人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★イラン領海にて米兵拿捕事件発生:戦争屋に騙されるな!

新ベンチャー革命2016115日 No.1298
 
タイトル:イラン領海にて米兵拿捕事件発生:北朝鮮に日韓兵士を拿捕させて戦争着火させる手口が強行されるかもしれない、みんなだまされないよう用心しよう!
1.米オバマの一般教書演説の妨害を狙ってか、米国戦争屋配下の米艦艇がイラン領海を侵犯し、拿捕される
 
 2016112日、米艦艇がイランの領海内に侵入、10人の米兵士がイラン軍に拿捕されましたが(注1)、その後、イランは全員釈放しています。ちょうどこのとき、米オバマは恒例の一般教書演説を行っていたようです(注2)
 
 オバマ政権は、米国戦争屋ネオコン(イスラエル・ネオコン含む)の仮想敵国・イランと和解する外交を展開していますが、現在、米政権から下野中の米国戦争屋ネオコンの対・イランの仮想敵国戦略を破壊するものであり、米戦争屋ネオコンにとって到底、許せないわけです。
 
 さて、米戦争屋は90年代初頭の湾岸戦争時代から、最終攻略ターゲットをイランに置いています。なぜなら、イランは石油埋蔵量が世界第4位であり、米戦争屋はその石油利権を奪取したいからです。1979年にイラン革命が起きて、それまで米戦争屋ボス・デビッドRF財閥の傀儡国家だったイランがその支配下から脱したのです。ところで、戦前まではイランの石油開発投資をやっていたのは、欧州寡頭勢力でした。英BPは欧州寡頭勢力配下の石油メジャーですが、戦前はアングロ・イラニアン石油でした。ところが、戦後、デビッドRF財閥がイランのパーレビ国王を傀儡化して、イランの石油利権を乗っ取ったのです。その後、現在まで、イランの石油利権を巡って、米戦争屋と欧州寡頭勢力の暗闘が繰り広げられています。
 
 したがって、上記、欧州寡頭勢力系のオバマの教書演説妨害を狙ったと疑われる米艦艇のイラン領海侵犯は単なる偶然ではなく、何かウラがありそうです。
 
なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
2.欧州寡頭勢力に支援される米オバマ政権と米国戦争屋はイラン外交を巡って厳しく対立している
 
 デビッドRF財閥率いる米国戦争屋はイラン革命以降、今日まで、イランの石油利権を失っており、なんとかイラン戦争に持ち込んで、イランの石油利権を奪取しようと虎視眈々と狙ってきました。
 
 当初、90年代初頭の湾岸戦争のときもイラクを攻略した後、最終的にイラン戦争に持ち込もうとしていました、そのために米戦争屋傀儡のパパ・ブッシュ政権を続投させようとしましたが、欧州寡頭勢力系の米国内のアンチ米戦争屋勢力(主に米民主党)に負けて、イラン戦争どころか、イラク・フセイン政権攻略すら実現できませんでした。そこで、米戦争屋は2000年、不正選挙でブッシュ・ジュニア傀儡政権を誕生させて、2001年に9.11事件を仕組んで、米国民をだまし、2003年、まんまとイラク戦争に持ち込んだのです。しかしながら、2009年、欧州寡頭勢力系オバマ政権の誕生で、今もって最終ターゲットのイラン戦争を実現することができないのです。そのため、米戦争屋ネオコンのいら立ちは極限に達しています、非常に危険です。
 
 こうして米戦争屋ネオコンが下野している間、ネットの発達で米国民が米戦争屋の正体に目覚め、今の米戦争屋は逆境から抜け出せず、非常にあせって凶暴化しています。ちなみに、安倍政権下の日本はこのような連中に乗っ取られているのです。そのことにみんな気付くべきです。
 
 さて、本ブログでは、上記、イラン革命の黒幕は欧州寡頭勢力ではないかと観ています。そして、今のオバマ政権の背後にも欧州寡頭勢力が控えていますから、オバマ政権は親イラン政策を取っています。このことが米戦争屋ネオコンは非常に気に入らないのです。
 
3.米艦艇のイラン領海侵犯事件は、2007年の英国軍のイラン領海侵犯と酷似している
 
 本ブログでは、米国戦争屋ネオコンは同じ手口を繰り返す習性があると観ていますが、今回の米艦艇のイラン領海侵犯事件は、イラク戦争後の2007年に起きた英国軍兵士15名のイラン領海侵犯事件(注3、注4)と酷似しています。
 
 2007年当時の英国軍は米戦争屋傀儡のブレア英首相が政権を握っていた時代です。このブレアのレベルと日本の安倍氏のレベルは非常によく似ています。
 
  この当時、米戦争屋はイラクを片付けて、次に、イラン戦争に持ち込もうとあの手この手を使って挑発していました。ところが、欧州寡頭勢力が米国内で力をつ けており、米戦争屋傀儡のブッシュ・ジュニアはレームダック化し始めていました。そこで、米戦争屋は傀儡の英ブレアを口説いて、英国海軍に対・イラン挑発 を強行させたのです。ところが、当時のイラン・アフマデネジャド大統領は欧州寡頭勢力からの助言に従って、捕虜にした英国兵士を無条件釈放しています。も し、イランが英国兵士を捕虜収容所に入れていたら、待っていましたとばかり、米戦争屋配下のNATO軍が、捕虜救出の名目でイランに攻め込むつもりだったのです。
 
 米戦争屋の言いなりだったブレアはこの事件直後に、辞任させられています、おそらく、欧州寡頭勢力からの圧力だったと思われます。こうして、米戦争屋ネオコンNATOのイラン先制攻撃は欧州寡頭勢力によって封じ込められたのです。
 
 この前例から、米戦争屋ネオコンは同じ手口を使って、今回、イラン軍が拿捕した米兵士をイランの捕虜にさせて、その救出作戦の名目にて、イラン先制攻撃を企んだのではないでしょうか。
 
 しかしながら、オバマ政権とパイプができているイランはただちに、拿捕した米兵を釈放、またも、米戦争屋ネオコンの思惑は頓挫したのです。
 
 オバマ政権はこのような米戦争屋の陳腐な仕掛けをすぐに見破って、ただちに、戦争火種を消せるようになっています。
 
4.同じ手口を繰り返す米国戦争屋ネオコンは朝鮮半島海域で戦争火種をでっち上げるかもしれない
 
 さて、今、日本の安倍氏を傀儡化している米戦争屋ネオコンは、上記のように、またもイラン戦争着火に失敗しました。追い詰められた米戦争屋が今、使えるのは、2007年当時のブレア英首相と同じレベルの傀儡である日本の安倍氏と韓国の朴大統領くらいでしょう。
 
 したがって、次は、北朝鮮がらみで極東戦争を狙ってくるかもしれません。たとえば、韓国軍兵士を北朝鮮に拿捕させて、救出作戦の名目で韓国軍と自衛隊を北朝鮮に派遣するとか・・・。
 
 2007年当時の米戦争屋は、イラン挑発にくわえて、世界同時多発テロ事件も仕掛けていました。日本では、長崎市長暗殺テロが起きています(注3)
 
 2016年現在、戦争日照りで凶暴化した米戦争屋ネオコンは敵役傀儡のIS(偽イスラム国)を使って、世界同時多発テロを繰り返していますが、2007年当時とよく似た状況となっています。
 
 今後、日本でも、何らかのテロ事件が起こされるかもしれません、みんな用心してください!
 
注1:CNNイラン、米海軍の船舶2隻を拿捕 乗組員10人拘束”2015113
 
注2:朝日新聞“オバマ米大統領、排外主義の脱却訴える 一般教書演説”2015113
 
注3:ベンチャー革命No.227バージニア対長崎同時射殺事件:未必の故意か?』2007421
 
注4:米国とイラン:核を巡る抗争の年表(ニューヨーク・タイムズ編纂)
 

 ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/35598602.html
新ベンチャー革命さんちから転載しました。m(_ _)m



今後、日本でも、何らかのテロ事件が起こされるかもしれません、みんな用心してください!
・その懸念が大きいですね!

・2011年3月14日の東電福島第一原発3号機大爆発で日本は完全に終わったわけでして、今さらテロの一つや二つ起こされたところで、驚きはしませんが、用心しましょう!



関連記事
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の七十代♂、サバイバル中心です♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々
検索フォーム
リンク
飯山です