人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★リー先生が教えてくれる医療・薬剤の実体

今日は、★命を託している医療・薬剤の実体が知りたいシリーズで、お世話になっているリー先生の最新作 『癌患者を救いたい PSA検診のウソ』の読書感想を書きます。
リー先生の本、、、、、、、、、、、、、、、、、、  無作為化対照試験(RCT)の結果に基づく「欧米型証明医療」を実践されているリー先生が巨悪の根源は、巨大製薬会社、厚労省、官僚、そして学閥(官・業・学)どもの利権誘導と、そのための情報操作の実体を暴露しています。そして、「早期発見早期治療」は不可能。がん検診は無意味だと切って捨てる。 大きな驚きと、感動と安堵感を与えてくれる、とてもよい本です。

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その74

リー先生の院長ブログ『異端医師の独り言』より、転載します。   貼り付け開始。 

食塩2
インターソルト再度試みる
 1993年、NHBPEPが世界規模の減塩政策を支持する根拠としてインターソルトを引用してから、食塩生産者協会(ワシントンD.C.)はインターソルトの生データを入手しようと一連の努力を始めた。協会の重役Richard Hannemanは、報告された食塩と加齢に伴う血圧上昇の関係を確認したかったと言う。協会が年俸3,000ドルで契約した数人の研究者たち(MaCarron、アラバマ大学のSuzanne Oparil、トロント大学のAlexander Logan、そしてUCデービス校のJudy Stern)は、データの矛盾に困惑した。彼らは、もし、食塩摂取量がより多いと、集団が歳をとるにつれ血圧がより高くなると推論し、食塩摂取量の多い集団の中心点は、血圧中央値がより高くなくてはならないが、そうではなかった。若い集団では食塩摂取量が多く、血圧が低いと仮定したときのみ、インターソルトの報告と近似した。これは、反直感的だが、インターソルトは20から29才の血圧を公表していないので、別個に検証される仮説となる。

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その73

2010年04月23日の記事「2009年05月03日 ☆☆☆食塩の政治学」の続きです。リー先生の院長ブログ『異端医師の独り言』より、転載します。   貼り付け開始。 

2007年06月16日   食塩1
The (Political) Science of Salt  食塩の(政治的な)科学

減塩の効用に関する30年に及ぶ論争は、良質の科学は公衆衛生政策の圧力の前に頓挫することを示す
GARY TAUBES Science 281:898-907, 1998

“Science…warns me to be careful how I adopt a view which jumps with my preconceptions, and to require stronger evidence for such belief than for one to which I was previously hostile. My business is to teach my aspirations to conform themselves to fact, not to try and make facts harmonize with my aspirations.”

★またケムだ

空12時


12時、まだきれいな空♪

★自然の空だ~ ♪

そら1昨日17時頃、風が強くケムが吹き飛んで、空の地肌?が見え、自然の雲だけが浮かんでいた。

そら2
今朝8時の自然の空。雲ひとつ見えない。実に爽快なそらだ~♪

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その72

局所浸潤性前立腺癌の無作為化試験の論文を、リー先生の院長ブログ『異端医師の独り言』より、転載します。   貼り付け開始。 

2010年04月24日
☆★ 局所浸潤性前立腺癌に対する「内分泌療法」vs「内分泌 + 放射線療法」

 2009年のランセット(超一流の内科誌)の表紙を飾った論文です*。
 ≪カッコ内≫は僕のコメント

 ノールウェー、スウェーデン、デンマークの 47の医療機関の共同研究。875人の局所浸潤性前立腺癌患者を無作為に 2群に分け、抗男性ホルモン療法 vs 放射線療法併用の効果を検討したもの。

 エンドポイントは、前立腺癌関連死と総死亡、etc。よくまとまった論文で、一か所 PSAレベル「ng/ml」とするところを「μg/ml」と誤植があったが、まあご愛嬌。

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その71

 専門用語を適切に表現・理解するのは、とても難しい。たまには医学論文でもお読みください。リー先生の院長ブログ『異端医師の独り言』より、転載します。 
貼り付け開始。 

2009年04月15日
☆☆☆★ 癌治療の進歩:希望、詐欺、そして現実と認識のギャップ

このブログの主張に沿う、重要な論文なので、上段においておきます。この論文、引用論文が一つもない異端論文です。 ≪カッコ内≫は、僕の解説。分かりにくい箇所があれば、ぜひメールください。一人でも多くの読者に常識が広まって欲しいので。

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その70

 「藁をもすがる末期癌患者」相手に、LAK療法を「活性化免疫療法」「活性化リンパ球療法」「細胞免疫療法」とか称し、大儲けしている病院がたくさんあるが、詐欺である。と、言い切るリー先生。今日も院長ブログ『異端医師の独り言』より、転載します。 貼り付け開始。 


2009年03月21日07:58  ☆☆ LAK療法を考案した S.A.Rosenberg
カテゴリ僕が最も尊敬する2人の科学者,医学、科学論文の要約
S.A.Rosenbergは 1980年代、N.C.Iの外科部長で、レーガン大統領の主治医でもあった。Rosenbergは「ネズミに移植した癌(established tumor)に免疫療法を施し、治療に成功した」ので、時代の寵児となった。

 インターロイキン2(IL2)というリンパ球が分泌する蛋白質(lymphokine )が発見され、IL2を含有する培養液で白血球を 3日間培養すると、その白血球は癌細胞を食い殺すようになる。その 3日間培養した白血球を「LAK cell(lymphokine activated killer cell)」と命名した。

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その69

 総合病院系の小児科はもっとも、収益が少ないので、最近はいたいけない子供達が検査・薬漬けのターゲットにされているとか、本日は学問道場の近代医学・医療掲示板より転載します。   貼り付け開始。

[1629]かわいい子供たちまで検査&クスリ地獄へご招待
投稿者:おじいさん  投稿日:2010/05/24(Mon) 09:31:21

 小児科医は世間では足りない、、と言われています。 まあ、実際足りないでしょう。

  なぜなら、総合病院系では小児科はもっとも、収益が少なかったから。。

  難病は別にして、子供ってすぐ病気が治ってしまうから、そして、感染症が流行らない、夏の季節はベットががらがらになってしまうんです。

★口蹄疫(ウイルス)は乳酸菌で不活化する  ワクチンは駄目

 (宮崎旬報報道)創価学会:安愚楽牧場が口蹄疫感染1ヶ月も隠ぺい。4月初旬100頭以上が感染牛データ改ざんで証拠隠滅。発覚前県外に5頭出荷の件は暫く置いといて、一刻も早く乳酸菌の大量散布をしなさい。これで、健康を取戻す!!。

 健康に成った「牛」「豚」は食肉用として問題なし。

ワクチンを接種したのは全頭数が殺処分されると云う。
これと同じ事が人に対しても、行なわれるのだろうか!?。

実にバカげたやり方が、腹立たしい。

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その68

サプリメントには胡散臭さが付きまとっていますので、今日は科学的検証・証拠(エビデンス)に基づいたお話を、リー先生の『異端医師の独り言』より、転載します。 貼り付け開始。

2009年04月07日
☆☆☆エビデンスに基づくサプリメント

 サプリメントの世界が最も ニセ科学が横行している。科学的検証が加えられたサプリメントを紹介していきます。

 以下は、住友化学の松尾さんに頼まれ、大学での集中講義用に「幻の焼酎」と交換にまとめ直したものです。(2007年11月の記事:適宜、改訂しています)

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その67

米国の専門医は高給取り、大邸宅、高級車、ヨット、自家用機、別荘と凄い生活をしている。リー先生の『異端医師の独り言』より、転載します。 貼り付け開始。

2010年05月22日 ★ Cockett城
 Cockett教授のところに 1985年 7月に赴任し、秋頃、自宅へ招待された。
自家用車でたどり着くと絶句、邸宅どころか「お城」である。

 僕が天ぷらを作る予定で「えびは用意する」というので、粉とツユをもっていった。大型エビが大量に茹でられていた。まあいいか、茹で上がったえびに衣をつけて揚げた。新発見、これはこれで実に美味しかった。

 トイレを拝借すると、手拭がない、絹の新品ハンカチが重ねてあり、それが手拭だった。

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その66

 前立腺癌に罹りやすいのは、黒人やヒスパニック系である。医者の多くは白人で、ローンを抱えているので、無用な手術でも止められない。と言う事情があるのだそうです。今日もリー先生の『異端医師の独り言』より、転載します。 貼り付け開始。

2010年04月19日
☆☆☆ アメリカで前立腺癌手術がやまないわけ

 1990年頃から、早期前立腺癌に対する根治的前立腺全摘術(以下、全摘術)の有効性に疑問を挟む疫学的研究が北欧を中心に報告されるようになった。

★口蹄疫事件を仕組んだのは、旧権力=自民清和会・統一教会・似非右翼暴力団ではないのか?

richardkoshimizu's blogさんのブログを覗いて、この見出しにビックラこきました。
『口蹄疫事件を仕組んだのは、旧権力=自民清和会・統一教会・似非右翼暴力団ではないのか? 』
「名誉棄損? はい、どうぞ。告訴してください。日共左派・毛沢東派さん、大歓迎です。」さすが、リチャード・コシミズさんは腹が据わっております。
転載貼り付けします。貼り付け開始。

口蹄疫事件を仕組んだのは、旧権力=自民清和会・統一教会・似非右翼暴力団ではないのか?

<< 作成日時 : 2010/05/21 09:02 >> 
ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

口蹄疫事件を仕組んだのは、旧権力=自民清和会・統一教会・似非右翼暴力団ではないのか?

リチャード・コシミズです。かなり早い時期に、口蹄疫問題を使って民主党攻撃をするという「方針」を旧権力=裏社会犯罪者集団が決定していたと思われます。

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その65

 おじいさん先生が「年寄りの医療費」について本音で語っておりますので、ご紹介します。
学問道場の近代医学・医療掲示板よりの転載です。   貼り付け開始。

[1626] 年寄りvs若者 投稿者:おじいさん投稿日:2010/05/20(Thu) 10:06:20

 皆様こんにちわ。ここのところ、珍しく?忙しくて投稿できませんでした。大変盛り上がっているようでとても嬉しいです。。

 それにしても、私おもうに、日本は社会保障費をどうにかしなければ、もはや10年以内に確実に亡国すると思うのですね。 副島先生の本を読まずとも、、(すいません、読めばもっと理解できますが。)何となく、体感的に、やばいな、というのは多くの人が感じていると思うのです。

 その社会保障費を食い尽くしている人々、それが私は大変失礼だけれども、「年寄り」だと思うのです。ですので、医療問題に世間の人がもっと目を向けることで財政問題が少しでもよくならないか、と願うわけです。

★口蹄疫(ウイルス)には乳酸菌だ 知事は何をしているのか

口蹄疫(ウイルス)を撲滅するには、効力が薄い消毒液より、ウイルスを瞬時に不活化する安心安全な乳酸菌の大量散布がベストだ。
知事は何をしているのか、一刻も早く飯山さんにお願いしなさい!!。

<乳酸菌でウイルスを不活化すれば、健康を取り戻すから、薬殺処分の必要もない~法律で決まってる~悪い法律だ>

飯山さんは去年、宮崎県日南市の市議の無礼に怒って、乳酸菌培養装置「グルンバ」の日南市への設置を断わっている。この時に導入していれば、乳酸菌の大量培養が出来るので、今回の口蹄疫騒動にも、安心して肥育に専念出来たであろうに、県のトップがトップだから、市議も市議で、飯山さんに上手く逃げられてしまった。

10キロでは駄目だ、もっと範囲を思い切って拡大しなさい。先程、TVで、副大臣がワクチンを接種しての薬殺に協力してくれと頼んでいた。これに対して川南町町長は補償金のはなし、チンケな条件闘争をしていた。

それより、ここで食止めないと、とんだ事になるぞ。海外からの「和牛」に乗っ取られるぞ!!。

一段落ついたら、安愚楽牧場の隠ぺい工作と、おかしな動きをしっかりと検証して、責任を取って貰わなければならない。その為にも民主党と公明党の連携はもってのほかだ。

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その64

 日本の医療の問題点をもう先生が整理して下さったので、ご紹介します。
学問道場の近代医学・医療掲示板よりの転載です。   貼り付け開始。

[1624]現代・日本の医療の問題点整理
投稿者:もう投稿日:2010/05/18(Tue) 23:05:19

 皆さんこんにちは、久しぶりに投稿させていただきます「もう」です。一桁台の過去ログでは時々投稿させていただいておりましたが、最近の皆さまの活発な論議に触発され、意見を述べて見たくなりました。

 「おじいさん」(失礼)先生をはじめ皆様現代・日本の医療の問題点を適確に把握しておられて素晴らしいと思いました。私も自分なりに医療の問題点を思慮しているつもりでしたが、多くの方の意見を拝見することは視点を広げる意味でも大変勉強になります。

 今回は医師として医療を行なう立場で今まで自分なりに考えてきた西洋医学・日本の医療の問題点を整理して述べて見たいと思います。

 まず現代西洋医学の現状(問題点を含む)として
1) 急性疾患は治るが慢性疾患は治らない。

★創価学会:安愚楽牧場が口蹄疫感染を隠蔽 追記

「だいだいこんの日常に溢れる陰謀~もう騙されない~」さんが追記を書かれたので、転載します。貼り付け開始。

http://dororon.blog.shinobi.jp/Entry/988/より本文も転載させていただきます(19日2時追記)。

(旬刊宮崎)テキスト起こし ここから。

重大犯罪だ!口蹄疫感染1ヶ月も隠ぺい
 4月初旬100頭以上が感染牛
  データ改ざんで証拠隠滅
   発覚前県外に5頭出荷 安愚楽牧場


 安愚楽牧場は、一九八一年の設立。全国で約二十五の牧場を経営する。畜産事業を中心に、食肉加工品の製造・販売、食肉加工品の直売店の運営を行っている。

 宮崎県では一九九三年に宮崎支店(高鍋町大字上江六五七三-二)を設置。九七年には、児湯牧場(西都市と川南町に合計十三牧場)と野尻湖牧場を開設した。

 四月二十日、都農町の繁殖牛農家で口蹄疫に感染した疑いのある牛三頭が見つかった。宮崎県では二〇〇〇年以来、十年ぶりの発症。ところが、この約二週間前、既に感染の疑いのある牛が発見されていた。

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その63

リー先生が「下田治美・著「精神科医はいらない」(初版、平成13年20日)」のポイント部分を抜粋してくれましたので、貼り付けします。  貼り付け開始。

2010年05月15日
☆ 「うつ病」に関し愛読から
下田治美・著「精神科医はいらない」(初版、平成13年20日)から抜粋します。

・医師は「私の処方」をあいかわらず処方してよこすのである。標準治療を無視して、医師が自分の勝手な思い込みで薬剤を処方する。

★創価学会:安愚楽牧場が口蹄疫感染を隠蔽

「旬刊宮崎」あぐら牧場の口蹄疫感染から1ヶ月間の隠蔽を報道!!!
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/018/157/89/N000/000/000/127409682595716417905.jpg

旬刊宮崎 2010年5月15日付 一面
重大犯罪だ! 口蹄疫感染1ヶ月も隠蔽
安愚楽牧場~4月初旬100頭以上が感染牛~
データ改ざんで証拠隠滅
発覚前県外に5頭出荷

2面
感染拡大の張本人
家畜伝染病予防法 複数の違反行為
発症事実 報告しない 感染牛 勝手に移動
えびの市まで飛び火


貼り付け終り。
このビッグニュースは「だいだいこんの日常に溢れる陰謀~もう騙されない~」さんのブログから転載しました。

★農林水産省・遺伝子組換え承認に先立ってのアリバイ作り

農林水産省が「遺伝子組換えダイズ、トウモロコシ及びパパイヤの第一種使用等に関する承認に先立っての意見・情報の募集について」という結論が決まってる案件のアリバイ工作をしています。締め切りは明日だそうで~す。
 口蹄疫撲滅の方もこれくらい、パッパッと、手際よく、処理して貰いたいもんだ。



本日(5月18日)配信の国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」のメルマガを転載します。
貼り付け開始。

<今日は戦争に導かれるために設定された5月18日、憲法改悪記念日>
http://www.youtube.com/watch?v=OPsis4CqZCw   原子爆弾

<米国が日本を戦争に導けるようにする憲法改悪記念日> 本日2010年5月18日は米国が日本を日中戦争に導くために設定した憲法改悪記念日である。

★紺碧の空を返せ!

 今朝の上空は一面のベールで覆われている。昨日、散布したケムがそのまま残っている。こうして、自然環境がおかしくいじられているが、今年も「カッコウ」が渡って来て、爽やかに鳴き出しました。初鳴きが16日で、過去9年間の記録の範囲内。例年並です。

 昨日の記事で、免疫力をUPするために、発酵食品の摂取と体温を高く保つに、次のも+して下さい。三石さんの分子栄養学では『ウイルスと聞けばインターフェロン』と連想しなさいと教えられています。インターフェロンはタンパク質とビタミンCから出来ているので、それらの摂取が大事という事になります。以上でOKです。


おにげし(栽培可品種)

高さ50~60センチ、力強く咲く「おにげし」、(栽培しても良い品種と、駐在所のお巡りさんに確認済み)

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その62

「精神科医はいらない」という本をリー先生が紹介しています。
学問道場の近代医学・医療掲示板より、転載します。   貼り付け開始。

[1620]こんな本もあります 李漢栄

下田治美・著「精神科医はいらない」角川書店(初版 平成13年12月)
本の中から、一文だけ紹介します。
「精神科には、なぜ無能な医者がはびこるのか」 p.200


貼り付け終り。

★手足口病も乳酸菌で治せ!!

手足口病もウイルスの悪さです。重体化する前に治しましょう。特効薬は乳酸菌です。乳酸菌はウイルスの種類、型を選びません。万能ワクチンと同じ働きをします。
市販されている乳酸菌飲料をスプレー容器にいれて、患部にスプレーしましょう。乳酸菌飲料でうがいをしましょう。塗布しましょう。

乳酸菌:ヤクルト、ラブレ、EM菌・・・と沢山出ています。

タマちゃんに騙されたと思って、試して下さい。

★青空を返せ!!

ケム

北関東、抜けるような青空が眩しかったが、10時過ぎにはケムトレイルが始まる。何の目的と権利があって、青空に粉?を散布しているのか、非常に不愉快な行為で、腹立たしい。

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その61

根治的前立腺全摘術を放棄した、リー先生は無治療様子見を勧めています。今日もリー先生の『異端医師の独り言』より、転載します。 貼り付け開始。

2009年06月19日
☆☆★★ 僕が経過をみている高PSA血症者

 最も長く経過を診ているのは、元・(財)鉄道総合研究所・所長・尾関雅則さん(84歳)。彼は 1997年 3月、12年前に北里研究所病院、僕の外来を訪れた、検診で「PSA= 41ng/ml」を指摘されて。普通、PSAが 4.0以上だと、前立腺生検に誘われる。PSAが 41なら間違いなく癌。

★政府は口蹄疫撲滅に国民の英知(乳酸菌)を使え!!

1、ウィルス・パンデミックには,乳酸菌の散布や服用が有効である。
乳酸菌が出す強酸によって、ウイルスの弱くて薄い膜は破壊され、瞬時に不活化(死ぬ)する。この働きはウイルスの種類・型は問わないので、万能ワクチンと同じ働きをします。安心安全な常在菌の一種の乳酸菌です。

散布には大量の乳酸菌が必要です。一日に数十トン単位の乳酸菌を培養製造出来る装置とノウハウを持っているのは、世界中で『飯山一郎』さんしかいません。政府・行政は大至急、飯山さんを招聘して、協力を仰ぐべきだ。
幸いな事に九州には乳酸菌培養プラントが多数稼働しているので、やるきなら直ぐに出来る。

2、茶葉センダン(樹木)の葉,枝,樹皮にも強力な抗ウイルス作用がある~ウイルスのスパイク(トゲ)の働きを封印して不活化する。

そう、去年の豚インフルエンザ・ウイルス騒ぎの時にクローズアップされた特効薬群です。これらは口蹄疫ウイルスにも有効です。人間にも、豚にも、鳥にも、牛にも、ウイルスを瞬時に不活化(殺す)します。


国民の英知と云えば、これも素晴らしいものです。
阪大荒田名誉教授の「常温固体核融合」の実現のために、予算をお願いします。

これが完成すれば、危険きわまりない原子力発電所、高圧送電線も、燃料用の原油もいらなくなります。地球と人類にやさしい大発明です。日本人の英知の結晶に新政府は手を差し伸べてください。

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その60

肺がん、乳がん、大腸がん、子宮がん検診については、すでに欧米でいくつもの RCTが行われ、有用性が否定されている。 と云うリー先生の『異端医師の独り言』より、転載します。

2009年04月07日10:09
☆☆☆「図説 国民衛生の動向」芸術的な情報操作
「図説 国民衛生の動向」を購読してみた。約 120ページからなる小冊子で「本編"国民衛生の動向"を学識経験者の援助を得て、より理解しやすいものとして創刊された」とある。本編は、人口動態、死亡統計、栄養動向など様々な公衆衛生に関するデータをまとめた資料集である(厚生省刊行)。

 様々な情報操作が織り込まれている。12頁[無作為対照化試験(以下RCT)の考え方]の項では、「RCTは一種の人体実験であるので、その結果が医学・公衆衛生学の進歩に貢献する質の高い研究でなければ行うべきでない」と記されている。はて、欧米ではどんな医療行為に対しても RCTを実施し、RCTで得られた結果を遵守することが証明医療と定義されている。日本では、RCTを行うと都合が悪いのか?

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その59

 栃木県大田原市の市立金丸小学校で13日、6年生女子を対象にした子宮頸(けい)がん予防ワクチンの集団接種が始まった。その日の18時のNHKニュースでは女子アナが100%予防出来ると口走っていた。

 日本人の子宮頸がんの原因HPVは 52と58型が主流だ。それなのに違う型のHPV16と18用のワクチンを打って、どうして、100%の予防が出来るのか?。

 危険極まりないワクチン。将来に禍根を残すワクチンより、コンドームを使えばすむ問題を・・・・。

 さて、本日もリー先生のブログ『異端医師の独り言』より、転載、貼り付けます。  

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その58

効果が無い前立腺癌の手術を受けた天皇陛下。バカ東大付属病院はリー先生のブログを読みなさい。ということで、本日も『異端医師の独り言』より、転載します。  貼り付け開始。

2009年05月18日
☆☆☆恥の上塗り神経芽細胞腫検診 根拠のない前立腺癌検診
Substitute "Prostate cancer" for "Neuroblastoma"?
J of Clinical Oncology 20:1154, 2002 の要約

 神経芽細胞腫は乳幼児に多い癌で、カテコールアミン(CA)という物質を分泌するのが特徴。1984年、京都の小児科医達が「乳幼児の尿(オシメ)で CAをスクリーニングし、この癌の早期発見率が増え、死亡率が減少した」と報告した。他施設の追試でこれらの結果は必ずしも再現されなかったが、神経芽細胞腫検診が全国に導入され今日に至る、血税を使って。

 欧米でも、神経芽細胞腫検診を望む声が高まった。しかし検診を導入する代わりに「検診が果たして有用か否か」を検証するため、大規模な臨床研究が行われた。カナダとドイツで、約 200万人(!)の児を対象とした無作為対照化試験(RCT)を行ったところ、検診群ではこの癌の発見率は激増したが、対照(非検診)群にくらべ死亡率は減少しなかった。

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その57

効果が無い前立腺癌の手術を受けた天皇陛下。バカ東大付属病院はリー先生のブログを読みなさい。ということで、本日も『異端医師の独り言』より、転載します。  貼り付け開始。

2009年08月12日 ="☆☆☆★★ さようなら、PSAスクリーニング">


 1996年ころから、欧州を中心に前立腺癌の手術(根治的前立腺全摘術)の有用性に疑問をはさむ論文を散見するようになったが、いずれも精度の劣る疫学調査だった。しかし、利益を甘受しえる集団から利益を放棄する意見に真理があると確信し、私は、1998年ころから前立腺癌の手術を放棄し、手術を前提とする前立腺生検も放棄した。

 以来、PSA値がいくつであれ全員、無治療で経過を観察してきました。ようやく、2002 年に早期前立腺癌に対する手術は、効果がないことが証明された(天皇が前立腺癌の手術を受けたのが2004年、バカ東大付属病院で)。当ブログ参照ください。

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その56

前立腺癌PSA検診は役に立たないという。リー先生の『異端医師の独り言』より、転載します。貼り付け開始。

2010年04月29日  ☆ PSAはお払い箱
前立腺癌早期診断のニューフェイス、尿中 annexin A3が登場

 2009年1月号の J. of Urology(アメリカ泌尿器科学会誌)に掲載された「尿中前立腺癌マーカー」(*1)という論文に対して編集室がかかる表題をかかげ、「PSAは、癌の存在よりも、前立腺の大きさを反映する…」とコメントした。

《僕のコメント:厚顔無恥というか、現金というか、前向きというか、これまでの「PSAカットオフ値、PSA velosity、遊離/総PSA値、PSAダブリング・タイム etc 騒ぎ、一体なんだったのでしょう。Good News is PSAの呪縛からの解放。Bad News is Annexin A3がさらに被害を拡大する可能性がある。》

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その55

向精神薬、抗うつ剤の『ブロザック』等を飲んだら地獄を見るよ。副島隆彦さんの学問道場・近代医学・医療掲示板より転載します。貼り付け開始。

[1619]はるかなるうつ病詐欺
投稿者:おじいさん  投稿日:2010/05/08(Sat) 09:42:48

 うつ病詐欺については、、奥が深いですよー。手が込んでますよ。。被害者の会みたいのはありますが、まだまだ盛り上がりに欠けています。

 それにしても、、掲示板でみたのですが、野中広務の爆弾発言により、有名評論家が、、内閣官房費からお金を、「徴収」していたとは、、もはや、この国は亡国ですな。。

 私は先日それぞれの、診療科にはキラーコンテンツがあると書きました。体の病気は、わかりやすいし、だましやすいし、いろんな薬が開発されやすいんですね。動物実験も脳と違って、異常値で評価できる。ある薬で、肝臓の数値がどの程度上がっただの、何だの。。

★ 口蹄疫が大流行~乳酸菌の大量散布で治せ

Wikipediaより、口蹄疫ウイルス(こうていえき-、学名:Picornaviridae Aphthovirus、英語: Foot-and-mouth disease virus、通称FMDV)口蹄疫の感染原因となるウイルス。非常に感染力が強く、牛,水牛,豚,めん羊,山羊など39種の偶蹄目および11種の齧歯類に感染し、また伝染力も非常に強いウイルスである。そのため生物兵器としての研究もなされている。~と言う事です。

 新型インフルエンザの流行時に、レポートした様に、ウイルスに対処するには『乳酸菌』の大量散布が一番効果が有って、安全確実に対処できます~どんなウイルスでも不活化=殺せる。

『乳酸菌』の大量散布と云えば、乳酸菌を短期間に大量培養できるのは飯山一郎さんの「グルンバ」しか有りません。
飯山さんの帰国が待たられます。


飯山さ~ん!!   ご出動 お願いします!!  出番ですよ~

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その54


PET検診の過信、CT検査の乱用をしかるリー先生。『異端医師の独り言』より、転載します。

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その53

日本に証明医療が定着しないわけを、リー先生が解説しておりますので、『異端医師の独り言』より、転載します。 貼り付け開始。

2009年07月23日 ☆★日本列島に証明医療が定着しないわけ

2005年、英国の超一流内科誌に「日本の証明医療」(Evidence-based medicine in Japan)という記事*が掲載された。何故、日本に証明医療が定着しないのかという内容で、

①日本の医師は、データより経験を重視する。
②医局構造、先輩医師への従属を挙げていた。

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その52

尿路結石による疼痛は鬼でも涙を流すそうです。この治療法も新旧様々で、リー先生による解説をど~ぞ!!。
『異端医師の独り言』より、転載します。 貼り付け開始。

2009年10月08日  ☆ 尿路結石

 尿路結石で問題となるのは 2つ。疼痛と再発。
疼痛のコントロールには水分を控え、必要に応じて痛みどめを飲む。水分を多く摂ると、疼痛が強くなり排石しにくくなる。

 藤沢市民病院をはじめ近隣の病院では、今だ、「水飲んでジャンプ」を指導し、最悪の場合は尿管内にステントという管を入れたりする(=排石を阻害する)。

 疼痛時に処方するのは、バカの一つ覚え「ボルタレン座薬」。念のため「座薬」はお尻の中に入れるお薬。医師 1~2年目と記憶しているが、座薬を正座して飲んじゃったご年配のご婦人がいた。

★ヒトツバナ

4ひとつ1
やっと、出会えました(無修正。加工なし~この色合いが好きで、フジのFinePix S3Proを使用)。

袈裟丸山を想定して、トレッキング・シューズを準備したが、天候を考えて、歩かなくも良いところを探し出し、6日に行ってきました。日光の明智平、ロープウエイ下車、歩いて3分。ヒトツバナ(アカギツツジ、アカヤシオ)が間もなく満開です。
2010年05月07日 | 写真 | トラックバック(0)件 |

★自殺者の70%が抗うつ剤を使用していた・・・

自殺者の7割が精神科受診 抗うつ剤副作用疑う声も河北新報から転載します。
貼り付け開始。

 自殺で亡くなった人の7割は精神科を受診し治療中だったことが、全国自死遺族連絡会(田中幸子世話人)の遺族への聞き取り調査で分かった。

 12年連続で自殺者が3万人を超える事態に、政府はうつの早期受診キャンペーンに乗り出している。予防効果を上げる治療の在り方などが問われそうだ。

★天気晴朗

ヒトツバナ(アカヤシオ)を求めて、今日(5月1日)も出かけました。ケムトレイルのない峠からの眺望が素晴らしい♪
ひとつ8 
2010年05月02日 | 写真 | トラックバック(0)件 |

★ひとつばな(アカヤシオ)が咲くと春が来る

ブ6


ひとつばな(アカヤシオ~一枝に一つの花が咲くので、こうに呼ばれています)に会いたくて出掛けてきました(4月30日)。
今年は天候不順で、例年より10日間くらい遅れています。これからが見ごろです。
2010年05月01日 | 写真 | トラックバック(0)件 |
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の七十代♂、サバイバル中心です♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々
検索フォーム
リンク
飯山です