人生は死ぬまでの暇つぶし  自然にその日を迎えるまで、サバイバル(健康・経済・社会情勢・天変地異・・・)  真実、真相、本質、一を知りたい

★分子栄養学(三石理論)と発ガン・フリーラジカル説提唱者

 1962年新設の国立がんセンター研究所で、生物物理部長として発ガンのメカニズムを研究。発ガン物質が生体内でフリーラジカル・活性酸素を生成することを発見し、発ガンにおけるフリーラジカル説を提唱した永田 親義さんのお話から見えてくる分子栄養学(三石理論)の確かさを感じ取って、サバイバルにお役立てください!

★分子栄養学(三石理論): アミノ酸の機能もいろいろ!?

アミノ酸はタンパク質を構成するだけのものと思っていらっしゃる方は意外に少なくないようです。しかし、タンパク質合成には関わらずにアミノ酸単体ではたらくものもあるのです。今回はその中から「オルニチン」というアミノ酸をご紹介します。

★分子栄養学(三石理論): 薬の効き目にも個体差があるからご用心!?

{分子栄養学コラム編}
薬の効き目にも個体差があるからご用心!?
朝日新聞2008年1月14日に「高速バス運転手失神 乗客が縁石にぶつけ停車」という見出しの記事がありました。ご存知の方も多いと思いますので、記事内容の詳細は省略しますが、運転手の異常にいち早く気がついた乗客のおかげで大惨事には至らなかったことは幸いでした。一見すれば健康管理と無縁に思えるこの記事ですが、改めてよく読んでみると私たちが薬の使用を考える際に参考となる内容が多く含まれていることに気が付きました。

★分子栄養学(三石理論): 現代人は眠れない

{分子栄養学コラム編}
現代人は眠れない
2007年にフランス政府は、職場での昼寝の奨励や睡眠に関する研究を盛り込んだ「安眠アクションプラン」“国民よ、もっと眠れ”を発表しました。というのも、国民の3分の1が寝不足で、睡眠不足による関連疾患や交通事故の危険性があると警告されたからなのです。日本でも同じような問題を抱えているといえるでしょう。

★分子栄養学(三石理論): 食品添加物

{分子栄養学コラム編}
食品添加物
私たちの食を取り巻く環境もめまぐるしく変化を続けながら、調理済み食品の普及を始め、内容や形態も年々多様化しています。何かと忙しさに追われることの多い現代人の利便性向上と少しでも安く購入をと願う消費者のニーズに応えるために急速に普及してきたのが食品添加物です。

★分子栄養学(三石理論): 酸素入りの水が人気

{分子栄養学コラム編}
酸素入りの水が人気、でも「飲む」とどうなるの?
朝日新聞2006年8月2日号より

『通常の数倍~数十倍の濃度という酸素ガスをミネラルウオーターなどに溶かした「酸素入りの水」が最近、コンビニエンスストアなどで人気だ。今年の市場規模は昨年の3倍以上との推定もある。だが「飲む酸素」の「効き目」は、科学的にはよくわかっていない。

★分子栄養学(三石理論): 食べても太りにくい油って

{分子栄養学コラム編}
食べても太りにくい油って・・・?
年齢も50歳を過ぎると、日常の会話の中でも自分の健康に関する話題が増えてくるといわれます。中性脂肪値、コレステロール値などがちょうど気になりはじめる年代だからでしょうか。

ところで、こうした方たちをターゲットに「からだに脂肪がつきにくい」、「中性脂肪値が上昇しにくい」などの特徴をもった機能性植物油というものが市販されています。

★分子栄養学(三石理論):  同じ砂糖だけれども・・・?

{分子栄養学コラム編}
同じ砂糖だけれども・・・?
シロップや梅酒をつくるときに欠かせない“砂糖”ですが、なぜ上白糖ではなく氷砂糖をつかうのでしょうか?そこで今回は梅と砂糖の関係を科学的視点で考えてみることにしましょう。

★分子栄養学(三石理論): 朝ご飯給食

朝ご飯給食
食べずに登校、学校が現実策(H18.6.13 朝日新聞より一部抜粋)
『朝ご飯を食べない子どもが増える中で、学校で「朝食」を出す動きが出始めている。

★分子栄養学(三石理論): アスベストから身を守るには?

{分子栄養学コラム編:アスベスト}
アスベストから身を守るには?
中皮腫や肺ガンを高頻度で発症させる危険因子として知られ、「静かな時限爆弾」との異名をとるアスベスト。自動車のブレーキパッドやドライヤーやタバコのフィルターなど、広い用途で使用されていた経緯があります。私には関係ないと思っていてもそうはいかないかもしれません。

もし発症してしまったら・・・という心配はつきまといますが、希望となる話題を1つご紹介します。

★分子栄養学(三石理論): 生活習慣病「胎児期に起因」

{分子栄養学コラム編}
生活習慣病「胎児期に起因」
栄養取らない妊婦にリスク!?(H18.3.8 日本経済新聞より一部抜粋)

糖尿病や高血圧など、生活習慣病にかかるリスクの高さは母親のお腹の中できまっている、という説がある。「成人病胎児期発症説」だ。東大大学院の福岡秀興教授は「日本では『ちいさく産んで大きく育てる』を良しとする考え方もありますが、母体内できちんと栄養を与えてあげないと子どもの体質に影響する」と話す。

★分子栄養学(三石理論):  賢い眠り方って?

{分子栄養学コラム編}
賢い眠り方って?
私たちにとって非常に重要な営みの1である「睡眠」。けれども、寝つきが悪かったり、朝なかなか布団から出られなかったり、昼間に眠気が襲ってきたり、といった悩みを抱えている人は意外に多いものです。

★分子栄養学(三石理論): ビタミンC不足

{分子栄養学コラム編:ビタミンC不足}
ビタミンC不足 → 老化進みます
ビタミンCが不足すると老化が進みやすくなることを、東京都老人総合研究所の石神昭人・主任研究員と東京医科歯科大大学医院の下門顕太郎教授らの研究グループがマウスの実験で明らかにした。人の老化のメカニズムの解明につながることが期待できるという。米科学アカデミー紀要(電子版)で4日に発表する。

★分子栄養学(三石理論): 大豆イソフラボン

{分子栄養学コラム編}
大豆イソフラボン、妊婦さん取り過ぎ注意
『取り過ぎに注意して!。骨粗鬆症(こつそしょうしょう)やがんの予防効果があるなどとして人気のある食品成分「大豆イソフラボン」について、食品安全委員会の専門調査会は、過剰摂取に注意を促す報告書案をまとめた。ホルモンのバランスを崩す恐れがあるとして通常の食生活に加え特定保健用食品などで1日に追加的にとる安全な上限量を30ミリグラムとした。特に、妊婦や乳幼児に対しては「追加摂取は推奨できない」としている。(以下省略)』

★分子栄養学(三石理論): 分子栄養学ってなに!?

分子栄養学の事を知るのに、メグビーの「にゅーすあ・ら・か・る・と」No.262、2011年2月、笹木社長さんの巻頭記事が分かり易いので転載します。貼り付け開始。

渡部昇一氏と三石巌

メグビーのホームページ「医学常識はウソだらけ」に推薦文を書いてくださっている渡部昇一氏の「知的余生の方法」が新潮新書から11月に出版されました。そのなかに、[物理学から進んで分子栄養学を老年になってから樹立した三石先生のような方もおられる。老齢になっても続けうる分野の勉強のもとは「壮」のうちにできるのである。]と書いていただいています。

★分子栄養学(三石理論): 賢いダイエットって?

{分子栄養学コラム編:ダイエット}
賢いダイエットって?
“たくさん食べても太りたくない”と思っていらっしゃる方は多いのではないでしょうか?

健康情報を扱うテレビ番組でもダイエットはくりかえし取り上げられるテーマのひとつとなっており、年齢を問わず自分の体型を楽して何とか変えたいと思っている人たちの関心を集めているようです。

★分子栄養学(三石理論): ビール腹

{分子栄養学コラム編:ビール腹というけれど・・・}
ビール腹というけれど・・・
生活習慣病の予防はまずお腹から、という考えが一般にはかなり浸透するようになったのは「メタボ」という語の流行がきっかけでした。お腹の形にもリンゴ型、洋梨型など分類もさまざまありますが、今回の話の主役はビールをよく飲む人に多いといわれる「ビール腹」です。すっかり悪者になってしまった感のある「ぽっこりお腹」の原因の1つといわれるビールに、お腹を張り出させる効果は本当にあるのかを今回考えてみたいと思います。
プロフィール

タマいち

Author:タマいち

こんにちは ♪
漢方と生薬の匂いが大好き ♪
花の七十代♂、サバイバル中心です♪

サバイバルに必要な情報の収納庫!
転載はご自由に ご勝手にどうぞ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

熊本!365歩の街(マーチ)!!

独りファシズム Ver.0.3

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

アギタの神が住む鎮守の森

やっぱり、毎日がけっぷち

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

石橋を叩いて割れ!

さんたブロ~グ

マトリックス脱出

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい

シドニーおちんのこれが今の精いっぱい2

何てことはない日々
検索フォーム
リンク
飯山です