人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★南極のケムトレイル&ケム雲!

2016_01260011.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=g4d1tdfA-CE




神戸の会社員が自転車で南極点へ 仕事と両立で夢叶えたい 
 
2015.12.21 16:39


 僕は冒険家じゃない、サラリーマンです──。神戸市須磨区に住む会社員の大島義史さん(31)が、24日から自転車で南極大陸を走り、南極点を目 指す冒険に挑戦する。大学時代から自転車の旅に魅せられ、今回は個人で挑むわけだが「家族や会社が理解してくれてこそできる」という感謝の思いを胸に、家 庭のことや仕事をこなしながらコツコツと準備をすすめてきたという。出発を目前に控えた大島さんの自宅を訪ね、現在の心境を聞いてみた。



[写真]2年前に広大な南極を自転車で試走する大島さん(本人提供) 
*↑タマいち注:見える雲はケム拡散薄雲です。

 神戸市須磨区のJR須磨駅で待ち合わせをしていると、半そで姿の青年が自転車でやってきた。もうこの時点で、顔 を知らなくとも大島さんと分かる。この日の同市内の最高気温は12度、しかも海辺だったが「ようこそ来て頂きました、今日は暖かいですから」と笑顔で話 し、自宅まで案内してくれた。

 大島さんは、輸送機器メーカー「川崎重工業」(本社・神戸市)で経理を担当。これまでも不動産部門や工場の管理部門、国際税務など、様々な分野を 担当している。「ウチはものづくりの会社なので技術屋さんが神業的感覚やテクニックで頑張っている。僕らはそこから価値あるものを生み出すことをサポート する部署なのでヘマは許されません。命がけで仕事してます」

 その言葉を裏付けるかのように、自宅の本棚にもそれに関する参考書がたくさん並んでおり、かなり勉強家な一面も垣間見られる。

学生時代から自転車の旅に魅せられる


[
写真]自宅の1室はすっかりメカニックルームに

 そんな大島さんだが、なぜ南極点を目指すのか?そのルーツは遺跡だった。高校時代に遺跡が好きが講じて、自転車 でめぐることをはじめた。そして、後に東京大学文学部に入学し考古学を専攻。自転車旅の範囲は年を追うごとに国内から世界へと広がっていき、北極海からア メリカ、オーストラリアの砂漠、シルクロードではタクラマカン砂漠を走るなどした。

 そして、大学生の時に住んでいた東京都板橋区の図書館で、世界初の北・南両極単独歩行横断を果たした大場満郎さんの書籍を見て、南極の真っ白に広 がる地平線にポツリ立って写る大場さんを見て、かなり影響されていたという。後に大場さんには、南極の話を聞きにいったという。

 その後、会社員となり南極の夢はあきらめていたが、神戸市内の図書館で見た書籍に載っていた「民間人でも南極に行ける」という一文を見て、その可能性を探ってみたくなった。

 また、今を思えば妻のひと言も影響した。会社員になっても、1週間という期間で自転車世界旅を繰り返し、2012年に大学時代から続けてきた自転 車旅の距離が、とうとう北極海からオーストラリア南端へ到達。「『これで世界縦断を達成したぞ』と言ったら、妻が『世界縦断だったら南極点じゃないです か?』と言ったんです(笑)。同時にそうか、とも思いました」

 後に南極行きを相談すると、妻は「本当に行くんですか?」という反応で、多少けんかもした。そして、生活のこと、仕事のことも考えなければならない。会社とも、この点はじっくり話し合ったという。

 そして、もちろん妻とも相談。話し合ううちに、自分が将来もらえるお小遣いの範囲、子供の大学までの学費などすべてひっくるめた生活設計を算出し 「家族の生活に影響を与えない」計画を立てて示し、ゴーサインが出た。とはいえ「南極から帰ったら生き地獄が待ってますけどね」と苦笑しながら話す。

南極点到達にとらわれず...家族を悲しませたらいけない



https://www.youtube.com/watch?v=2EwuFrJbkHU


 南極へ行くための準備は年月をかけコツコツと進めた。2年前には南極旅行ツアーを利用して、実際に自転車で試走も経験。「ツアー客とは現地で自分だけ違う行動で浮いてました。南極で自転車をこぐと、パウダースノーでは車輪が空回り。ペダルは折れるしすごかったです」


[写真]タイヤは自動車のものより太いという自転車。特殊なものでなく、市販されている自転車でも走ってみたい意欲がある。現地の様子次第では、そっちにするかも(本人提供)

 だが、自分の持っている装備でどれだけ耐えられるか。それを試す貴重な機会となった。また「あの時の費用は 150万円かかりました。額が大きすぎて1回じゃ振り込めませんでした。これだけ貯めるには時間もかかりますから」とも振り返る。南極へ行くには安い方の ツアーではあったが、サラリーマンにとって、この額は決して安いものではない。そうした現実をかみしめながら、南極走行を一生懸命試した。

 また装備に関しては、気温マイナス30~40度の中、自転車で走るため凍傷などには気をつけなくてはいけない。「注意深くやらないと、指などを失うこともある。そんなことになったら家族が悲しむし...」

 大島さんは第一に一家の大黒柱である。今は2歳の娘がかわいくて仕方ない。今回の南極行きは、これが大きな壁だった。だが、行くと決めた以上は、無事に帰国しなくてはならない。

 「昔、自分が自転車旅をしていた時、母親がいつも神棚に祈ってくれてて...」。自分は自転車旅から帰ると、皮膚がシミだらけになったりしてい た。今、親の立場となり、チャレンジしたいことは受け入れるとしても、もし娘がそんな姿で帰ってきたら...たまらない気持ちになるだろうと考えた。

 親になって分かったこともたくさんある。だからこそ、南極点到達にとらわれて指や足を失って帰国してはなんにもならないという強い思いがあるという。

ソーラーパネルとPC持参で南極でも仕事します



[写真]冒険家ではなくサラリーマンです、という大島さん。それを裏付けるかのように、かつて南極に行った時もソーラーパネルとパソコンを持参し仕事をした。今回も同じ事をするという(本人提供)

 出発の24日が迫ってきた。当日は関西国際空港から南極観光ツアーの出発地としても知られるチリのプンタ・アレーナスへ向かい民間輸送機に乗り換え。南極西部にある「ユニオン・グレーシャー基地」という民間ベースキャンプへ行く。

 そこから飛行機で約800キロほどの雪原へ行き、約200キロ先の南極点を自転車で目指す。「到達は来年1月中旬くらいの予定です、仕事の関係で そこが限度。あっ、もちろんパソコンと電気を起こすソーラーパネルは持っていきます。パウダースノーの上で、仕事の作業もする予定です。僕は冒険家ではな く、サラリーマンですから」

 会社の先輩や同僚らは今回の南極行きに「ずっと南極って言ってたもんな。がんばっておいで」「それが終わったらそのエネルギーを仕事に向けてね」 などと数々の激励をもらった。そして、最愛の妻や娘も心から応援してくれている。そんな大切な人たちの支えを胸に、サラリーマンの南極冒険は間もなくス タートを切る。


osaka.thepage.jp/detail/20151220-00000001-wordleafv
THE PAGE さんちから転載しましたm(_ _)m



神戸の会社員 自転車で「南極点」到達し無事帰国
1月20日(水)21時30分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160120-00000004-wordleafv-soci


*素晴らしい体験記です♪
・大島さんは指摘していないが、南極で見える雲は「ケム雲」ですねー!
・南極では自然の雲が見当たりませんw



★ケムトレイルとは何か!
1tamachan.blog31.fc2.com/blog-entry-11546.html

angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/197.html

・ケムトレイルは諸悪の根源の象徴で、原爆を作ったマンハッタン計画を上回る恐ろしい計画「クロバーリーフ作戦」によるものです。

・今や世界中で24時間365日、雪の日も、台風の日も休みなしで、ケムトレイルの散布を実施し、気象操作、環境破壊&健康劣化をもたらしている。
<ケム拡散薄雲が天空をコーティングして蓋をした状態を作り、HAARP(HAARP電磁波兵器は米国特許No4686605号として正式に認証されています)等から電磁波が照射される=電子レンジ庫内と同じ状態にして、台風・大雨・大雪・竜巻・・・気象操作を行う>。

・ケムトレイルはNWOを進めている奴らが隠せない唯一の尻尾です。ので、先ずはケムトレイルを認識しましょう。

・ケムトレイルに言及しないか、唯の飛行機雲だと云うブロガー、論客、科学者、知識人、気象予報士、天文台員、文人墨客は自然に対する感性が劣化しているか、無知か、バランサーか、いずれにしても要注意です!


★ケムトレイルは「奥の院」の尻尾だよ!

★NASA職員がケムトレイル(リチウム)噴霧を認める!


★ケムトレイルを散布しているのはアメリカ軍であるとの回答!



★ケムトレイルを告発した元FBI長官暗殺か?



★ケムトレイルによる人口選別削減!~政府系科学者の内部告発


★ケムトレイルは「消えない毒飛行機雲」だと証明された!


★ケムトレイルを暴くドキュメンタリー映画!



★ハーバード大学:ケムトレイル使用を認める!


★ケムトレイルについて  <追補版>


★ケムトレイルとは!?


★気象 ケムトレイル HAARP CERN LHC 電磁波兵器:動画集




*この記事は下記の千早さんの記事をヒントにしました ↓

アメリカも、あちこち吹雪!〜自転車で南極点へ行ったサラリーマン氏の写真に、南極のケムトレイル&ケム空が!!
http://insidejobjp.blogspot.com/2016/01/blog-post_26.html





関連記事
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の七十代♂、サバイバル中心です♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々
検索フォーム
リンク
飯山です