人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★分子栄養学(三石理論): 腸管の構造と機能

www.megv.co.jp/メグビーさんちから転載しますm(_ _)m、 貼り付け開始

腸管の構造と特徴

A 腸壁の基本構造

★分子栄養学(三石理論): アレルギーの発症と制御

www.megv.co.jp/メグビーさんちから転載しますm(_ _)m、 貼り付け開始
アレルギー反応の基本
A アレルギー炎症
気管支ゼンソク、鼻炎、皮膚炎、食物アレルギーなどのアレルギー性疾患は、世界規模で増加しているといわれます。

★分子栄養学(三石理論): 免疫老化と免疫強化

www.megv.co.jp/メグビーさんちから転載しますm(_ _)m、 貼り付け開始
新しい免疫の見方
A 自然免疫と獲得免疫
従来、先天的といわれてきた自然免疫は、原始的な動物細胞ゆずりのシステムで非特異な反応であり、脊椎動物の進化の途上で新しく生まれた防御システムを獲得免疫といって、別々に論じられていましたが、21 世紀になってその常識が変わってきました。

★分子栄養学(三石理論): 複雑な発ガンのメカニズム

www.megv.co.jp/メグビーさんちから転載しますm(_ _)m、 貼り付け開始
ゲノムとガン
A 遺伝子・DNA・ゲノム
生物が個体として生存するために必要な遺伝情報のセットをゲノム(genome)といいます。

★分子栄養学(三石理論): 腫瘍と代謝

www.megv.co.jp/メグビーさんちから転載しますm(_ _)m、 貼り付け開始
腫瘍生物学
A 良性腫瘍・悪性腫瘍
分裂し増殖することは、細胞のもつ基本的な性質ですが、多細胞が集まって組織・器官をつくっている生体では、それぞれが決められた場所で、互いに連携して増殖を制御して秩序を保ち、必要に応じて適切な構造を維持しています。

★分子栄養学(三石理論): 骨代謝研究の進歩

www.megv.co.jp/メグビーさんちから転載しますm(_ _)m、 貼り付け開始
生まれかわっている骨
A 骨の代謝回転
人体には200 個以上のさまざまな大きさと形をもつ骨があります。

★分子栄養学(三石理論): 食物の消化・吸収と代謝

www.megv.co.jp/メグビーさんちから転載しますm(_ _)m、 貼り付け開始
消化・吸収のシステム
付属消化器官
摂取した食物が体内に吸収されるためには、消化管の管腔内で消化と、それに連動する吸収という生理現象が必要です。

★分子栄養学(三石理論): 肝臓は特殊な臓器

www.megv.co.jp/メグビーさんちから転載しますm(_ _)m、貼り付け開始
栄養代謝の中心
A 休まずはたらく最大の臓器
肝臓は、成人では体重の約50分の1の重さで通常1200〜1500グラムという大きな臓器で、栄養素の代謝や解毒・分解作用、胆汁の分泌、尿素の生成、ヘモグロビンの処理のほか、血液の貯蔵庫になっていて循環する血液量の調節にも役立っているなど、多彩なはたらきをしています。

★分子栄養学(三石理論): 体内環境を管理する

www.megv.co.jp/メグビーさんちから転載しますm(_ _)m、貼り付け開始

尿の生理学

A 肝と腎は排出器官

生命活動の基盤である代謝という化学反応によって、体内には絶えず分解物や不用物が生じており、細胞から出されています。それが細胞外液に混入し成分を変化させることになります。

★分子栄養学(三石理論):心臓という驚異の器官

心筋の役割

A 光と色

アメーバやセンチュウやクラゲなどは、動物であっても心臓とみなせる臓器はもっていません。

★分子栄養学(三石理論): 見る感覚

視覚の基礎
A 光と色
 太陽から送られている光は、いろいろのものに当たって吸収されたり反射されたりし、眼という器官にはいってきます。

★分子栄養学(三石理論): 耳の科学

音と耳
A 音と聴覚
 音は、空気や水中などの媒質のなかに振動の波をつくり出すことで生じます。

★分子栄養学(三石理論): 新しい血管病研究

血液研究の流れ

A 血管生物学

 紀元前のギリシアでは“ヒトの霊魂は血液に宿って全身へ流れる”と考えられていました。14世紀に至るまで、“血管は血液とともに霊魂を運ぶ管”だったのです。

★分子栄養学(三石理論): 血液の生理学

複雑な血液の世界
A 休みなく循環する血液
 古代の人びとも、怪我などで体内から出てゆく赤い液体が生命にとって重要なものであることを知っていたにちがいありません。しかしその赤い液体は体内の どこにあるのか、なぜ赤いのか、大量に失われると死ぬのはなぜかなど、その液体についての情報を人類が手に入れたのは17世紀以降のことでした。

★分子栄養学(三石理論): 背骨のつくりと機能

背骨のデザイン
A ヒトは脊椎動物
 魚類や鳥類をはじめ、カエルやワニなどいろいろの動物が、“脊椎動物”のなかまで、ヒトなどの哺乳動物もこれに属しています。

★分子栄養学(三石理論): 食品脂質と生体脂質

脂質栄養のポイント

A 日本人の脂質摂取状況
 日本人の脂質摂取量は、先進諸国に比べると低いのですが、しばしば摂り過ぎという意見がきかれます。

★分子栄養学(三石理論): タンパク質・ペプチド・アミノ酸

05日07時41分頃地震がありました。www.jma.go.jp/jp/quake/20160205074529395-050741.html
震源地は神奈川県東部(北緯35.6度、東経139.5度)で、震源の深さは約30km・・・

★分子栄養学(三石理論): 内分泌システムの機能

ホルモンの分泌
A ホルモンは情報分子
 多細胞で構成されるからだの内部環境の保持には細胞間の情報伝達が欠かせません。情報分子としてのホルモンは、内分泌システムによって遠くはなれた細胞にもはたらきかけて、その活動を調節しています。

★分子栄養学(三石理論): 体温のホメオスタシス

体温と調節のしくみ
A 恒温動物と変温動物

 ヒトなどの哺乳類や鳥類は、外界の温度が変化しても体内温度を一定の範囲に保っています。こういう動物は恒温動物または内温動物とよばれています。これに対してヘビ・トカゲなどの爬虫類は、環境の温度変化とともに体温が変わる変温動物(外温動物)です。

★分子栄養学(三石理論): 骨の生理と疾患

脊椎動物のからだ

A 背骨のある動物
 身近な動物たちの多くは背骨をもっています。

★分子栄養学(三石理論): 免疫システムと病気

感染症
A 免疫の役割

 からだは、自分自身を構成する正常な組織にとって異質なものを見わけて、それを排除しようとするはたらきを備えています。

★分子栄養学(三石理論):老化の生物学

生物と老化
A ヒトと加齢と老化

 加齢によってからだにはさまざまな変化が生じてきます。細胞のレベルでも臓器や個体のレベルにもおこり、長い時間経過のなかで、その変化が機能の低下へむかってゆくことが自然な生物現象として認識されています。

★分子栄養学(三石理論):病気の生物学

病気の生物学

病気と健康の関係

A 病気と健康の間
 「病気」は日常生活のなかで共通の理解によって使用されていることばであり、通常その意味を問うことはありません。

★分子栄養学(三石理論):からだのはたらきと代謝

生きる営み

A 生物の属性
 生物も無生物もともに元素の集まりとして成りたっています。いろいろの元素の原子が組みあわさって分子となり、分子の結合によってつくられる化合物が構成材料であるという点は共通ですが、属性をくらべると決定的なちがいがあることは、経験的に認識できます。

★分子栄養学(三石理論): ゲノムと生命システム

DNA・遺伝子・ゲノム

A 受精と遺伝情報
 遺伝という生物現象は、父親の精子と母親の卵の合体でスタートします。生殖細胞は減数分裂(1度のDNA増殖に際して細胞分裂が2回おこる)のしくみによって、ゲノムは1セットしかもっていません。

★分子栄養学(三石理論):生物としての細菌

A 細菌が変えた地球環境
 地球上の生物は、原核生物と真核生物に大別されています。真核生物には動植物のほか菌類(カビやキノコのなかま)や原生生物(アメーバのような単細胞生物)が属しています。原核生物は、真核生物以外の細菌や古細菌をまとめた呼び方です。

★分子栄養学(三石理論):ヒトに感染するウイルス

ウイルスという病原体

A ウイルス感染の経路
 “毒”の意味をもつラテン語を語源とするウイルス(Virus)は、細菌と並ぶ病原体として認識されています。
 ウイルスは、核酸とタンパク質でできた20~300nmほどの大きさの粒子で、宿主となる生きた細胞にもぐりこみ、自分の核酸を複製させ、タンパク質を合成して増殖します。

★分子栄養学(三石理論): 新しい免疫の見方

免疫研究の新展開
 細菌・ウイルスをはじめとする体内へ侵入した異物を非自己と認識して、それを排除しようとする防御反応が免疫とよばれる生体現象です。

★分子栄養学(三石理論): 病態栄養学

栄養学の変遷
 栄養素の発見・研究の歴史には、それぞれの時代に人びとの生存を危うくしていた病気へのとりくみが刻まれています。

★分子栄養学(三石理論): わかってきたリン(P)の生化学

体液の電解質組成
 体液の量や分布、浸透圧、pHの調節は電解質のはたらきによって維持されています。

★分子栄養学(三石理論): 老化の“なぜ”を追って

3 つの“M”
 年齢を重ねた個体には、しばしば生理的老化と病的老化が重なっており、多くの複雑な症状があらわれることが少なくありません。

★分子栄養学(三石理論):骨格筋の機能と代謝

最大の臓器
 骨と骨とを連結し、収縮によって骨格に動きを生じさせる骨格筋は、ヒト(男性の場合)では体重の約40%を占めており、生体内最大の臓器といわれています。

★分子栄養学(三石理論):体液循環のシステム

体液と内部環境
 60兆個といわれる人体の細胞を養うために血液とリンパ液が休みなく循環しています。

★分子栄養学(三石理論):アレルギー疾患の新しい見方

アレルギーにかかわる細胞
 アレルギー反応の引き金役として、免疫グロブリンのなかまであるIgEが認知され、その標的となる細胞がマスト細胞(肥満細胞)です。IgEがマスト細胞上のIgE受容体に結合し、さらにアレルゲンの結合によって受容体が架橋されることが反応の発端になります。

★分子栄養学(三石理論):脳システムにおこる変化

認知症とは?
 認知症はひとつの病気をいうのではなく、脳という情報処理システムが担っている認知機能が、成人期になってから障害され、記憶や理解や見当識などの低下により、生活機能が失われてゆく病態を指しています。

★分子栄養学(三石理論):脳の特性─認知と記憶

生物の情報処理
 生物の歴史をさかのぼると、細菌や酵母のような単細胞生物から長い年月を経て多細胞生物へと進化してきました。

★分子栄養学(三石理論):異常タンパクと生体

タンパク質の形づくり
 タンパク質は、20種類のアミノ酸が鎖のようにペプチド結合でつながった分子(ポリペプチド)で、そのアミノ酸の並び方によって固有の形(立体構造)をとることで、さまざまな機能をもつようになります。

★分子栄養学(三石理論): タンパク質の糖化(非酵素的)

糖化とAGE
 生体を構成するタンパク質は、絶えず分解と合成を繰り返しながら、一定範囲の平衡を保っていることが知られています。

★分子栄養学(三石理論): 脳の活動とダメージ

脳の特徴・構造と機能
 脳は、天文学的な数の細胞の間で生じる相互作用によって、いろいろな機能を生み出しています。

★分子栄養学(三石理論): 脳機能とグリア細胞

ニューロンとグリア細胞
 天才とよばれる人びとの脳には、なにか特別の秘密がかくれているのではないかと考えた研究者によって、アインシュタインの脳が無断で遺体からとり出されたという話は有名です。

★分子栄養学(三石理論): 慢性炎症と生体

炎症という生体反応
 病原微生物の感染や外傷や化学物質などが組織を損傷して、赤く腫れて痛むといった症状をひきおこす“急性炎症”は、生体の防御反応であり、ほとんどは一過性で、一定の経過をたどって元通りに修復されます。

★分子栄養学(三石理論): 痛覚のメカニズム

痛みを感じる
 生体の維持には、環境の変化を感じとって適切に対応するしくみが欠かせません。

★分子栄養学(三石理論): フリーラジカルと活性酸素

元素と原子と電子
 古代ギリシアの哲学者は、自然界を成りたたせている基本は、アトム(原子)であると考えていましたが、その実体がつきとめられたのは、20世紀の量子力学に到達してからでした。

★分子栄養学(三石理論): わかってきたガン細胞の特性

複雑な細胞ガン化
 ガンという疾患に関心をもつ人は多く、遺伝子変異の蓄積によりつくられるという知識は、いまや常識になっています。

★分子栄養学(三石理論): 調節・制御のしくみ

調節は生体の特性
 システムとは、多くの要素が互いに連係してはたらくようにまとめられた組み合わせであるという定義からみて、人体はまさしくシステムといえるでしょう。

★分子栄養学(三石理論): 無機栄養素の特性

無機栄養素の特性

人体とミネラル

 人体を構成している元素の約97%は、酸素、炭素、水素、窒素が占めています。
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の七十代♂、サバイバル中心です♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々
検索フォーム
リンク
飯山です