人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★蝶がひらひらと ヒラヒラと飛ぶ♪

2015_08190154.jpg
↑ツマグロヒョウモン♂、 ウィキさんによると~もともと南方系のチョウだが、幼虫がパンジーなどスミレ類を広く食べることから園芸植物にまぎれて広がった。また、地球の温暖化(原発の冷却温排水は永久に海洋を暖め続ける)もこのチョウの隆盛に一役買っている(ただし北国では冬越しできずに死んでしまう)。♀↓
2015_08120241.jpg
・ツマグロヒョウモンの幼虫。鮮やかな色彩で、体中に突起があり、いかにも毒々しいが、危険はない。スミレ類の葉を食べる。↓
2015_08090039.jpg

2015_08090040.jpg

2015_08090041.jpg

2015_08100045.jpg

2015_08100054.jpg
・何となく愛嬌がありますね~♪
2015_08100103.jpg

2015_08100137.jpg

2015_08100161.jpg
・食べつくしたスミレの葉柄に、頭を下にし、ぶら下がって動かなくなりました↓
2015_08100187.jpg
・気が付いたら蛹化していました↓ 
2015_08100194.jpg

2015_08100202.jpg

2015_08100010.jpg

2015_08100104.jpg

2015_08100274.jpg  

2015_08110086.jpg

2015_08120181.jpg

2015_08130026.jpg

2015_08140044.jpg
・スミレの葉っぱを喰い尽して、葉柄も食べられてしまうのか?↓ 8月15日
2015_08150015.jpg
・8月16日↓
2015_08160017.jpg
・↓色が変わってきたニャー! 昨日の雨で腐ったのか?
2015_08180091.jpg
・腐ったにしては頭部辺の点々が怪しく蛍光色を帯びている?↓ 2015_08180093.jpg
・駄目かと思っていたが、↓気が付いた時には羽化していました♪
2015_08190008.jpg

2015_08190010.jpg

2015_08190026.jpg

2015_08190027.jpg
・よっこらせっと! ♀の様です↓
2015_08190049.jpg

2015_08190050.jpg

2015_08190062.jpg
・陽射しを浴びて、草の上で一休み↑
2015_08190329.jpg

2015_08190406.jpg

2015_08190417.jpg
・気が付いたら、飛び立ってヒラヒラと華麗に舞っていました♪



2015_08120197.jpg
2015_08120054.jpg 2015_08120062.jpg 2015_08120063.jpg 2015_08120079.jpg 2015_08120120.jpg
2015_08120131.jpg 2015_08120137.jpg 2015_08120141.jpg 2015_08120150.jpg 2015_08120169.jpg

2015_08190112.jpg 2015_08190125.jpg   2015_08190154.jpg



荘子
(そうじ)ウイキより

胡蝶の夢(こちょうのゆめ)は、中国の戦国時代の宋国(現在の河南省)に生まれた思想家で、道教の始祖の1人とされる人物の荘子(荘周)による説話である。荘子の考えが顕著に表れている説話として、またその代表作として一般的にもよく知られている。

原文
    昔者荘周夢為胡蝶。栩栩然胡蝶也。
    自喩適志与。不知周也。俄然覚、則蘧蘧然周也。
    不知、周之夢為胡蝶与、胡蝶之夢為周与。
    周与胡蝶、則必有分矣。此之謂物化。

書き下し文
    昔者荘周夢に胡蝶と為る。栩栩然として胡蝶なり。
    自ら喩しみて志に適えるかな。周たるを知らざるなり。 俄然として覚むれば、則ち蘧々然として周なり。
    知らず、周の夢に胡蝶と為れるか、胡蝶の夢に周と為れるかを。
    周と胡蝶とは、則ち必ず分有らん。此を之れ物化と謂う。

訳文
    以前のこと、わたし荘周は夢の中で胡蝶となった。喜々として胡蝶になりきっていた。
    自分でも楽しくて心ゆくばかりにひらひらと舞っていた。荘周であることは全く念頭になかった。はっと目が覚めると、これはしたり、荘周ではないか。
    ところで、荘周である私が夢の中で胡蝶となったのか、自分は実は胡蝶であって、いま夢を見て荘周となっているのか、いずれが本当か私にはわからない。
    荘周と胡蝶とには確かに、形の上では区別があるはずだ。しかし主体としての自分には変わりは無く、これが物の変化というものである。


*夢が現実か、現実が夢なのか?しかし、そんなことはどちらでもよいことだ~死ぬまでの暇つぶしですw




関連記事
2015年08月23日 | 写真 | トラックバック(0)件 |
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の七十代♂、サバイバル中心です♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

シスVSエイリアン

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々
検索フォーム
リンク
飯山です