タマいちは両方を愛用しています~20年近くになりますが不都合な点は何も起こっていません。


■「メグビー」
TEL: 03-3265-0314 (受付時間 9:00~17:00)
FAX: 03-3265-0319

■「メグビー」健康相談
専門カウンセラーがあなたの健康管理のお手伝いをします。
健康相談はこちら

■「メグビー」メールでのお問い合わせ
お問い合わせはこちら


*メグビーを推奨していますが、メグビーさんからは一銭も貰っていません。
・おいら自身のサバイバル知識UPの為に、メグビーさんから許可を得て、記事を転載しているものです。
・他人の手を借りずに、特別な修行も要せずに、自分自身で結果を出せるのは「分子栄養学(三石理論)」⇒「メグビー製品」による栄養補完がベストです。

*「(株)メグビー」は世間一般の健康食品会社とは出発点が違います(飯山さんサイトぽんぽこ笑店の ネット販売商品群と似たものが有りますw)。三石理論を実践する為の安心安全な栄養補完食品を提供し、愛用者対談に 登場される方々と一体になって作り上げ られて来たと考察していますので、その方の実践方法を聞くこと=ノウハウを知ることは、またとない有益な機会と考えています。


株式会社メグビー 代表取締役笹木多恵子
メ グビーは父三石巌が自分の理論に基づいた自分の理想とする製品を造りたいという夢が叶って1982年に誕生しました。 私は三石巌の長女として父の遺志を継ぎ、信頼され安心してお飲みいただける製品を皆様に提供してまいりました。 現在では健康に関する食品を扱う会社が数多くありますが、同業他社とは根本的に違うのは、父の哲学と三石理論があって成り立つ製品群であり、メグビーであ る点です・・・

原点と発展ー分子栄養学に基づく史上最高のサプリメント

『分子栄養学』今ではごく普通に耳にされる言葉だと思います。この『分子栄養学』、実はメグビーの設立者である三石巌が提唱した栄養学理論なのです。


ヒトフードとは?
植 物でも動物でも、生き物は例外なしに物質を要求します。新しい物質がはいってこなければ死んでしまうのです。 私たち人間は、ほかの動物と比べてかくべつ長い寿命を保ちます。これは、たくさんの種類の物質を人間の頭では考えられないほど巧みにあやつっていることに よるのです。 その物質の種類に個体差はありませんが、必要量には個体差があります。

私 た ち は 毎 日 食 事 を か かすことはありませんが、必要なものを必要なだけとっているかと聞かれたら、イエスと答えられる人はまずないでしょう。 だから、健康でいたいと願う人は、食事のなかに、生命が要求する基本的な物質を、けっして不足しない量だけとりいれる習慣をもたなければなりません。

これに私は《ヒトフード》という名前をつけました。
これは過不足のないアミノ酸群と水溶性ビタミンとの一定量から成る食品=メグビープロ+メグビーミックスであります。
《ヒ トフード》の中心はプロテイン(タンパク質)です。 《ヒトフード》の質を大きく左右するのがプロテインの質です。 この点でメグビー製品が無比のものであることを、皆様にもご体験いただければと思います。




*普段の食・生活を大切にしましょう(ミトコンドリアの働きを大切に)↓


発酵食品発酵菌類活用=ピクルス、ザーサイ、ヌカ漬、味噌醤油、ワイン、、ヨーグルト、キムチ、梅干、納豆、ドブロク、発芽玄米酒、チーズ、鰹節、ひしお、豆乳ヨーグルト等々の発酵食品や乳酸菌類を活用しましょう。


体温は高めがいい!~体を動かす。冷飲食の禁止(生野菜、冷やしたビール、水分の取りすぎ)。腹巻、レッグウォマー、首筋には手拭い、タオルや襟巻きを使用して暖かくしましょう(手首、足首も暖く)。




関連記事
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の七十代♂、サバイバル中心です♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

シスVSエイリアン

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々
検索フォーム
リンク
飯山です