人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★アインシュタインの「質量不変の法則」を変えると?

2016/02/04 18:25
  • 前回は、物質について述べましたが、我々が一般的に示している3次元とはどういうものなのでしょうか。
物質が存在するためには、空間3次元と時間という(3+1)次元の時空間を設定しなければなりません。そしてこの時空間は3次元座標(x、y、z)に時間(t)という1次元を加えることを大前提として物理学が発展してきました。

この感覚は、今までの古典力学と数学という組み合わせの中で次元を設定しようとした場合に、最も物理学者・数学者の両方を納得させるものだったのです。

しかし、前回にフラクタル次元の話をしましたが、このフラクタル次元という立場から考察すると、空間次元の3次元については納得できますが、時間に関しては不満が残ってしまいます。

なぜなら、原子核や電子を考慮した現代物理学の立場で「物質」を観察した場合、この物質は原子核の中の陽子・中性子の運動、そして電子の運動が中心になります。
この原子の構成は地球上の物質、すなはち個体・液体・気体の3つの状態の全てに関係し、しかも個体の状態にあっても原子核や電子は運動しているのです。

この運動することに当然のごとく回転(スピン)という時間を伴った動きが現れます。そして、このスピンに関わってくる素粒子がニュートリノなのです。

また、素粒子のスピンに関しては右巻(+)と左巻(-)の2通りあることが知られていますので、この2通りを時間次元とすると(+・-)の2次元として捉えても良いのではないでしょうか。

そうしますと、物理的な時空間は物質3次元プラス時間2次元の5次元まで拡張することが可能です(ここでは実数次元について述べているのですが、虚数次元の時にもスピンが絡んできますので+・-の2次元としておきます)。

さて、ここまで述べてきた次元構造ではフラクタル次元などは存在しなくても良いように思われます。しかし、現代物理では物質の状態にプラズマ状態という第4の状態が加わってきています。

この状態が地球の磁気圏とも関係して、非常に複雑な状態をこの地球上に及ぼしています。この磁場には必然的に電場を伴われています。そして、この電磁場には「光」と「波動」はこれまた切っても切れない関係があります。

20世紀になってアインシュタインの提唱した、「光速不変の法則」が現代物理学では常識のようになっております。しかし、この「光」と「波動」において、片方の「光」だけを不変にしてしまったために「波動」だけが変化しなくてはいけない状況が生まれてしまいました。

はたして、このようなことが在っても良いのでしょうか?

さて、これからフラクタル次元の話に入っていくわけですが、このフラクタル次元を導入するにあたって、どうしても必要なことが二つあります。一つ目は、プラズマ状態という物質の第4の状態です。
そして二つ目が、先ほどの「光」と「波動」
なのですが、この「光と波動」を同等の二つの状態として考えると次元構造にどのような変化が生じてくるか、ということです。

以上の二つの条件には、どちらとも電磁場が関係してきます。この電磁場を見直すことで、今までの物理学的概念を根本から書き改めていく必要性が、このフラクタル次元に潜んでいます。

今回はここまでとします。


sonokininatte55.blog.fc2.com/blog-entry-340.html
その木に成って55さんちから転載しましたm(_ _)m



どうしても必要なことが二つあります。一つ目は、プラズマ状態という物質の第4の状態です。
そして二つ目が、先ほどの
「光」と「波動」なのですが、この「光と波動」を同等の二つの状態として考えると次元構造にどのような変化が生じてくるか、ということです。
・・・・



関連記事
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の七十代♂、サバイバル中心です♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々
検索フォーム
リンク
飯山です