人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★外務省が、首都圏の日本人3000万人の移住を、ロシアと中国に打診していた!


無人都市に いらっしゃい!
無人都市
鄭州(殷王朝の故地)の新規地区の住宅団地。住民は皆無!無人都市なのだ。
英紙デイリー・メール の報道 によれば…、
中国政府は毎年、最大20もの人工都市を建設している。
その結果、6400万戸の住宅が、すでに建設され、整備されているという。だが、その大半は無人都市(ゴースト・シティーズ)である。

  ↓こういうことだ↓
国家予算の余ったウラ金を都市建設に投資することで、官僚が巨大な資産利権を獲得し、建設業者も潤う。バックマージンも巨大な額になる…と。これは体の良い国家予算の配分システムだ。

日本も同じことをヤってきた。

かつて厚生省が建設した豪華絢爛な厚生保養施設もそうだったし、先ごろは「除染」という大義名分でのカネ配り、また、膨大な量の除染土壌のフレコンバッグを各地に山積みするなど、国家予算のムダ使いは、日本のほうが上手(うわて)だ罠~www

本気で検討されていた「首都圏3千万人避難」という文章内容は重要だ。

どのように重要なのか? 「流れ」をルル説明する。
先ず、外務省が、首都圏の日本人3000万人の移住を、ロシアと中国に打診していた!

これにたいして中国政府は、中国国内にある「無人都市(ゴースト・シティーズ)」への数千万人の移住者受け入れを日本側に提示した。

中国政府の移住者受け入れの申し出を日本側が「真剣に検討」していることを、日本の外務省はロシア側に通告した上で、ロシアにも移住者受け入れを打診した。

日本の外務省から打診されたロシア外務省は、その報告書をクレムリンに上申した。

このロシア外務省がクレムリンに送った「報告者」に関する記事は、今も『EUタイムズ』に掲載されている…。

なんということであろうか!
2011年の段階で、中国とロシアは、有り難いことに、何千万人もの日本人移住者の受け入れを“諒解”していたのである!

あの時…、健康だった日本民族が何千万人も生き残るチャンスは、あった! …と。

なのに…、誰も彼もシカト。黙ったまま。

悔やんでも悔やんでも悔やみきれないが…、今さら悔やんでばかりも居られない。

ヤルっきゃない!

さぁ、みんな! ヤルぞ!
最後の最後の最後まで諦めずに、ヤレることは何でもヤル!
受け入れてくれるなら、シベリアでも何処でも行く!
な~んてことは、日本の大勢の子どもたちは分かっている。

中国の無人都市(ゴースト・シティーズ)なんて、最高じゃないか!

ただし、最悪・最凶の邪魔者がいる。
それは、「日本政府」という「ジェノサイド政府」である。

しかし、それでも、ヤルっきゃない!
飯山 一郎


kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-8197.html
きのこさんちから転載しました。




*無人都市の事は不思議に思っていたが、
国家予算の余ったウラ金を都市建設に投資することで、官僚が巨大な資産利権を獲得し、建設業者も潤う。バックマージンも巨大な額になる…と。これは体の良い国家予算の配分システムだ。
・なーる程! 飯山さんの解説で腑に落ちました m(_ _)m

・今からでも遅くは無い、一括借り上げで、地域行政がそっくり移住すればいい↓ 楢葉町帰還は狂っている!

楢葉町の住民帰還へ 情報発信を~知事|日テレNEWS24

www.news24.jp/articles/2015/09/07/07308931.html

  福島第一原発事故に伴う福島県楢葉町の避難指示が5日に解除された事を受け、福島 ・内堀県知事は、帰還を決めかねている住民への情報発信などに力を入れる考えを示し た。


>最悪・最凶の邪魔者がいる。
>それは、「日本政府」という「ジェノサイド政府」である。
・白丁田布施システム管理のヌッポンは要らない。縁切りしよう!



関連記事
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の七十代♂、サバイバル中心です♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々
検索フォーム
リンク
飯山です